ニッカーボッカーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニッカーボッカーズ

ニッカーボッカーズ: Knickerbockers)はズボンの一種で、長さが膝下までですそが括られた短ズボン。野球ゴルフなどのスポーツウェアとして広まり、現在日本では土木・建設工事の作業服として多く見られる。ニッカボッカー)、ニッカポッカニッカズボンニッカー)とも呼ばれる。

名前の由来[編集]

ニッカーボッカーズの起源は、オランダからアメリカへの移民が着用していたブリーチズと呼ばれる短ズボンである。

1809年ワシントン・アーヴィングが『ニューヨークの歴史』というニューヨークに住むオランダ人移民者についての本を著した[1]。この時、アーヴィングはオランダ系の名前であるディートリヒ・ニッカーボッカー (Diedrich Knickerbocker) というペンネームを用いた。この本が人気を博してくると、次第にニューヨークのオランダ人移民とその子孫のことをニッカーボッカーと呼ぶようになり、さらに本の挿絵で彼らが穿いていた短ズボンがニッカーボッカーズという名前で呼ばれるようになった。現在でも英語でKnickerbockerというとオランダ人移民のことを指す。

用途[編集]

ニッカーボッカーズが広まった当初、すそが邪魔にならないとして野球・ゴルフ・乗馬自転車登山などのスポーツウェアとして多く用いられた。日本でもそれらの用途で広まったが、今では工事現場の作業着として用いられることが多い。また、一部の祭りに於いて、神輿等の担ぎ手が股引と同じ用途で着用する場合も多い。

参考文献[編集]

  1. ^ Washington Irving, A history of New York, (Reprint, edited by Michael L. Black and Nancy B. Black), Twayne Publishers, 1984. ISBN 0805785140

関連項目[編集]