ニューヨーク・ニックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニューヨーク・ニックス
原語表記 New York Knicks
チームカラー 青、オレンジ
チームロゴ バスケットボールの上にNEW YORK KNICKSのロゴ。
所属リーグ アメリカ合衆国の旗 NBA
地区 イースタン・カンファレンス
ディビジョン アトランティック・ディビジョン
創設 1946年(NBAの前身、BAAのチームとして)
チーム史 ニューヨーク・ニックス
(1946年-)
本拠 ニューヨーク
アリーナ マディソン・スクエア・ガーデン
代表者 フィル・ジャクソン
オーナー マディソン・スクエア・ガーデン
他首脳陣 スティーブ・ミルズ(GM)
ヘッドコーチ デレック・フィッシャー
優勝歴 2回(1970年, 1973年)
ファイナル進出 8回(1951年, 1952年, 1953年, 1970年, 1972年, 1973年, 1994年, 1999年)
地区優勝 9回(1953年, 1954年, 1970年, 1971年, 1989年, 1992年, 1993年, 1994年,2013年)
ユニフォーム
Kit body knicksh.png
Homeジャージ
Kit shorts knicksh.png
チームカラー
Home
Kit body knicksa.png
ジャージ
チームカラー

ユニフォーム

テンプレートを表示

ニューヨーク・ニックスNew York Knicks、またはNew York Knickerbockers)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークに本拠を置く全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム。イースタン・カンファレンス、アトランティック・ディビジョン所属。チーム名のknickとはニッカポッカのこと。ニューヨークはオランダ人が開拓した町であることからイメージして名付けられた。

ニックスは、ボストン・セルティックスゴールデンステート・ウォリアーズと共にNBAのオリジナルチームであり、なおかつ結成以来同じ都市を本拠地としている2つのチームのうちの1つである。世界的な都市であるニューヨークを本拠地にしているため、他のチームに比べても注目度は高くトップクラスの人気を誇る。またスパイク・リーなど著名人のファンも多い。1990年代は常に優勝を争っていたが、近年はチーム戦略に迷走が見え、低迷している。

歴史[編集]

初期[編集]

ニューヨーク・ニッカーボッカーズ、通称ニューヨーク・ニックスは、NBAの前身であるBAA(Basketball Association of America)のチームとして1946年に創設された。「ニッカーボッカー」とは植民地時代初期のオランダ移民が穿いていたズボンの一種で、のちにニューヨークを象徴する存在になった。19世紀には同名の「ニューヨーク・ニッカーボッカーズ」という野球チームがあった。

1949年のNBA創設を挟む時期のニックスは、中堅から強豪といった強さのチームで、1950年代初頭にはNBAファイナル(決勝)にも進んでいる。1950年代後半からは負け越しのシーズンも多くなり、1960年代前半には勝率が4割以下にまで落ち込むこともあった。

リード時代の優勝[編集]

ニックス史における最盛期の始まりとなったのは、1965年ウィリス・リードビル・ブラッドリーの獲得だった。このシーズンにはまだチームは勝ち越せなかったが、1967年ウォルト・フレイジャーをドラフトで指名、同じ年のシーズン中にレッド・ホルツマンをヘッドコーチに迎えて以降ニックスの成績は上向き始めた。同じ67年には、のちにヘッドコーチとして9度のNBAファイナル制覇(シカゴ・ブルズで6回、ロサンゼルス・レイカーズで3回)を果たすフィル・ジャクソンも選手としてニックスに加わっている。1968年にはデイブ・ディバッシャーがトレードでニックスに参加した。

1970年にニックスはリーグ最高の60勝22敗の成績でシーズンを終え、プレイオフではNBAファイナルまで進み、4勝3敗でロサンゼルス・レイカーズを下して初のNBAファイナル制覇を果たした。このシリーズ最終の第7戦で、負傷していたウィリス・リードが怪我をおしてマディソン・スクエア・ガーデンに入場したことはニックス史上最も有名な出来事の一つである。ニックスは1972年にもNBAファイナルに進出したがレイカーズに敗退。翌シーズンにはアール・モンローも加え再びファイナルに進み、レイカーズを破り2度目の優勝を成し遂げた。

低迷期[編集]

その後のニックスは次第に低迷していき、勝率が5割に届かずプレイオフ進出も果たせないシーズンが増えていった。1982年にトレードで獲得したバーナード・キングは得点王にもなる活躍を見せたが、チームはリーグの底辺から中堅程度の強さだった。

ユーイングの時代[編集]

1985年には24勝58敗と低迷し、この低い勝率のためにニックスは翌シーズンのドラフト1位指名権を得た。ニックスはそのドラフトでパトリック・ユーイングを指名、ユーイングはその後20世紀の終わりまでチームにとって最も重要な選手となった。

ユーイングを獲得したもののニックスの勝ち数はすぐには増えなかったが、1989年に52勝30敗でディビジョン首位の成績。しかし翌シーズンには再び勝率が下がっていった。ニックスは1980年代の終わりにかけ、マーク・ジャクソンチャールズ・オークレージョン・スタークスなど1990年代の核になる選手を獲得している。

これらの選手を擁したニックスが再び強豪になるのは、1991年パット・ライリーヘッドコーチを迎えて以降だった。ライリーはニックスをディフェンスの強いチームに育て上げ、他チームを苦しめた。ライリー初年度は51勝、翌シーズンは60勝と勝ち星を増やし、プレイオフではシカゴ・ブルズを追い詰めた。ニックスに再び優勝のチャンスが訪れたのは続く1994年で、シーズン途中にダラス・マーベリックスからデレック・ハーパーをトレードで獲得し、タフなディフェンスにさらに磨きをかけて、プレイオフではマイケル・ジョーダンの引退したシカゴ・ブルズに対して20点差以上つけられた試合も、第4Qに逆転する試合を演じて、ひさびさにNBAファイナルまで勝ち進んだ。ファイナルではアキーム・オラジュワンに率いられたヒューストン・ロケッツと対戦、ユーイングとのセンター対決、ガードの得点能力に注目が集まった。ロケッツの先発ガードの2人、ポイントガードケニー・スミスシューティングガードバーノン・マックスウェルは概ね押さえ込んだが、当時はあまり注目されていなかった控えの新人ガード、サム・キャセールに僅差でリードされていた試合の要所で3ポイントシュートを決められるなど、惜しくも3勝4敗でロケッツに優勝を譲った。

1990年代のニックスにとって、インディアナ・ペイサーズがライバルチームの1つとなった。プレイオフではペイサーズのレジー・ミラーの活躍がしばしばニックスを苦しめた。(詳細はレジー・ミラーの項を参照のこと。)

ライリーは1995年を最後にマイアミ・ヒートに去り、後任にはジェフ・ヴァン・ガンディーが就いた。マイアミ・ヒートもライリーがニックスを退団後、ヒートのコーチになった頃からのライバルで、プレイオフではヴァン・ガンディーを巻き込んだ乱闘が起きたこともあった。この時、乱闘に直接加わらなかったもののベンチにいて立ち上がった選手も出場停止処分を受けた。

ヴァン・ガンディーに率いられたニックスは、ロックアウトで短縮された1999年のシーズンを27勝23敗とイースタン・カンファレンス8位の成績で終え、辛うじてプレイオフ進出を果たした。しかしその後はプレイオフ1回戦で宿敵ヒートを破るなど、快進撃を続け第8シードからNBAファイナルまで進んだNBA史上初のチームになった。この年のNBAファイナルでは、サンアントニオ・スパーズに1勝4敗で敗れて優勝を果たせなかった。翌1999-2000シーズンが終わると、パトリック・ユーイングはシアトル・スーパーソニックスへトレードされた。

アイザイア・トーマス体制[編集]

ユーイング退団後不振に喘ぐニックスは、2003年にかつてデトロイト・ピストンズで活躍したアイザイア・トーマスをジェネラルマネージャーに迎えた。トーマスはニックスの潤沢な財源を利用して選手と次々と高額契約を結びチーム改革を進めたが、彼が獲得した選手はステフォン・マーブリースティーブ・フランシスアンファニー・ハーダウェイなどガードの選手に偏り、さらにエディ・カリーザック・ランドルフなど自分本位なプレイが批判される選手が多かった。特にマーブリーは、2005年にHCに就任した名将ラリー・ブラウンと度々衝突するなどチームがバラバラな状態に陥ったニックスはさらに低迷した。

高額契約した選手のほぼ全員が期待どおりに働かず、放出した選手が他チームで活躍するなど、ゼネラルマネージャーのアイザイアの手腕を疑問視する声も聞こえる中、2006-2007シーズンにはトーマスが自らHCに就任。しかしマーブリーはトーマスとも衝突し、チームの状況はかえって深刻に悪化した。2007年にはトーマス自身のセクハラ訴訟もあり、トーマス体制に辟易していたニックスファンは、アリーナで「ファイヤー・アイザイア(アイザイアを辞めさせろ)」の大合唱をする始末で、トーマスを擁護し続けてきた球団オーナーもトーマスの解任を決断せざるを得なくなった。

トーマス体制からの脱却[編集]

2008年、元インディアナ・ペイサーズGMのドニー・ウォルシュがジェネラルマネージャーに、フェニックス・サンズで辣腕を振るったマイク・ダントーニがHCにトーマスの後任としてそれぞれ就任した。彼らの就任後、2009-10シーズン後にFAとなるレブロン・ジェームズアマーレ・スタウダマイアーといった大型選手獲得に向けたサラリーキャップ対策を実施。その間のチーム成績は振るわなかったものの、トーマス体制で獲得し活躍できなかった選手を次々とトレード等で放出して、サラリーキャップを大きく空ける事に成功した。そして、2009-10シーズンオフ、1番獲得したかったジェームズを獲得する事ができなかったものの、スタウダマイアーを獲得する事に成功した。
2011年2月22日、大型トレードでデンバー・ナゲッツよりカーメロ・アンソニーチャウンシー・ビラップスらを獲得しチーム強化を進めている。

マイク・ダントーニ体制からマイク・ウッドソン体制[編集]

2011-2012シーズンの途中でマイク・ダントーニが解任され、当時アシスタント・コーチであったマイク・ウッドソンが暫定ヘッドコーチに就任した。その後マイク・ウッドソンは正式なヘッド・コーチに就任し、オフシーズンにジェイソン・キッドマーカス・キャンビーラシード・ウォレスらベテランを獲得し、それまでのマイク・ダントーニのオフェンス中心のスタイルから、ディフェンス中心のチームに変えた。2012-2013シーズンはスタートダッシュに成功し、ニューヨーク・ニックスを強豪に変身させた。

フィル・ジャクソン体制(2014年以降)[編集]

On September 26, 2013年9月26日、ニックスは、GMをスティーブ・ミルズに交代することを発表、[1]、2014年3月10日、NBADリーグのホワイトプレーンズ買収を発表した[2]。 1月22日フォーブス誌は、ニックスが世界で最も資産価値(1.4億ドル)が高いバスケットボール球団であると報じた[3]

2014年1月24日、 カーメロ・アンソニーがフランチャイズ記録の62得点、13リバウンドを達成[4]。 2014年3月18日、フィル・ジャクソンが球団社長に就任することを発表した[5]。 2014年4月21日、マイク・ウッドソンをすべてのスタッフとともに解雇した。[6]2013-14シーズンは37勝45敗、イースタンカンファレンス9位という不本意な結果に終わった。 2014年6月9日、かつてフィル・ジャクソンの下で5度のチャンピオンに輝いたデレック・フィッシャーをヘッドコーチとして招き、5年2500万ドルの契約を交わした。

シーズンごとの成績[編集]

Note: 勝 = 勝利数, 敗 = 敗戦数, % = 勝率

シーズン  % プレーオフ 結果
ニューヨーク・ニックス
1946–47 33 27 .550 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 2, クリーブランド 1
フィラデルフィア 2, ニックス 0
1947–48 26 22 .542 1回戦敗退 ボルチモア 2, ニックス 1
1948–49 32 28 .533 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 2, ボルティモア 1
ワシントン 2, ニックス 1
1949–50 40 28 .588 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 2, ワシントン 0
シラキュース 2, ニックス 0
1950–51 36 30 .545 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 2, セルティックス 0
ニックス 3, シラキュース 2
ロチェスター 4, ニックス 3
1951–52 37 29 .561 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 2, セルティックス 1
ニックス 3, シラキュース 1
ミネアポリス 4, ニックス 3
1952–53 47 23 .671 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 2, ボルティモア 0
ニックス 3, セルティックス 1
ミネアポリス 4, ニックス 1
1953–54 44 28 .611 総当り戦
総当り戦
シラキュース 2, ニックス 0
セルティックス 2, ニックス 0
1954–55 38 34 .528 1回戦敗退 セルティックス 2, ニックス 1
1955–56 35 37 .486 1回戦敗退 シラキュース 1, ニックス 0
1956–57 36 36 .500
1957–58 35 37 .486
1958–59 40 32 .556 1回戦敗退 シラキュース 2, ニックス 0
1959–60 27 48 .360
1960–61 21 58 .266
1961–62 29 51 .363
1962–63 21 59 .263
1963–64 22 58 .275
1964–65 31 49 .388
1965–66 30 50 .375
1966–67 36 45 .444 1回戦敗退 セルティックス 3, ニックス 1
1967–68 43 39 .524 1回戦敗退 シラキュース 4, ニックス 2
1968–69 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 4, ボルチモア 0
セルティックス 4, ニックス 2
1969–70 60 22 .732 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ニックス 4, ボルチモア 3
ニックス 4, バックス 1
ニックス 4, レイカーズ 3
1970–71 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 4, ホークス 1
ボルチモア 4, ニックス 3
1971–72 48 34 .585 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 4, ボルチモア 2
ニックス 4, セルティックス 1
レイカーズ 4, ニックス 1
1972–73 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル優勝
ニックス 4, ボルチモア 1
ニックス 4, セルティックス 3
ニックス 4, レイカーズ 1
1973–74 49 33 .598 1回戦勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 4, キャピタル 3
セルティックス 4, ニックス 1
1974–75 40 42 .488 1回戦敗退 ロケッツ 2, ニックス 1
1975–76 38 44 .463
1976–77 40 42 .488
1977–78 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 2, キャブス 0
シクサーズ 4, ニックス 0
1978–79 31 51 .378
1979–80 39 43 .476
1980–81 50 32 .610 1回戦敗退 ブルズ 2, ニックス 0
1981–82 33 49 .402
1982–83 44 38 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 2, ネッツ 0
シクサーズ 4, ニックス 0
1983–84 47 35 .537 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, ピストンズ 2
セルティックス 4, ニックス 3
1984–85 24 58 .293
1985–86 23 59 .280
1986–87 24 58 .293
1987–88 38 44 .463 1回戦敗退 セルティックス 3, ニックス 1
1988–89 52 30 .634 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, シクサーズ 0
ブルズ 4, ニックス 2
1989–90 45 37 .549 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, セルティックス 2
ピストンズ 4, ニックス 1
1990–91 39 43 .476 1回戦敗退 ブルズ 3, ニックス 0
1991–92 51 31 .622 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, ピストンズ 2
ブルズ 4, ニックス 3
1992–93 60 22 .732 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 3, ペイサーズ 1
ニックス 4, シャーロット 1
ブルズ 4, ニックス 2
1993–94 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 3, ネッツ 1
ニックス 4, ブルズ 3
ニックス 4, ペイサーズ 3
ロケッツ 4, ニックス 3
1994–95 55 27 .671 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, キャブス 1
ペイサーズ 4, ニックス 3
1995–96 47 35 .573 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, キャブス 0
ブルズ 4, ニックス 1
1996–97 57 25 .695 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, シャーロット 0
ヒート 4, ニックス 3
1997–98 43 39 .524 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 3, ヒート 2
ペイサーズ 4, ニックス 1
1998–99 27 23 .540 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝勝利
NBAファイナル敗退
ニックス 3, ヒート 2
ニックス 4, ホークス 0
ニックス 4, ペイサーズ 2
スパーズ 4, ニックス 1
1999–2000 50 32 .610 1回戦勝利
カンファレンス準決勝勝利
カンファレンス決勝敗退
ニックス 3, ラプターズ 0
ニックス 4, ヒート 3
ペイサーズ 4, ニックス 2
2000–01 48 34 .585 1回戦敗退 ラプターズ 3, ニックス 2
2001–02 30 52 .366
2002–03 37 45 .451
2003–04 39 43 .476 1回戦敗退 ネッツ 4, ニックス 0
2004–05 33 49 .402
2005–06 23 59 .280
2006-07 33 49 .402
2007-08 23 59 .280
2008-09 32 50 .390
2009-10 29 53 .354
2010-11 42 40 .512 1回戦敗退 セルティックス 4, ニックス 0
2011-12 36 30 .545 1回戦敗退 ヒート 4, ニックス 1
2012-13 54 28 .659 1回戦勝利
カンファレンス準決勝敗退
ニックス 4, セルティックス 2
ペイサーズ 4, ニックス 2
2013-14 37 45 .451
通算勝敗 2652 2659 .499
プレイオフ 186 189 .496 優勝2回

主な選手[編集]

現役選手[編集]

ニューヨーク・ニックス ロースター
選手 その他
Pos # Nat 名前 身長  体重
C 45 アメリカ合衆国の旗 コール・オルドリッチ (Cole Aldrich) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 111 kg (245 lb) 
F 7 アメリカ合衆国の旗 カーメロ・アンソニー (Carmelo Anthony) 2.03 m ( 6 ft 8 in) 104 kg (230 lb) 
F/C 77 イタリアの旗 アンドレア・バルニャーニ (Andrea Bargnani) 2.13 m ( 7 ft 0 in) 116 kg (256 lb) 
G スペインの旗 ホセ・カルデロン (Jose Calderon) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 94 kg (208 lb) 
C カナダの旗 サミュエル・ダレンバート (Samuel Dalnbert) 2.11 m ( 6 ft 11 in) 113 kg (250 lb) 
G アメリカ合衆国の旗 ウェイン・エリントン (Wayne Ellington) 1.93 m ( 6 ft 4 in) 91 kg (200 lb) 
G 5 アメリカ合衆国の旗 ティム・ハーダウェイ・ジュニア (Tim Hardaway, Jr.) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 93 kg (205 lb) 
G 0 アメリカ合衆国の旗 シェーン・ラーキン (Shane Larkin) 1.8 m ( 5 ft 11 in) 80 kg (176 lb) 
F 3 アメリカ合衆国の旗 ケニオン・マーティン (Kenyon Martin) 2.06 m ( 6 ft 9 in) 109 kg (240 lb) 
G/F 23 アメリカ合衆国の旗 トーリ・マレー (Toure Murry) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 88 kg (195 lb) 
G 9 アルゼンチンの旗 パブロ・プリジオーニ (Pablo Prigioni) 1.91 m ( 6 ft 3 in) 82 kg (180 lb) 
G 21 アメリカ合衆国の旗 イマン・シュンパート (Iman Shumpert) 1.96 m ( 6 ft 5 in) 96 kg (212 lb) 
G/F 8 アメリカ合衆国の旗 J.R.スミス (J. R. Smith) 1.98 m ( 6 ft 6 in) 100 kg (220 lb) 
F/C 1 アメリカ合衆国の旗 アマーレ・スタウダマイアー (Amar'e Stoudemire(C) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 113 kg (250 lb) 
F 4 アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・タイラー (Jeremy Tyler) 2.08 m ( 6 ft 10 in) 113 kg (250 lb) 
ヘッドコーチ

アメリカ合衆国の旗 デレック・フィッシャー (Derek Fisher)

アシスタントコーチ

記号説明
(C) キャプテン
(S) 出場停止
(-) ベンチ外
Cruz Roja.svg 故障者
(DL) Dリーグ・アサイン
(FA) フリーエージェント
(DP) ドラフト未契約

外部リンク

更新日:2014-6-9


年代別主要選手[編集]

太文字…殿堂入り選手 (C)…優勝時に在籍した選手 (M)…在籍時にMVPを獲得した選手 (50)…偉大な50人

1940年代 (プレイオフ進出:3回)

1950年代 (プレイオフ進出:8回 ファイナル進出:3回)

1960年代 (プレイオフ進出:3回)

1970年代 (プレイオフ進出:7回 ファイナル進出:3回 優勝:2回)

1980年代 (プレイオフ進出:5回)

1990年代 (プレイオフ進出:10回 ファイナル進出:2回)

2000年代 (プレイオフ進出:2回)

2010年代 (プレイオフ進出:3回)


栄誉[編集]

殿堂入り[編集]

永久欠番[編集]

コーチ、その他[編集]

チーム記録[編集]

ニューヨーク・ニックスのチーム記録


脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Steve Mills rejoins Knicks as GM”. ESPN New York (2013年9月26日). 2013年9月26日閲覧。
  2. ^ NBA D-League Expands to 18 as Knicks Purchase Team”. NBA.com (2014年3月10日). 2014年3月10日閲覧。
  3. ^ Forbes Releases 16th Annual NBA Team Valuations”. Forbes.com (2014年1月22日). 2014年5月5日閲覧。
  4. ^ Ben Golliver, "Carmelo Anthony sets Knicks franchise, MSG scoring records with career-high 62 points", Sports Illustrated, 11 February 2014
  5. ^ Phil Jackson Named President of New York Knicks 2013- 2014 NBA the New York Knicks would miss the playoffs finalized”. knicksnow.com (2014年3月18日). 2014年3月18日閲覧。
  6. ^ Begley, Ian. “Knicks fire entire coaching staff”. Article. ESPN. 2014年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]