アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アール・デコ建築のクライスラービル
Maurice Ascalon (1913 - 2003)

アール・デコ:Art Déco)とは、一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ合衆国ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。原義は装飾美術。

幾何学図形をモチーフにした記号的表現や、原色による対比表現などの特徴を持つが、その装飾の度合いや様式は多様である。

概要[編集]

アール・デコは1925年に開催されたパリ万国装飾美術博覧会で花開いた。博覧会の正式名称は「現代装飾美術・産業美術国際博覧会」(Exposition Internationale des Arts Décoratifs et Industriels modernes)、略称をアール・デコ博といい、この略称にちなんで一般に「アール・デコ」と呼ばれるようになった。また「1925年様式」と呼ばれることもある。

キュビズムバウハウスのスタイル、当時発掘が相次いだ古代エジプト美術の装飾模様、アステカ文化の装飾、日本中国などの東洋美術など、古今東西からの様々な引用や混合が指摘されている。世紀末のアール・ヌーヴォーは植物などを思わせる曲線を多用した有機的なデザインであったが、自動車・飛行機や各種の工業製品、近代的都市生活といったものが生まれた時代への移り変わりに伴い、世界中の都市で同時代に流行し、大衆に消費された装飾でもある。富裕層向けの一点制作のものが中心となったアール・ヌーヴォーのデザインに対し、アール・デコのデザインは一点ものも多かったものの、大量生産とデザインの調和をも取ろうとした。アール・デコの影響を受けた分野は多岐にわたり、広まった。

アール・デコは、装飾ではなく規格化された形態を重視する機能的モダニズムの論理に合わないことから、流行が去ると過去の悪趣味な装飾と捉えられた。従来の美術史、デザイン史では全く評価されることもなかったが、1966年パリで開催された「25年代展」以降、モダンデザイン批判やポスト・モダニズムの流れの中で再評価が進められてきた。

建築[編集]

アール・デコ建築としては、1930年頃はニューヨーク摩天楼クライスラービルエンパイアステートビルロックフェラーセンターなど)が有名であり、一世を風靡した。しかし、大恐慌によりアメリカ経済が力を失ってゆくと同時に流行は去った。

日本でも昭和時代初期の一時期、アール・デコ様式が流行した。当時、国際都市であった上海の近代建築にもアール・デコの影響が見られる(サッスーンハウス、フランスクラブなど)。

インテリア家具にもアール・デコが用いられた。チャールズ・レニー・マッキントッシュウィーン分離派フランク・ロイド・ライトのデザインもアール・デコの流れに位置づけられることがある。

アメリカ
ネーピアのT & G ドーム

他、中南米や、オーストラリア、インド、インドネシアなどにもアールデコ意匠の建築は見られる。

インダストリアル・デザイン[編集]

美術[編集]

ポスター・絵画[編集]

(本名アドルフ・ジャン=マリー・ムーロン; Adolphe Jean-Marie Mouron)

(注)コラン、ルーポ、カルリュ、カッサンドルをあわせてアール・デコ期のポスターの(ダルタニアンを含めた)「三銃士」と呼ぶことがある[1]

工芸[編集]

ガラス金属陶芸陶磁器などの工芸作品。)。 他、昭和初期に精工舎が金属・ウランガラス・プラスチックを使用し製作した置時計など。

宝飾・ガラス工芸[編集]

陶芸[編集]

金属工芸[編集]

室内装飾[編集]

ファッション[編集]

ファッションの分野でも広がりを見せた。それまで女性服はコルセットを着用し、ウエストと曲線美を強調するデザインであったが、この時代にはコルセット無しの活動的なデザインの服が作られ始めた。ドレスの多くはウエストの無いストンとした直線的なシルエットを持つ。

日本におけるアール・デコ[編集]

旧・朝香宮

もともとアール・デコには日本の美術から影響を受けた側面がある。

人物[編集]

工芸[編集]

  • オールド・ノリタケ(陶磁器、食器)

建築[編集]

朝香宮鳩彦王夫妻はパリのアール・デコ博で本場の装飾芸術にふれ、フランスのデザイナー、アンリ・ラパンを起用して邸宅を建設した。日本に現存する代表的なアールデコ建築である。内装もフランス直輸入のものを用いている。
1933年(昭和8年) 設計・施工清水組
現在、西館のみ残存。

その他[編集]

  • 氷川丸の装飾などにも影響が見られる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アール・デコのポスター展」展覧会カタログ13ページ
  2. ^ ただし、廿世紀浴場がアールデコ系と言うのがふさわしいかどうかについては、異論もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]