三門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
法隆寺南大門(国宝
東福寺三門(国宝)
知恩院三門(国宝)

三門(さんもん)は、元来は門の形式で、中央の大きな門と左右の小さな門との3門を連ねて1門としたものである[1]

仏教寺院に用いられた結果、寺院の仏殿前の門を、形式に関わらず三門と呼ぶ。三解脱門(さんげだつもん)とも呼ぶ。山門とも呼ぶが、これは、寺院がもっぱら山林にあり山号を持つからという[2]

仏教的意義[編集]

三門は空門・無相門・無願門の三境地を経て仏国土に至る門、三解脱門を表すとされる。

建築史的見解では、初期の寺院の門構えは南面する正門、東西2つの副門から構成されており、これを称して三門と呼んだという。時代が下ると左右に脇門が付属する大門の形となり、さらに大門のみとなったが、三門の呼び方は残ったとされる。

三門の名称の由来は、

などの説がある。

三門には扉を設けないものがあるが、これは一切衆生が仏門に入ることを拒まないの大慈悲心を表すものといわれる。三門とは別に山門を構える例もある。

出典[編集]

  1. ^ 広辞苑』「三門」
  2. ^ 広辞苑』「山門」