ガウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガウン(バスローブ

ガウン英語: gown)とは、洋服の一形式で、膝あるいは床に届くような丈の長い衣を指す[1]中世ラテン語の "gunna" (毛皮の服の意)に由来し、ゆったりとした外衣として中世ヨーロッパにおいて男女ともに着用された。また、ガウンはドレスとほぼ同義にも用いられ、ローブとも重複する概念である。

今日でもガウンは特定の儀礼等において着用される。例えば法服ではゆったりとしたガウンを着用し、また大学の儀礼で用いるアカデミックドレスでもガウンを用いる。また、女性用のイブニングドレスをイブニングガウン、ウェディングドレスをウエディングガウン、寝間着をナイトガウン等と呼ぶが、日本語では室内着・寝間着として着用する外衣(バスローブやドレッシングガウン)を単に「ガウン」と呼ぶ場合もある[2]

脚注[編集]

  1. ^ 田村芳子「ガウン」『日本大百科全書
  2. ^ 「ガウン」『日本国語大辞典』等