出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(つむぎ)とは、紬糸で織られた絹織物木綿を素材とするものもある。 紬の生地を縫製した和服を指す場合もある。

概要[編集]

絹糸の繊維を引き出して作られるが、生糸を引き出せない品質のくず繭をつぶして真綿にし、真綿より糸を紡ぎだしたものが紬糸である。[1] くず繭には、玉繭、穴あき繭、汚染繭が含まれ、玉繭とは、2頭以上の蚕が一つの繭を作ったものをいう。[2] 紬糸は手で撚りをかけるため太さが均一ではなく、玉繭から作られる糸は2本の糸が複雑に絡まっており、節の多い糸になる。これを玉糸や節糸ともいう。

また、紬糸には綿を解いて紡いだいわゆる木綿糸もある。

これらの糸を平織りしたが紬の生地である。紬糸は緯線・経線の両方に使用する場合と、片方に使用する場合がある。 本繭から作る絹糸を用いた布の表面が絹独特の光沢を帯びるのに対し、紬は鈍い光沢を放ち表面に小さなこぶが生じ、独特の風合いを持つ。

耐久性に非常に優れ、古くから日常の衣料や野良着として用いられ、父から子へと数代に渡って着繋がれた。 しかし、織りたてでは生地が硬く着心地がよくないため、裕福な商人は番頭などに自分の紬を着せて柔らかくなった所で自分で着用したという話もある。現代でも著名な落語家が弟子に自分の紬を着せて着易くなってから取り上げたという逸話がある。[要出典] 

江戸期贅沢禁止令が出された折に高価な絹物を着ることが禁止された。 しかし富裕な町人たちは絹を着ることを諦めずに「遠目からは木綿に見える」ということで工夫され、絹であるのに木綿と言い張って着ることができるようになるようにと好んで着るようになったという説もある。

色合いが渋い上に絹なのに絹らしい光沢を持たない、さりげなく趣味の良さを主張できる粋な反物として人気を博した。そのため農村の若い女性にとっては大切な収入源となったが、紬の名産地米沢の女性たちは丹念に織り上げた布を出荷する夜には別れを惜しみ「米沢の女は紬を抱いて寝る」とも言われた。

織るのに手間がかかることもあって現代では着物好きの人が趣味的に着用する衣装として高額で取引されている。

野良着であったことから材質が絹であっても正装に用いてはならないとされ、外出着若しくはお洒落着として用いられることが多いが、近年では略正装程度であれば用いる場合がある。

主な紬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 河出書房新社 橋本澄子編『図説 着物の歴史』2005年、99頁
  2. ^ 繭生産統計調査の概要”. 農林水産省 (2012年07月6日). 2013年6月25日閲覧。