股引

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

股引(ももひき)は日本の伝統的ボトムスであり、下着としても使われた。からまで、やや密着して覆う形のズボン型。腰の部分は紐で締めるようになっている。安土桃山時代ポルトガルから伝わったカルサオ(カルサンとも)と呼ばれる衣服が原形とされる。

江戸時代には鯉口シャツ(ダボシャツとも)や、「どんぶり」と呼ばれる腹掛けと共に職人の作業服となり、農作業[1]や山仕事などにも広く使われた。

半股引[編集]

膝上までのハーフパンツに似た形の半股引(はんだこ)と呼称されるものもある。現代では、祭りにおける神輿の担ぎ手の服装として知られている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 農作業用としては、山袴など軽衫系統のものや、もんぺの方がより一般的だった