盆踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
盆踊りの一例(名古屋市港区にて)
盆踊りの一例(多摩ニュータウン

盆踊り(ぼんおどり)は、の時期に死者を供養するための行事、またその行事内で行なわれる踊り。広場の中央にやぐらを立て、やぐらの上で音頭とりが音頭を歌い、参加者はその周囲を回りながら音頭にあわせて踊る形式が一般的である[1]念仏踊りが起源といわれる。

盆踊りの伴奏音楽としては多く音頭が奏される。昔ながらの、太鼓三味線音頭取りで踊るところもある。三味線に代わり、エレキベースリズムボックスを使用することもある。近年は音頭とりや囃し方が少なくなったため、録音された音頭を電気的に再生しておこなうことが多くなっている。地方によって独特の音頭と踊り方がある。

歴史的には村落社会において娯楽と村の結束を強める機能的役割を果たした。そのため、各地にご当地音頭も多く存在し、自治体や商工会など作成したオリジナルの地域的音頭も珍しくない。明治以前はこの行事は歌垣などの風習に結びついていた。

俳句では秋の季語である。(夏の季語という誤解があるが、暦の上では既に立秋を過ぎてから行われるものであり、「夏」ではなく「秋」である。)夏休みの間の大きなイベントの一つである。かつては夜通し行われることが多かったが、近年は深夜まで行われることは少なくなっている。

起源[編集]

盆踊りとは元々は仏教行事である。平安時代空也上人によって始められた念仏踊りが、盂蘭盆の行事と結びつき、精霊を迎える、死者を供養するための行事として定着していった。鎌倉時代には一遍上人が全国に広めたが、一遍や尼僧らは念仏で救済される喜びに衣服もはだけ激しく踊り狂い、法悦へと誘い、それにより庶民を巻き込む大ブームを引き起こした。それ以降は、宗教性よりも芸能に重点が置かれる念仏踊りが生み出され、人々はさらに華やかな衣装や、振り付け、道具、音楽などを競うようになった[2]室町時代の初めには、太鼓などをたたいて踊るようになったといわれている。現在も、初盆の供養を目的の盆踊りも地域によっては催されている。太鼓と「口説き」と呼ばれる唄に合わせて踊る。口説きは、地区の伝統でもある。初盆の家を各戸を回って踊る所もある。昔は旧暦の7月15日に行われていた。故に盆踊りはいつも満月であった。

鎌倉時代以降、経済力や自治力を得た民衆により新奇な趣向が次々に考案され、江戸時代初頭には絶頂を極めることになる。江戸では7月に始まり連日踊り明かしながら10月にまで続いた。次第に盆踊りはの解放のエネルギーと結びついていく。日本では性は神聖なものとされ、神社の祭礼を始めとし、念仏講御詠歌講など世俗的宗教行事の中心に非日常的な聖なる性があるべきと考えられるようになり、盆踊りは性の開放エネルギーを原動力に性的色彩を帯びるようになる。明治時代にはしばしば風紀を乱すとして警察の取締りの対象となった。盆踊りは未婚の男女の出会いの場にとどまらず、既婚者らの一時的な肉体関係をもつきっかけの場をも提供していた。ざこ寝という、男女が一堂に泊まり込み乱交を行う風習も起こり、盆踊りとも結びつき広まり、ざこ寝堂はほとんど全国の農村には存在した。これは昭和時代に至っても続いていた[2]

各地における盆踊り[編集]

関東 - 近畿の一部地域によっては、開催時期により「彼岸踊り」と呼称することもある。彼岸の約10日前~彼岸までは、「彼岸踊り」と呼びその他の時期は夏祭りまたは秋祭りとしての名称が多い。従来は彼岸踊りの名称は使われていなかったが、彼岸時期の開催を冗談として「彼岸踊り」と言ったことで、定着していったとの通説があり、発祥地としては、大阪北摂または東京東部とも言われているが、明確な場所は不明である。

沖縄のエイサーも盆踊りの一つであるといわれる。袋中が1603年から3年間首里に滞在して浄土宗を布教したのを契機に、念仏が広まった。当時は現代のエイサーと形式が異なり、門付歌と念仏歌だけで踊っていた。明治以降になると、念仏の詠唱を村の若人が代行する形で庶民の間に太鼓踊りのエイサーが普及していった。町を廻り、場所により京太郎(チョンダラー)という道化がつく。

国外においても、ハワイやカリフォルニアの日系移民コミュニティにより、類似の行事が開催されている。それらは「ボン・ダンス」と呼ばれているが、レパートリーは現地のものに置換されている。世界には約500くらいある。

代表的な楽曲[編集]

ここで挙げる楽曲は民謡(歌謡民謡を含む)に限定する。音頭形式の楽曲一覧も参照。

衣装[編集]

伝統的には、やぐらの上の太鼓方、音頭取りならびに踊り子は浴衣を着用することが多いが、一般参加者はカジュアルな平服でも良い。踊り子が同じグループである場合、揃いの浴衣を着ることが多い。また女性の場合、団扇を背中のに差し込んでおくこともある。男性は、鉢巻をし、腰に印籠をぶら下げて踊ることもある。

地方によっては、狐などの仮面をつけて踊る場合や、舞台化粧並の厚化粧をして華やかな衣装で踊る場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 稀に異なる様式の場合も存在する。たとえば福島県三春町では、舞台形式の台が作られ参加者はその一方正面で踊るという特異な配置が有名。
  2. ^ a b 「盆踊り」は乱交セックス 性を解放、神聖な伝統行事(明治大学文学部准教授 平山満紀、 産経新聞2012年8月14日 )

関連項目[編集]

外部リンク[編集]