浴衣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浴衣
浴衣の女性たち

浴衣(ゆかた)とは和服の一種である。通常の和服とは違い、長襦袢を着用せず、素肌の上に着る略装である。

歴史[編集]

平安時代の湯帷子(ゆかたびら)がその原型とされる。湯帷子は平安中期に成立した倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)によると、内衣布で沐浴するための衣とされている。この時代、複数の人と入浴する機会があったため汗取りと裸を隠す目的で使用されたものと思われる。素材は、水に強く水切れの良い麻が使われていたという説がある。

安土桃山時代頃から湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的で広く用いられるようになり、これが江戸時代に入って庶民の愛好する衣類の一種となった。

「ゆかた」の名は「ゆかたびら」の略である。

概要[編集]

生地は木綿地で通常の物よりもやや隙間をあけて織った平織りのものが多い。特に夏場の湯上り、または寝巻きとしての用途が主である。日本舞踊などでは稽古着として使用される。家庭でも手軽に洗濯が可能であり、清潔を保ちやすいことも重宝される一因である。

和服の中でも最も単純かつ基本的な構造である。また反物も比較的安価であることから、家庭科の授業で和裁の基礎を学ぶ際に、浴衣を縫うことが多い。

本来は素肌の上に直接着るものである。近年は、お洒落着としての需要も多く、浴衣を着用して外出する場合もあるため下着を着用することが多くなった。浴衣仕様に軽量化されたり吸汗性に優れた肌襦袢を併用する場合が多い。 女性は一般的に和服を着用する際はバストのふくらみは目立たないようにさらしや和装用ブラジャーなどで押さえることがあるが、浴衣の場合は更に簡素な和装用の簡易スリップなどの肌着を使用することも多い[1]

男子は三尺帯、女子は半幅帯で着用することが通例とされていたが、着付けの簡略性もあり、兵児帯(へこおび)を用いることもある。さらに最近では男子は角帯を用いることも多い。角帯は元来は浴衣には合わせないものとされていたが、この意識は薄れつつある。事実、服飾メーカーでは新作発表の際に浴衣と角帯の組み合わせを提案することも増えている。同時に、セット販売されることも珍しくない。

和服に親しむ人が減少していることもあり、一人で帯結びが出来ない人も多い。そのため、一部のメーカーは「作り帯」(すでに結び目を仕上げた状態で固定したものと、胴囲部分の組み合わせ。胴囲に帯を巻きつけ、結びを差し入れた後に紐やクリップで固定する形態のものが多い)を製作・販売している。また身頃本体も一枚繋ぎではなく、上下を分けて着用する二部式のものも存在する。

浴衣に合わせる履物は、素足に下駄が一般的である。穿き慣れない下駄で足捌きが悪く転んだり、また、鼻緒で足指や足の甲を擦って怪我をする人も少なくない。薄手の足袋を併用したり、洋服用のサンダルを合わせる人もいる。男性の場合も同様であるが、雪駄の選択肢もある。

和服の項目にもあるように、一般的な和服の着付けと同様に身に纏う。男女共に右前(右の衿(右半身の身頃)を下にして、左の衽を上に重ねる)にして着るのが正しい(相手方からみるとアルファベットのYの小文字「」になるように、自分の右手が衿に差し入れやすいように…と念頭において着付けると間違えにくい)。また、裾は訪問着や小紋よりも、心もち上にあげ、くるぶしが見え隠れする程度に着付ける。

現代の浴衣[編集]

浮世絵に描かれた浴衣姿で夕涼みする男性(歌川国芳 江戸時代後期)

浴衣はもともと白地の木綿をで染抜くのが原則で柄も大胆なものが多かったが(右図参照)近年では洋服のようなデザインが好まれつつあり、華やかな色合いと柄のものなども多くなっている。生地も浴衣本来の木綿ではなく、を混ぜたものやポリエステルなどを用いたものも多い。 反物から仕立てる浴衣は手縫いのものが主流であるが、大量生産されて安価で販売されている既製品の多くは諸外国で生産されており、ミシン縫いのものが主流である。それらのものは衿の作りや縫いしろ、おくみなどが簡略化されており、一般的な和服の畳み方(本畳み)では収まらないことがある。

元来が湯上り着・寝巻きであり、肌着として並ぶ略式着の最たるものであることから、浴衣を着用した姿で多くの人が集う場所への外出は憚られていた。江戸時代の頃から夏祭りや花火観賞の際など、身近で気取らない場所であれば良いという風潮が定着した。しかし、この格好で改まった場所へ出掛けることは失礼とされる(例えば、たとえ夏であっても結婚式成人式に浴衣を着用して出席するのは、マナー違反である。ただし現在では和装での振舞いや知識などを得る機会が少なくなったこともあり、それらのマナーについて認識が流布されていない。若い世代を中心に、略装であるという感覚も失われつつあり、午前中から着用する姿も多々ある)。 近年は和洋折衷のデザインのものも多く販売されている。生地の柄、衿のあわせは浴衣のものであるが、伊達衿をあわせたり、胸元にフリルやレースをあしらったもの、ミニスカートのような膝上丈、なかにはフレアスカートのように広がったデザインにパニエを併用するなど、固定観念を打ち破った個性的なデザインが施されたものも多く、特に若い世代に支持されている。

浴衣の男女

現代の日本の生活で浴衣が多く着用されるのは、主に花火大会縁日盆踊りなどの夏の行事である。日本舞踊や演劇などの稽古着として通年使用されることもある。

日本独特の風習として旅館ホテル寝巻として用意されている場合が多いが、多くは簡略化されたものである。温泉宿やそれに類するホテル等では、備え付けの浴衣を着用したままで館内施設を利用したり、近隣を外出することは問題ない(都市部にある施設では不可の場合もある)。しかし、一般的にシティホテル等では、着用したまま室外に出ることは認められていない。

レストラン遊園地テーマパークスポーツ試合などでも、夏に浴衣を着用して来場すると特典がある施設が増えている。

特に宿泊施設が点在する温泉街では連携を組んで、街全体を鮮やかに演出する試みを打ち出しているケースもある。施設利用者に浴衣と下駄を貸し出し、着付けもサービス。宿泊客にはそのままプレゼントするなど工夫を凝らしている。浴衣が一種のリゾートウェアとなっている。

和服のなかでは比較的安価であることから、別誂えの反物を染めて歌舞伎役者などが贔屓への配りものとすることも多かったが、最近ではこうした風習も徐々に少なくなりつつある。角界にはまだかろうじて、関取が自分の名前の入った浴衣生地を贔屓筋や他の相撲部屋に贈るという風習が残っている(自分の気に入った柄でオリジナルな浴衣を仕立てる力士も多い。ちなみに関取か否かを問わず現役力士は浴衣が夏の正装であり、浴衣を着用せずに外出してはならない規定がある)。

乞巧奠(きっこうてん)の慣習と織女祭に因み、日本ゆかた連合会7月7日を「ゆかたの日」と提案、制定されている。

日本情緒の雰囲気を味わえて、かつ、安価で着付けも簡素な民族衣装として、外国人のお土産としても重宝されている[2]

注釈[編集]

  1. ^ 若い世代の中には、近年の漫画やアニメの影響もあり、帯の上部にバストが露骨に乗るような描写が一般的と間違えて捉える者も多く、記述のようなバストを押さえる肌着を着用せずに普段使いのブラジャーをそのまま使用するケースも多い。しかし、バストを形よく見せる工夫のなされたブラジャーはアンダー部分のホールド力が強いものも多いため、その上に伊達締めや半幅帯で締めることになる(更に帯板を装着する場合もある)。の周辺やみぞおちが長時間圧迫されることになるため、気分が悪くなりやすい傾向も否めない。
  2. ^ 近年は、特に日本のアニメや漫画の普及で和服に興味を示す若年層が多い。また、外国語で解説された着付けの動画も多いため、独学で着付けを覚える外国人も多い。ガウン代わりとして使用されている様子は以前より海外ドラマや映画などで多く確認できる。

関連項目[編集]