出血熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

出血熱(しゅっけつねつ)とは、様々なウイルス感染の結果として起こる多様な症候群であるが、たいてい高熱、白血球減少、精神状態の変調、易出血性をきたし、死に至ることも多い。

以下の疾患が知られており、ウイルス性出血熱とも呼ばれる最初の4種(エボラ出血熱、マールブルグ熱、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱)は日本における1種感染症である。これらは特に重篤な症状を来たすことから、まとめて4大出血熱と呼ばれることもある。その中で、致死性の面からも、感染力の面からも、最強のウイルスはエボラウイルスである。

ウイルス性出血熱と出血熱との違いは、1.感染症法の1類感染症に指定されており、2.疫学的に人から人へ感染する経路が成立、3.クリミアコンゴ出血熱は例外だが、基本的にアフリカのサハラ砂漠以南に存在するという違いがある。