結膜炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
結膜炎
分類及び外部参照情報
Pink eye.jpg
ICD-10 H10
ICD-9 372.0
DiseasesDB 3067
MedlinePlus 001010
eMedicine emerg/110
Patient UK 結膜炎
MeSH D003231
プロジェクト:病気Portal:医学と医療
テンプレートを表示

結膜炎(けつまくえん)とは、結膜にできる炎症のことをいう。なお、慢性化した結膜炎を「慢性結膜炎」ということもある。

成因[編集]

感染症アレルギー等を原因として結膜に炎症を生じる。

分類[編集]

大きく分けると細菌性結膜炎・ウイルス性結膜炎・アレルギー性結膜炎に大別される。

細菌性結膜炎[編集]

様々な細菌によって結膜炎を生じる。原因となっている細菌に有効な抗生物質や抗菌剤の点眼液で、ウイルス性結膜炎に比べ、短期間に治癒しやすい。

ウイルス性結膜炎[編集]

様々なウイルスで結膜炎が発症するが、感染性が強いものとして以下の3つが有名である。

別名、はやり目である。アデノウイルス8型でおこる。
別名、プール熱である。アデノウイルス3型でおこる。
別名、アポロ病である。エンテロウイルス70によっておこる。

ウイルスに有効な点眼液が無い為、細菌性結膜炎より治癒に日数を要する場合が多い。免疫力の低下から、細菌による混合感染をおこす場合があるので、細菌性結膜炎と同様、抗生物質や抗菌剤の点眼液が用いられる。ウイルス性結膜炎の場合、リンパ節(耳の手前など)の腫脹が観察される事が多い。

点眼薬[編集]

現在、処方可能な点眼薬

  • クラビット点眼薬0.5%
(目の感染症を治癒する抗菌薬)
(炎症やアレルギー症状を抑える)
  • パタノール点眼薬0.1%
(かゆみを抑える) 
  • プロラノン点眼液0.1%
(目の炎症を抑える)

アレルギー性結膜炎[編集]

アレルギーを原因にする結膜炎のこと

  • アレルギー性結膜炎
  • 春季カタル
  • フリクテン

クラミジア[編集]

クラミジアの感染により生じる。