小京都

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小京都(しょうきょうと)とは、古い町並みや風情が京都に似ていることから、各地に名づけられた街の愛称である。室町時代以降、各地の大名が京都を真似た町づくりをし、それが小京都の起源となった。

小京都と呼ばれる地域が集まる団体として「全国京都会議」が存在する。全国京都会議は京都市を含む26市町により、1985年(昭和60年)に結成された。1988年(昭和63年)の第4回総会で加盟基準が次のように定められた。

  1. 京都に似た自然と景観
  2. 京都との歴史的なつながり
  3. 伝統的な産業と芸能があること

以上3つの要件の1つ以上に合致しておれば常任幹事会で加盟を承認される。全国京都会議には小京都のほか、「本家」である京都市も参加し、事務局を同市観光協会内においている。

なお、全国京都会議に加盟していなくても、観光宣伝などを目的とした自称、他称の「小京都」は多い。

全国京都会議加盟自治体[編集]

全国京都会議でポスターを作製しているので、鉄道駅等で目にする機会も多い。

滋賀県大津市と京都府亀岡市は、現在、全国京都会議事務局の京都市観光協会から全国京都会議への加盟の誘いを受けており、両市とも加盟の方向で進めている[1]。 

過去に全国京都会議に加盟していた自治体[編集]

その他の小京都[編集]

以下に挙げるのは、「るるぶ」シリーズなどの旅行雑誌や観光ガイドブック、鉄道雑誌などで「小京都」として紹介されたことがあるところである。中には全国京都会議に加盟している小京都とも遜色のないところもあるが、ライターの趣味的感覚で書かれていたり、地元観光関係者の自称であることが多い。ただし、こうした中にも全国京都会議への加盟を認められるところがある。

旅行雑誌などで「小京都」と紹介されるところはこのほかにもあるが、中には北海道函館市小樽市、神奈川県鎌倉市沖縄県那覇市首里などを「小京都」としているものもある。だが、函館・小樽は街並みの形成が幕末から明治期であり、京都とのつながりも薄く、また首里は琉球王国の古都としての呼び名であり、本項での「小京都」とは歴史的背景を異にする。鎌倉も一般的には京都・奈良と並びかつての全国政権の所在地として「古都」と称され、京都の名を借りるまでもなく独立した観光地として扱われる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]