粘膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
粘膜
Illu stomach layers.jpg
Gray1033.png
拡大したヒト食道中央の横切開断面図。
a. 線維性被膜、en:Fibrous covering.
b. 縦走筋 層の分割線維、Divided fibers of en:longitudinal muscular coat.
c. 環状筋線維、en:Transverse muscular fibers.
d. en:Submucous or areolar layer.
e. 粘膜筋板en:Muscularis mucosae.
f. 粘膜, 導管とリンパ節の一部を持つ、Mucous membrane, with vessels and part of a en:lymphoid nodule.
g. 重層上皮層、en:Stratified epithelial lining.
h. 粘液腺en:Mucous gland.
i. 管、en:Gland duct.
m’. 横紋筋線維の横断、en:Striated muscular fibers cut across.
ラテン語 tunica mucosa
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)

粘膜(ねんまく、mucous membrane)は、上皮細胞に覆われた外胚葉由来の上皮層である。吸収と分泌に関わる。様々な体腔に配置し、外部環境や内部臓器に面している。鼻孔生殖器肛門などあちこちで肌と繋がる。粘膜や腺から分泌された濃い粘性の流体が粘液である。粘膜は体内に於いて見られた場所を指し、全ての粘膜が粘液を分泌する訳ではない。その表面がいつも粘液性の分泌物で濡れている柔性膜を称するときに限り、「粘膜」という呼称を用いるのである。位置的には中空性臓器の内腔表面に多い。粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜筋板より構成される。

大概の呼吸器系は粘膜が特徴的である体腔に含まれる。陰茎亀頭陰茎の頭部)、陰核亀頭陰茎包皮陰核包皮は粘膜であって、皮膚ではない。

構成[編集]

粘膜上皮
粘膜表層を守る役目の上皮。そのため機械的な刺激の強い部分(口腔食道肛門など)では「重層扁平上皮」で、逆に分泌や吸収の行われる部分(など)では「単層円柱上皮」で構成される。
粘膜固有層
膠原繊維が密に構成する結合組織の層。
粘膜筋板
粘膜固有層の下に位置する平滑筋の薄い層。粘膜固有層粘膜下層を分ける。

粘膜の種類[編集]

関連イメージ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]