吐血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
吐血
分類及び外部参照情報
ICD-10 K92.0
ICD-9 578.0
DiseasesDB 30745
eMedicine med/3565
MeSH C23.550.414.788.400
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

吐血(とけつ)とは、消化器が疾患や損傷によって出血し、からを吐く事。多量の出血の場合は、緊急的に専門医の診察を受けるべきである。

概要[編集]

この症状は、消化器の疾患や損傷によって血を吐く訳だが、潰瘍などによって発生する少量の出血では、そのまま消化・吸収されてしまう事もあり、出血自体は気付かれない事が多い。多量の飲酒などによって嘔吐した際に、吐瀉物に混じって血が含まれるなどして、初めて気付かれる事もある。この場合は、出血から吐き出すまでに時間が掛かっているため、暗赤色(コーヒー滓の色)で、一般的に量は少ない。

一方、短時間に吐き出される鮮やかな赤い色をした吐血は、消化器損傷によって発生した物で、吐き出す血の量も多い。こちらは緊急的にも止血する必要がある。

原因や状態[編集]

量の少ない・色が暗赤色な物の原因の多くは、胃潰瘍十二指腸潰瘍など、消化器系統でも比較的口に近い部分の出血だが、これら潰瘍の原因には多分に精神的な物が関係してくるため、吐血によって受けたストレスにより、症状が悪化するケースも見られる。その一方で、妊婦悪阻による嘔吐にも時折、同様の症状が見られる事もある。

似たように口から血を吐く症状では、呼吸器系統から出血する喀血があるが、こちらは咳き込んだ際等に出血が見られるというもので、吐血とは全く異なる原因による物である。吐血の場合には、吐瀉物特有の臭気がある他、腹部に不快感や痛みを訴えるが、喀血の場合は吐いた血には酸味臭が無かったり、胸部が痛むなどの違いが見られ、対処法も異なる。詳しくは喀血の項を参照。

特に飲酒や傷んだ物を食べた場合による嘔吐によるものではなく、日常的な生活で突然に吐き気に襲われて吐血した場合は、重度の消化器疾患や損傷が疑われる。吐血の1割程度は、食道静脈瘤の破裂に伴う出血によって発生している。食道静脈瘤は、人間ドック等の定期診断によって発見される事も多い。

対処[編集]

嘔吐時に、吐瀉物に混じって若干の血が含まれる場合は、潰瘍によるものが多いため、気分を落ち着けさせて安静にして、早めの受診が望ましいとされるが、鮮血を吐く場合は、前出の食道静脈瘤破裂や重篤な消化器損傷が疑われるため、緊急に専門医の診察を受ける事が勧められる。窒息の虞があるため溜まった血を積極的に吐かせる喀血とは違って、吐血では積極的に血を吐かせたりはせず、吐き気が来たときに回復体位など楽な姿勢で吐かせる[1]。また消化器損傷による物であるため、医師の指示に従って絶食する必要がある場合も多く、いずれにしても専門医の診察を受けるべきである。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]