和様建築

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西明寺本堂(滋賀県、国宝) 鎌倉時代初期 側柱を長押で固め、蔀戸を多用した典型的な和様仏堂
霊山寺(奈良県、国宝)弘安6年(1283年)伝統的な和様を順守した保守的な建築。
霊山寺本堂の細部 組物は尾垂木付きの二手先とする。頭貫の木鼻には大仏様の要素がみられる

和様建築(わようけんちく)とは、鎌倉時代に中国から伝わった建築様式(大仏様禅宗様)に対して、それまで日本で寺院建築に用いられてきた寺院建築の様式を指す。単に和様(わよう)とも呼ばれた場合には和様建築のことを指す場合もある。

概要[編集]

もともと寺院建築の様式は中国から伝わってきたものであるが、平安時代国風文化の時代に日本人好みに洗練されていった。大寺院では規模の大きな仏堂もあるが、住宅風に柱を細く、天井を低めにした穏やかな空間の仏堂も造られた。鎌倉時代に中国から新たな様式が伝わってくると、従来の様式との違いが意識されるようになり、やがて和様という言葉が生まれた。

中世においては、禅宗寺院では禅宗様、密教寺院には和様(一部に大仏様を取り入れた折衷様)と宗派と建築様式の区分もあったが、近世に入ると様式の折衷化が進み、密教寺院に一部禅宗様の要素が取り入れられることもあった。

和様の特徴[編集]

  • 柱の上部同士を補強するため、長押を打つ
  • 組物の間に蟇股(かえるまた)という部材を置く
  • 柱は細く、天井を低めにしたものが多い
  • 床を張り、縁側を造る
  • 床下に亀腹を築く

代表的な建造物[編集]

参考文献[編集]

  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』7号、朝日新聞社、1997(霊山寺)
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』80号、朝日新聞社、1997(西明寺、長寿寺)
  • 『週刊朝日百科 日本の国宝』84号、朝日新聞社、1997(明通寺)

関連項目[編集]