陰核亀頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
陰核亀頭
Clitoris anatomy labeled-ja.jpg
ヒトの女性器の解剖図。陰核包皮小陰唇は線で表されている。
Vulva 01 Japanese.jpg
ラテン語 glans clitoridis
英語 Clitoral glans
器官 女性器

陰核亀頭(いんかくきとう)とは、女性外性器陰核(クリトリス)の一部で、その先端部の先が尖ったような形状をしている部分。

解説[編集]

陰核は左右の小陰唇が上部で癒合する所、即ち陰門の上角に位置し、男性陰茎と相同である。しかし陰茎との最大の相違点は、その大きさもさることながら、陰核亀頭には男性のように外尿道口が開口していない事である。女性の場合外尿道口は、陰核と膣口の中間あたりの前庭部に開口する。よって尿道の長さは、男性の方がほぼ陰茎の長さ分だけ長い。

その大きさは、年齢差、個体差、人種差があるが、ほぼ体格に比例するので、一般的には黄色人種より、黒人や白人女性の方が大きい。中には長さ、太さともに1 - 2cm に至る大きな陰核を持つ女性もいる。また、継続的な男性ホルモンの投与によって、親指大のマイクロペニス状になることもある。

陰核は恥骨に結合した左右の陰核脚によってしっかりと支えられ、普段は亀頭部も陰核包皮によって覆われている。しかし海綿体組織のため、陰茎同様一旦性的興奮による血液流入が起きると勃起し、太く、固くなる。同時に陰核包皮が剥けて、陰核亀頭が露出する。

陰核、特にその亀頭部は陰茎亀頭同様神経終末に富み、適度な摩擦刺激により性的な快感を引き起こす。女性の性感帯の中では最も鋭敏な部分と言われている。体積においては男性の陰茎亀頭の何十分の一しかない陰核亀頭は、陰部神経の密度では男性の10倍以上にもなる訳であるから、当然の事ではある。[要出典]

Clit.jpg

陰核亀頭は余りにも性的に鋭敏な部分であるが故に、西洋キリスト教社会(男性支配社会)では、その存在自体が反社会的とみなされ、特にアフリカ各地では“割礼”と称し、陰核の切除まで行ってきた歴史がある(女性器切除)。陰核の存在と、性生活におけるその効用が社会的に認知されだしたのは、女性の社会的地位の向上と軌を一にしている。その先駆的役割を果たした医学者が、20世紀初頭に『完全なる結婚』を著したテオドール・ファン・デ・フェルデである。アンドロゲン不応症患者の場合、通常より大きい。

関連項目[編集]