ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本基督教団 大阪教会
池田町洋館街
神戸旧居留地38番館

ウィリアム・メレル・ヴォーリズWilliam Merrell Vories1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家

建築家でありながら、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある。そしてまたYMCA活動を通し、また「近江ミッション」を設立し、信徒の立場で熱心にプロテスタントの伝道に従事した。よく「宣教師」と紹介されるが、彼はプロの牧師ではなくキリスト教徒伝道者である。讃美歌などの作詞作曲を手がけ、ハモンドオルガンを日本に紹介するなど、音楽についての造詣も深かった。

概要[編集]

アメリカのカンザス州レブンワース生まれ。英語教師として来日後、1908年(明治41年)京都で建築設計監督事務所を設立し、日本各地で西洋建築の設計を数多く手懸けた。学校、教会、YMCA、病院、百貨店、住宅など、その種類も様式も多彩である。1941年(昭和16年)に日本に帰化してからは、華族一柳末徳子爵の令嬢満喜子夫人の姓をとって一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と名乗った。「米来留」とは米国より来りて留まるという洒落である。

近江商人発祥地である滋賀県八幡(現:近江八幡市)を拠点に精力的に活動したことから、「青い目の近江商人」と称された。また太平洋戦争終戦直後、連合国軍総司令官ダグラス・マッカーサー近衛文麿との仲介工作に尽力したことから、「天皇を守ったアメリカ人」とも称される[1]

略歴[編集]

  • 1880年 - 米国カンザス州レブンワースで生まれる。
  • 1802年 - この頃から教会の礼拝に出席するようになり、後日、幼児洗礼を受ける。
  • 1900年 - イーストデンバー高校を卒業。コロラドカレッジ理工系課程に入学し、YMCA活動を開始する。
  • 1902年 - 学生宣教義勇軍大会での講演に感激し、外国伝道への献身を決意する。このころ、のちの関西学院第4代院長のベーツと知り合う。文系課程に転じる。
  • 1904年 - コロラドカレッジ哲学科を卒業し、コロラドスプリングスYMCAの主事補となる。
  • 1905年 - 滋賀県立商業学校(現滋賀県立八幡商業高等学校)の英語科教師として来日する。
  • 1908年 - 京都で建築設計監督事務所を開業する(後のヴォーリズ建築事務所)。
  • 1910年 - 建築家のレスター・チェーピン、吉田悦蔵と3人で「ヴォーリズ合名会社」設立する。
  • 1918年 - 結核療養所「近江療養院」(近江サナトリアム、現ヴォーリズ記念病院)開設
  • 1919年 - 子爵令嬢一柳満喜子と結婚。結婚式は自らが設計した明治学院の礼拝堂で挙げた。
  • 1920年 - ヴォーリズ合名会社を解散し「W・M・ヴォーリズ建築事務所」および「近江セールズ株式会社」を設立する。
  • 1930年 - 母校コロラドカレッジよりLLD(名誉法学博士号)を受ける[2]
  • 1934年 - 「近江ミッション」を「近江兄弟社」と改称、また「湖畔プレス社」を設立する。
  • 1941年 - 日本国籍を取得し、一柳米来留(ひとつやなぎ めれる)と改名。ヴォーリズ建築事務所を一柳建築事務所と改称する。
  • 1945年 - マッカーサー近衛文麿との仲介工作をおこなう。
  • 1951年 - 藍綬褒章を受章(社会公共事業に対する功績による)。また、「失敗者の自叙伝」を「湖畔の声」に連載(1957年まで)。
  • 1957年 - くも膜下出血のため、軽井沢で倒れ、療養生活に入る。
  • 1958年 - 近江八幡市名誉市民第1号に選ばれる。
  • 1961年 - 黄綬褒章を受章(建築業界における功績による)。
  • 1964年 - 近江八幡市慈恩寺町元11の自邸(現ヴォーリズ記念館)2階の自室にて永眠。83歳。近江八幡市民葬および近江兄弟社葬の合同葬が行われ、遺骨は近江ミッションの納骨堂である恒春園(近江八幡市北之庄町)[3]に収められる。没後、正五位に叙され、勲三等瑞宝章を受章する。
  • 2014年 - 神戸女学院大学の建物群がヴォーリズ建築初の重要文化財に指定される。

代表建築[編集]

ウィキメディア・コモンズ日本語版カテゴリページにも画像があります。

教会関係[編集]

学校[編集]

  • 明治学院チャペル(礼拝堂)(東京都港区)1916
  • 慶應義塾大学キリスト教青年会館
  • 同志社大学今出川キャンパス内校舎(京都市上京区
    • 啓明館 (図書館)1920 (国の登録有形文化財
    • アーモスト館 1932 (国の登録有形文化財)
    • 致遠館 1916
    • 新島遺品庫
    • 同志社宣教師館(アーモスト館北隣)
      • 建築ではないが、同志社カレッジソングの作詞もヴォーリズが行っている。
  • 京都大学基督教青年会館
  • 京都府立医科大学基督教青年会橘井寮
  • 西南学院大学博物館〔旧西南学院高等学校講堂〕(福岡市早良区) 1921(ジョージアン・コロニアルスタイル)
  • 関西学院大学西宮上ヶ原キャンパス建築群(西宮市) 1929(経済産業省選定「近代化産業遺産群」)スパニッシュ・ミッション・スタイル
    • 時計台(旧図書館、1929)は国の登録有形文化財
    • 外国人住宅 (宣教師館)9棟
    • ハミル館
    • ランバス記念礼拝堂
    • 旌忠碑
    • 商学部
    • 中央講堂
    • 神学部
    • 経済学部
    • 文学部
    • 宗教センター(吉岡記念館)
    • 学院本館及び関連建物
    • 門衛舎等
  • 旧制大阪高等医学専門学校(現大阪医科大学)(高槻市) 1930 講堂・階段教室として建てられた別館が現存(国の登録有形文化財) 。後に附属看護専門学校校舎として使用され、現在は大阪医科大学歴史資料館として公開。
  • 清友園幼稚舎・体育館(現ハイド記念館・教育会館)(近江兄弟社)1931(国の登録有形文化財)
  • 横浜共立学園本校舎(横浜市中区) 1931
  • 神戸女学院大学(西宮市) 1931(スパニッシュ・ミッション・スタイルまたは南地中海様式[7]
    • 正門および門衛舎
    • 汽罐室(ボイラー室)
    • 音楽館(音楽学部1号館)
    • 図書館本館
    • 理学館
    • 文学館
    • 社交館
    • 講堂・総務館・ソールチャペル
    • 体育館(第一体育館)
    • ケンウッド館
    • エッジウッド館
    • 中等部・高等部校舎1号館(葆光館)
    • パーゴラ

などの建造物・各装飾がヴォーリズ作品であり、現存する建物は2014年にヴォーリズ建築初の重要文化財に指定されている。なお、各建物には渡り廊下が付属しており、これも重要文化財になっており、パーゴラは「附指定」として重要文化財になっている。

個人宅[編集]

その他[編集]

保存活動[編集]

旧豊郷町立豊郷小学校校舎
ツッカーハウス

2007年5月、滋賀県近江八幡市や兵庫県西宮市のNPO法人(特定非営利活動法人)など9団体・個人が呼びかけ人となり、北海道から山口県までの約20団体が参加し、「ヴォーリズ建築文化全国ネットワーク」が設立された[8]

豊郷小学校 校舎改築問題[編集]

2001年、ヴォーリズ建築である滋賀県犬上郡豊郷町立豊郷小学校校舎(1937年建設)を巡り、取り壊して改築しようとした町・PTAと、同校舎を残そうと願う一般の人々(卒業生など地元住民、建築関係者)の間で激しい対立が生じた。

他に、同じ滋賀県にあるツッカーハウスヴォーリズ記念病院旧本館)も解体(部分的に保存)が決まるなど古い建築物は解体が免れないものも出てきている。

主著書[編集]

  • 『The evangelization of rural Japan』 近江ミッション、1915年
  • 『A Mustard-Seed in Japan』 近江ミッション、1922年
  • 『吾家の設計』 文化生活研究会、1923年
  • 『吾家の設備』 文化生活研究会、1924年
  • 『一粒の信仰』 春秋社、1930年
  • 『失敗者の自叙伝』 近江兄弟社・湖声社、1970年
  • 『神の国の種を蒔こう』 新教出版社、2014年

参考図書[編集]

参考記事[編集]

  • 『ヴォーリズ没後50年』 日本経済新聞2014年11月15日朝刊文化面 執筆は大阪・文化担当 田村広済。

脚注[編集]

  1. ^ 上坂冬子「天皇を守ったアメリカ人」『中央公論』1986年(昭和61年)5月号
  2. ^ 一柳満喜子は『失敗者の自伝』の「序文」で、「母校コロラドカレッジColorado Collegeは、近江兄弟社の事業に対する功績を認め、米来留に名誉学位を授けました」と記している。
  3. ^ ヴォーリズの設計により、1928年竣工。管理は財団法人近江兄弟社が行っている。
  4. ^ 福島民報2011年3月26日
  5. ^ 東京都選定歴史的建造物ヴォーリズ建築事務所の設計原案に基づき、早稲田大学内藤多仲今井兼次の共同設計
  6. ^ 日本基督教団大阪福島教会
  7. ^ キャンパス紹介
  8. ^ ヴォーリズ建築の保存に取り組む団体の全国組織が発足へ 2007年5月10日” ((日本語)). NikkeiBPnet (2007年5月10日). 2008年5月27日閲覧。

外部リンク[編集]