京都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
令制国一覧 > 東海道 > 山城国 > 葛野郡愛宕郡 > 京都
京都の位置

京都(きょうと、みやこ、きょうのみやこ、: Kyōto[1][2][3])は、日本都市である。

ともいい、歴史的には794年日本の首都に定められた都城平安京で、当時は日本の政治文化の中心地であった。

名称[編集]

「京都」の由来[編集]

東アジアでは古来、歴史的に「天子の住む都」「首都」を意味する普通名詞として京(きょう)、京師(けいし)が多く使用されていた。西晋時代に世宗(司馬師)のである「師」の文字を避けて京都(けいと)と言うようになり、以後は京、京師、京都などの呼び名が用いられた。

日本でも飛鳥京恭仁京などが京都とも呼ばれた。平安京において「京都」[4]が、定着したのは平安後期からで、京や京師という呼び名も併用されていた。その後、次第に「京の都」(きょうのみやこ)、「京」(きょう)、「京都」(きょうと)が平安京の固有名詞[5]のようになり、定着していった。造都当時は「北京」とも呼ばれた。対して奈良のことを「南京」と呼んでおり、以後長らく奈良の代名詞「南都」として多用された。

京都と洛陽[編集]

古く京都は、しばしば中国王朝の都となった洛陽に因み、洛陽、京洛などといわれた。一説に、平安京を東西に分割し、西側(右京)を「長安」、東側(左京)を「洛陽」と呼んだという[6]。ところが、右京すなわち「長安」側は湿地帯が多かったことなどから程なく廃れ、市街地は実質的に左京すなわち「洛陽」だけとなった。このため「洛陽」とは即ち京都を指す言葉になり、その一字を採って「洛」だけでも京都を意味することになったとされる[7]。また一説に、平安初期の文学に現れる洛陽、長安はそれぞれ左京、右京を指しているとは考えられず、ともに都全体を指していると考えられるところから、長安とも洛陽とも呼んでいたものが、のちに洛陽のみが使われるようになったと考えられるという(「平安時代史事典」『洛中』)。京の都に上ることを上京(現在は東京に上る事を「上京」と言う)、上洛と言う。現在でも「洛陽工業高校」など固有名詞に残るほか、洛南洛北洛西洛東といった呼称が使われている[8]。また、東京を含めた京都以外の地方から京都へ行くことを「上洛する」「入洛する」ということがある。特殊な例として「下洛」という語が平家物語に見られる。山法師が京中を侵すことを指した。また京域内を「洛中」と呼び、京域縁辺を「洛外」と呼んだ。

歴史[編集]

平安遷都[編集]

京都は、桓武天皇784年延暦3年)の長岡京に続いて、794年(延暦13年)平安京に遷都したことに始まる千年の都である。京都に都が移された理由は諸説ある。例えば、長岡京の建設責任者であった藤原種継が暗殺されたことや、長岡京が桂川や小畑川氾濫によりしばしば水害に遭ったからとする説、長岡京での早良親王怨霊説、などである。

平安京は中国風水[9]に適う地(「四神相応の地」)として撰地されたとの伝えがあり、南に開け、他の三方を山に囲まれ、東に鴨川が、西に桂川が蛇行しながら南へと流れている。全体に北から南へ緩やかにくだる傾斜を持ち、一条と九条ではおおよそ40メートルの標高差がある。後に京中で北行することを「上がる(上ル)」、南行することを「下がる(下ル)」と言うようになるのは、この傾斜を理由としている。

京域は、中国の都城(長安)を模倣した東西約4.5㎞、南北約5.2㎞の長方形で、内部は正方形の街区をもっていた。これら街区は、平城京では街路の中心線を基準としていたため街路の幅の違いによって宅地面積の広狭差が生まれたが、平安京では街路の幅を除いて形成されたため場所による宅地の広狭が生まれることはなかった。本来なら羅城を巡らすべきであったが、羅城門の両側のみ羅城風の塀を設けた。南北は北辺の一条大路から九条大路まで、東西は東京極大路から西京極大路まで、皇居と官庁街を含む大内裏は一条大路と二条大路の間、(東)大宮大路と西大宮大路の間に設けられた。現在の千本通が当時の南北の中心街路である朱雀大路にあたり、真北には造都の基準となったとされる船岡山が位置していた。また大内裏のすぐ南には禁苑である「神泉苑」が設けられ貴顕の遊びの場となるとともに干ばつに際しては雨乞いの場となった。この池は太古に京都盆地に広がっていた「古京都湖(古山城湖)」の名残とされる。平城京で寺院の政治介入が甚だしく悪弊をもたらせたため、京域内の新設寺院は官寺である東寺と西寺に限られた。造都に際して河川の付け替えが行われたとされ、堀川は鴨川の旧河道との説があるが、異論もある。

平安時代律令制の形骸化にともなって次第に本来の領域にとらわれない、鴨川と大内裏御所を中心とする都市になり、経済的に発展していった。平安中末期には鴨川左岸、東山山麓に六勝寺法性寺、貴族の別荘が建てられた。特に六波羅には当時隆盛を極めていた平家一門の屋敷が軒を連ねた。

鎌倉幕府の設置[編集]

鎌倉時代にも京都の朝廷は政治機能を発揮していたが、東国支配を強めていた鎌倉殿に1185年守護地頭の設置を認め、鎌倉幕府が全国支配を強めたため、京都は相対的に経済都市としての性格を強めた。承久の乱を契機に鎌倉幕府は平家の本拠地跡の六波羅に六波羅探題を設置して、公家勢力の監視を行う。鎌倉時代末期に足利尊氏が六波羅探題を滅ぼし、幕府滅亡後には京で後醍醐天皇による建武の新政が行われた。その後新政から離反した尊氏が北朝を立て、南北朝時代となると、京都争奪戦が何度も行われる(南北朝分裂以後、南朝による京都占領は4度行われたが、いずれも短期間で足利軍に撃退されている)。

室町幕府の設置[編集]

南朝が衰微して室町時代になると京には室町幕府が置かれたために政治都市として復活する一方で経済発展を遂げ、町衆と呼ばれる有力市民による自治の伝統が生まれた。京内には武家の屋敷は建てないとするそれまでの慣習に反して足利尊氏が御池高倉辺に屋敷を構えると、以後次々と武家は市中に進出した。、足利義満は北小路室町(上京区)に花の御所と呼ばれる邸宅を建造し、応仁の乱で焼失するまで将軍家の在所となり、足利将軍は在所から「室町殿」と呼ばれた。

戦国時代・安土桃山時代[編集]

戦国時代の端緒となる応仁の乱で市街、特に北側の大半が焼失し、その後もたびたび戦乱に巻き込まれた。この頃、京都は上京と下京に分かれ、それぞれ「構」によって囲まれていた。その間は畑になっていたといわれ、室町通でかろうじてつながっていた。この後、織田信長豊臣秀吉の保護と町衆の力により復興した。特に、秀吉の都市改造は大規模なもので、聚楽第と武家町の建設、内裏の修理と公家町の建設、御土居の構築、洛中に散在していた寺をあつめた寺町寺之内の建設などを行い、現在でもしばしばその都市構造を確認することができる(→天正の地割)。天正19年秀吉は伏見に隠居したが、文禄4年関白位を引き継いだ豊臣秀次が切腹すると、政治の中心は完全に伏見に移った。秀吉の没後も徳川家康伏見城に入り伏見は引き続き政治の中心地であった。

江戸幕府の設置[編集]

関ヶ原合戦後、1603年3月24日(慶長8年2月12日)に徳川家康征夷大将軍に任官され、江戸幕府が誕生すると政治の中枢は徐々に伏見から江戸に移った。こうした政都の移動にもかかわらず京都は国都であることに変わりはなく、徳川政権は、幕府の京都の拠点として二条城を築き、京都所司代京都町奉行を設置して直轄下に置いた。以後京都は文芸学問・工芸の中心地として人口が50万人を越え、政治の中心地の江戸や、経済の中心地の大坂に次ぐ都市として繁栄した。各藩も京都に藩邸を構え対朝廷及び各藩間の外交を行ったため、京都は独特の地位を有したが、幕府はこのことを好まず例えば西国大名が参勤交代の際、京都に入ることを禁じた。政情が不安定になった幕末には京都守護職が置かれ、その下で新撰組見廻組倒幕派の摘発を担った。

東京への遷都から現在まで[編集]

1867年11月9日慶応3年10月14日)の大政奉還により、統治権が幕府から京都の朝廷に返上されて新政府が誕生した。京都には京都府が置かれた(府藩県三治制廃藩置県参照)。しかし天皇が江戸で直接政治をみるため、江戸を東京として行幸・滞在(東京行幸)することになり、太政官(政府)も移動された(東京奠都参照)。その後京都への還幸は延期され、明治天皇1877年(明治10年)に京都御所の保存を命じた。これ以降から現在まで日本の首都は東京と認識されている。東京奠都により京都から去ったのは天皇だけでなく公家の多くも去ったから、今まで「天皇御用達」とされていた商人たちは、破産、若しくは東京に移住する等した結果、当時の人口の3分の2まで落ち込み、京都の急激な衰退を招いた。京都市民の落胆は著しく、ある保守派の武士は日光で兵を挙げ、東京で火事を起こし、その隙に天皇を京都に連れて行こうとしたクーデターを計画するも、事前に露見して逮捕、未遂に終わった[要出典]。また東京に対抗して京都を「西京(さいきょう)」と呼ぶ風潮も広まり、例えば第2次大戦後に新制大学として発足した京都府立大学は、最初「西京大学」と称した。


1879年明治12年)には郡区町村編制法により、京都に上京区下京区の2区が置かれた。1889年(明治22年)には市制のうち三都に対して実施された市制特例により、上京区・下京区を存置したまま府管轄下に置かれる「京都市」となった。1898年(明治31年)に市制が改正[10]されたことにより、一般市と同等の市制が施行された。1956年昭和31年)9月1日からは政令指定都市に移行した。

現在の京都市は市町村合併により、旧山城国にあたる地域(例:伏見市)のみならず、畿内の外に位置する旧丹波国(例:京北地域)にまで市域を広げた。

京中・洛中・洛外[編集]

古くは平安京域内を指して「京中」と呼んだが、鎌倉初期から京中に代わって「洛中」の語が頻出するようになる[11]。この「洛」は「洛陽」の一字を採ったものである。後の京都の基礎となった左京[12]を中国の都「洛陽」に擬え、対して、右京(朱雀大路から西側の部分)を同じく「長安」と呼んだとされ、後に右京が廃れたことから、市内(実質的に左京)を洛中(らくちゅう)、外側を辺土、後に洛外(らくがい)と呼ぶようになったされる。洛陽、長安を左京、右京に分けて使ったとする説は、今のところ平安遷都から500年余経た鎌倉時代末期(?)に洞院公賢(1291~1360)によって書かれた「拾芥抄」が最も古い[13][14]。「左京洛陽・右京長安」説はこれ以降さまざまの著書に引用され、そのことから「洛中とは左京のこと」との主張が生まれて、現在ではあたかも定説になった感がある。

これに対し、平安時代の文献からの疑問もある。平安時代の文学では左京右京を問わず平安京を「洛陽」あるいは「長安城」と呼んでおり、例えば平安初中期の詩文(「本朝文粋」「和漢朗詠集」など)に「洛陽」「長安城」あるいは「洛城」と現れるが、それらがそれぞれ左京と右京を指したとは言えず、「城」をつけて呼んだところを見れば、共に「平安城」に代わる文学上の雅称として(つまり共に平安京全体を指す言葉として)使われたとするほうが自然である。また遷都後間もなく洛陽と長安の坊名を借りて名付けられたと考えられている「銅駝坊」「教業坊」「陶化坊」などの坊名[15]も、必ずしも「左京は洛陽」「右京は長安」を示していない[16]。その後も「左京を洛陽、右京を長安」と称した事実は平安期の文献では確認できないから、洛陽・長安の区別は少し後、すでに「洛中」や「入洛」などの語が成立していた頃のことと考えられる[17]。また「小右記」長和4年(1016)6月25日条では西京(右京)を「西洛」とも呼んでおり、やはりここでも広く平安京を指して洛陽と呼んだことが伺える。都を指して「洛陽」という言い方は早くから定着していたが、のちに右京が廃れたことにより都の範囲が狭まり、実質的に「京都(洛陽)=左京」という状態になっていたから、対して詩文に現れた「長安」を右京に付会して、上記「拾芥抄」の「左京洛陽・右京長安」説が成立したとも考えられる。この考え方に立つと「洛中」が必ずしも左京域のみを指した語でなかったことになる[18]。広くつかわれるようになった「洛中」だが、その具体的な定義は曖昧なままであった。

平安時代には洛中は京職検非違使の管轄であるが、辺土(洛外)は山城国府の管轄と考えられていた。鴨長明の『方丈記』の養和の飢饉に関する件には、「京ノウチ」を「一条ヨリハ南、九条ヨリハ北、京極ヨリハ西、朱雀ヨリハ東」と記し、続いて「辺地(へんぢ=辺土)」として白河や「河原」(鴨川河川敷)とともに「西ノ京(西京、かつての右京地域)」を挙げている。辺土のうち、鴨川の東を河東と呼称し、白河や六波羅などがこれに該当した。『吉記治承4年11月30日1180年12月18日)条によれば、安徳天皇平清盛六波羅第に滞在中の高倉上皇の元に行幸しようとした際に、記主の吉田経房が辺土への行幸に神鏡を持ち出す事に異論を唱えている。鎌倉幕府が六波羅に六波羅探題を設置したのも、平家滅亡後に、京都における北条氏の邸宅が置かれていたこともあるが、検断権を巡る検非違使との直接的な衝突を避けたことも理由に挙げられる。後に河東は六波羅探題の異称にもなった。正応元年6月10日1288年7月9日)の伏見天皇による殺生禁止の宣旨には、宣旨を適用する洛中の外側を「近境」と表現して、東は東山の下、南を赤江(現在の伏見区羽束師古川町)、西を桂川の東、北を賀茂の山と定めている。鎌倉時代末期の朝廷や室町幕府が酒屋役を「洛中辺土」に課しており、応仁の乱の頃から辺土に替わって洛外という語が一般的になる。

室町時代から戦国時代にかけて二条を境目として北側を上京、南側を下京と呼ぶ慣習が生まれ、上京と下京がそれぞれ別個の惣構を持った。

安土桃山時代になり豊臣秀吉が政権をとると、上京と下京を分かっていたそれぞれの構えを撤去し代わって「洛中惣構え」として御土居を構築した。これには打ち続く戦乱でその境界が定かでなくなっていた「洛中」の範囲を新たに定める狙いもあったとされる。慶長年間に前田玄以の求めに応じて旧室町幕府の吏僚が編んだとされる「室町殿日記」には、秀吉の「洛中とは」という下問に対し細川幽斎が「東は京極迄、西は朱雀迄、北は鴨口、南は九条までを九重の都と号せり。されば内裏は代々少しづつ替ると申せども、さだめおかるる洛中洛外の境は聊かも違うことなし。油小路より東を左近、西を右近と申、右京は長安、左京は洛陽と号之。(中略)この京いつとなく衰え申、(中略)ややもすれば修羅の巷となるにつけて、一切の売人都鄙の到来無きによりて自ずから零落すと聞え申候」と答えたとある。古今伝授を受けて故実に詳しかったはずの幽斎でさえ、もはやかつての平安京の正確な範囲を知らなかった。この幽斎の答えを聞いて秀吉は「さあらば先ず洛中洛外を定むべし」と諸大名に命じ惣土堤を築かせたと同書に記す。このことにより「御土居に囲まれた内側が洛中」という定義が一般化したものと考えられる。

1634年将軍徳川家光上洛を機に洛中全域と洛外の一部に地子免除が認められた。1669年京都町奉行の設置を機に、門跡寺院を除く寺社の管轄が町奉行となり、直後に始まった鴨川の堤防設置工事にの完成(1670年)によって鴨川の河原が消えて水路化し、逆に五条以北の水路が消えたために洛中と洛外を区切る自然条件が大きく変化することにより「鴨東」と称される鴨川東岸に市街が広がり「洛中洛外町続」と呼ばれる都市の拡大のきっかけになった。地誌『京町鑑』(宝暦12年・1762年上梓)には「今洛中とは、東は縄手(現大和大路)、西は千本、北は鞍馬口、南は九条まで、其余鴨川西南は伏見堺迄を洛外と云」とある。町奉行は町の拡大を抑制する方針を採ったが、実際には都市の拡大が先行して町奉行及び新しい町割の是非を審査する新地掛の与力がこれを追認する状況が幕末まで続いた。この洛外にまで広がった上京と下京が近代以後の京都市の基礎となっていくことになる。

明治になり路面電車網が市内に張り巡らされると、市民の間にはそれらに取り囲まれた範囲、すなわち「北大路通り、東大路通り、九条通りおよび西大路通りの内側が洛中」という共通認識が生まれたが、そうした認識も市電の消えた昭和50年代以降、次第に薄れ、現在市民の間で「洛中」が意識されることはほとんどない。

一方、伏見区や山科区など昭和になって京都市に編入された縁辺地区の住民の間では、今でも「京都に行く」「市内に出かける」という言い方がごく普通に使われる。この「京都」も「市内」も中京や下京などの京都市中心市街を指すのだが、もとよりその指し示す範囲は明瞭でない。しかし「洛中」という語が姿を変えて現代に生きていると考えれば極めて興味深い。つまるところ「洛中」あるいは「京中」という語は、その範囲が不明瞭なまま、その時代ごとの「共通認識」として受け継がれてきた語だと言える。

都市災害と文化財[編集]

京都市内には活断層の存在が確認され、歴史的にも大きな被害をもたらしている。 ところで、現在京都市内には、多くの木造建築物や仏像などの文化財が数多く現存しているが、その理由として、これらの文化財は昭和初期までほとんどが住宅地の外にあり、幾たびかの市街地からの延焼をまぬがれてきたから存在するとの研究結果が認知されつつある。 ところが、近時住宅地にのみこまれた文化財は、地震等による大火で失われる確率が過去に無いほど高くなり「非常に危険な状態にある」と危惧する声が有識者の中から上がっている[19]。また、それら文化財自体の地震などへの耐震性についても、現在の基準で判断すると問題のある建物も相当数あるが、解体修理は世紀単位で一度しかできず、莫大な費用を要することから簡単には行なえず、万一耐震不足と認定されれば建物への入場制限を強いられることへの恐れから、診断さえ行われない場合が多い。

小学校[編集]

日本における最初の学区制小学校は、国の学校制度創設(1872年)に先立ち、1869年に創設された64校の京都の番組小学校である。これらの小学校のうち多くは統廃合されたが、22校は現在も残っている。教育機関としての機能だけでなく、役所・警察・消防・保健所等の機能も併せ持っていた。現在でも、番組小学校の学区は元学区と呼ばれ、自治会組織の単位となっている。

観光名所[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kyōto (Japan), ブリタニカ百科事典, (2009), http://www.britannica.com/EBchecked/topic/326030/Kyoto 
  2. ^ Kyōto (prefecture, Japan), ブリタニカ百科事典, (2009), http://www.britannica.com/EBchecked/topic/326029/Kyoto 
  3. ^ エンカルタ:Kyōto, マイクロソフト, (2009), http://encarta.msn.com/encyclopedia_761566962/Ky%C5%8Dto.html 
  4. ^ 平安京に関する「京都」の名は文献上『中右記』承徳2年(1098)3月21日条が初出。この「京都」が普通名詞なのか固有名詞なのかは判断が難しい。
  5. ^ 「京都」が平安時代以降明治維新に至るまで、固有名詞として認知されていたかは難しい問題である。それは東京奠都後の京都において、施政者・知識人の間で「東京」に対抗して「西京(さいきょう)」の呼び名が意識的に使用されたことに伺える。彼らは「東京へ遷都したわけではない」と強弁しつつも「京都とは皇居のある都市」との認識があり「京都」を名乗り続けることへの逡巡もあったのであろう。「京都」が固有名詞として確認されるのは、東京奠都後の明治4年、廃藩置県により「京都府」が設置された時である。
  6. ^ 実際これらの呼び名が定着した時期は明らかになっていない。命名の記録もなく、これら「長安」「洛陽」が正式名称であったとは考えられない。「長安城」の語は平安中期で一旦姿を消し、再び現れるのは鎌倉末期以降である。
  7. ^ 本朝文粋」に収められた源順(911~983)が書いた漢詩に平安京を指して「洛城」と呼ぶ例が見られるから、「洛」の一字をもって京都を表す慣習は早くから成立していたと考えられる。
  8. ^ これら「洛南」以下はいずれも「洛外の」南・北・西・東であることに留意する必要がある。
  9. ^ いわゆる「北に玄武(高山=北山か)、東に青龍(大河=鴨川)、南に朱雀(沢畔=巨椋池もしくは下鳥羽の遊水池)、西に白虎(大道=不明)」を備えた「四神相応の霊地」のことを言うのだが、このことは遷都を記した「日本後記」が断簡しか残らないために事実であったかは不明。四神相応の話は平家物語が今のところ初出。 四神(山川道澤)を具体的に船岡山、鴨川などに充てる説の初出は1984年刊行の「京都大事典」。
  10. ^ 市制#1898年(明治31年)の三大都市特例廃止(「市制中追加法律」(明治31年法律第20号))
  11. ^ 鎌倉初期に成立したと見られる平家物語では圧倒的に「京中」が使われ「洛中」の語はほとんど見られない。対して「入京」「帰京」は全く見られず「入洛」「帰洛」がごく普通に使われている。
  12. ^ ここでいう「左京」とは、現在の「左京区」の区域ではなく、平安京の中心である朱雀大路(現在の千本通)の東側、東京極大路(現在の寺町通)までの範囲を指す。同じく「右京」も朱雀大路の西側から西京極大路までの区域を指した。平安初期には、左京・右京をそれぞれ「東京」・「西京」と呼んだ。
  13. ^ 同書「京都坊名」の項に「東京号洛陽城、西京号長安城」と付記している。洞院公賢はその出典を明らかにしていないが、「洛陽城」「長安城」としているところをみると、本朝文粋などに現れた「洛城」「長安城」にヒントを得た可能性も考えられる。
  14. ^ 村井康彦はさまざまな著書で「左京を洛陽、右京を長安と名付けたのは唐風文化一辺倒であった嵯峨天皇の時だろう」と書いている。
  15. ^ これら坊名は嵯峨天皇により宮城の門の名が和風から唐風に変えられた弘仁9年に、同時に命名されたと考えられているが(村井康彦ら説)、そのことは史書などに現れない。
  16. ^ 例えば、左京の「崇仁坊」「永昌坊」などは長安城から、右京の「豊財坊」「毓財坊」は洛陽城から採用している。
  17. ^ しばしば慶滋保胤が『池亭記』において左京を指して「洛陽城」と書いたとされるが、対して長安の名は文中に見えないから洛陽城をもって京域全体を指していたとも解せられ、この説は認めがたい。
  18. ^ 長安という呼び名が廃れたのは、「長」も「安」も日本では多用される文字であったため「洛」のように一字で洛陽すなわち京都を意味することができなかったためと考えられる(たとえば「上洛」はすぐ理解できるが、「上」「上」では言語としての明晰性に欠ける)。
  19. ^ 重要文化財建造物の総合防災対策検討会 「重要文化財建造物及びその周辺地域の総合防災対策のあり方」 (1-2 重要文化財建造物の周辺地域の防災対策の現状と課題) 平成21 年4月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]