ポストモダン建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AT&Tビル(現ソニービル)
ジェームス・スターリング、シュトゥットガルトの大学

ポストモダン建築(ポストモダンけんちく)は、モダニズム建築への批判から提唱された建築のスタイル。合理的で機能主義的となった近代モダニズム建築に対し、その反動として現れた装飾性、折衷性、過剰性などの回復を目指した建築のこと。1980年代を中心に流行した。

当初は、「ポスト・モダニズム」という語で使われたが、のちに「ポスト・モダン」で定着した。ひところの流行語だけに、現在ではあまり使われない言葉になってきている。

概要[編集]

モダニズムは合理性、機能性を追求してきたが、そのために都市や建築があまりに味気なくなってしまったのではないか、という批判から、アンチ・モダニズムとしての『ポスト・モダニズム』建築が提唱された。チャールズ・ジェンクスは1960年代以降の建築を特徴づけるために援用し、この用語は有名になった。彼によれば、建築のポスト・モダニズムとは簡単にいえば、「ハイブリッド」(混成的)で、「ラディカルな折衷主義」を意味し、その本質は「二重のコード化」(解釈のレベルの重層化)にあるという(参考:チャールズ・ジェンクス(Charles Jencks)『ポスト・モダニズムの建築言語』1978年)[1]

「ポストモダン建築」においては、モダニズムにおいて否定された装飾や象徴性の回復などが唱えられた。かつてモダニズム建築の旗手であったフィリップ・ジョンソンが、ニューヨークAT&Tビル(1984年、現ソニービル)において、超高層ビルの屋上付近に古代ギリシアの神殿建築に由来するペディメント(三角破風)を装飾として付けたように、古典主義建築からの強引な引用という手法もよく見られる。また、提唱者の一人でもあるロバート・ヴェンチューリは、つまらない建築、俗悪な建築もポストモダンの観点から評価し、ラスベガスの商業建築を論じている(『ラスベガス Learning from Las Vegas』1972年)。

しかし装飾や過去のデザインの引用を正当化するため、その建築の意味や物語を重視したが、それを正当づけるためポスト・モダニズムの定義も導入されたことで建築理論は難渋なものとなった。1989年のフランス・パリでのビブリオテーク・ナショナル(パリ国立図書館)のコンペで、ドミニク・ペローのミニマルな設計案が優勝したころからが「ポストモダンの流行の転回点」とみなされている。以後、1990年代以降の建築の潮流はモダニズムの見直しが行われるほか、ミニマリズムの影響を受けた、できるだけ素材の質を活かした簡素なデザインが増え、一方で脱構築主義建築などのより過剰で複雑な建築も登場している。

建築のポスト・モダニズムの状況は1980年代以降に、思想上のラジカルな近代批判と相まって「折衷主義」や「表現主義」とも結びつき、「脱近代」・「反近代」のイデオロギーが一種の流行となった、バブルヤッピーの金満主義と複合し成立した側面もある。

ポストモダンと称して建てられた作品が、モダニズム建築より景観的に優れているとは限らず、中には建築家の好みを押し付け街並みや景観を乱している事例もある。

代表的作品[編集]

ソフィテル東京ホテル

脚注[編集]

  1. ^ ジェンクスは後に『アイコン建築』Iconic Buildingsという本も書いていて、これには30セント・メリー・アクスビルバオ・グッゲンハイム美術館などが含まれる。

関連項目[編集]