教会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

教会(きょうかい)

  1. 宗教集団。教団。包括団体。法的には教部省1873年明治6年)に公布した「教会大意」(宗教組織の設立規則。廃止)により規定された呼称。「○○教会」として伝統宗教新宗教に限らず団体名にも用いられている。
  2. 宗教集団。(法人としての)神社寺院に類する個々の単位団体。被包括団体。法的には昭和15年の「宗教団体法」(廃止)に規定された呼称(宗教団体法以前は「教会所」と呼称。)。どの宗教に対しても用いられうる用語である。
  3. 教会 (2) が所有する宗教施設。

教会(きょうかい)とは、共通の信仰によって形成される集団・団体や社会のことである。現在ではキリスト教のそれを意味することが多い[1]が、どの宗教に対しても用いられている言葉である。なお、キリスト教の中でも会衆派系の団体においては「会衆」、ブラザレン派においては「集会」という呼び方をする場合がある。または宗教活動の拠点となる建物・施設がこの名で呼ばれることもあるが、「聖堂」や「礼拝堂」、あるいは「神殿」などと呼ぶほうが適切な場合もある。

キリスト教における教会[編集]

他の宗教における教会[編集]

天理教金光教をはじめとする新宗教だけでなく、神道仏教などの伝統宗教においても、信者が集まる集団・組織または建物を「教会」と呼ぶ。意義についてはそれぞれの項目を参照。伝統宗教においても神道の神宮教会出雲大社教会、仏教高野山真言宗の高野山大師教会や成田山新勝寺の成田山教会、修験道の神変教会など教会を名乗る団体・施設もある。近代に成立した講社的組織が教会と称する例も多い。[要出典]場所によっては、キリスト教以外の教会が地名などに採用されている場合もある(例えば、徳島県鳴門市にある教会前駅の名称は、駅前に天理教の教会(天理教撫養大教会)があることに由来している)。

脚注[編集]

  1. ^ 『デジタル大辞泉』「教会」では「特にキリスト教でいうが、他宗教でも用いられる」とある。また『大辞林第三版』「教会」では「主にキリスト教や新宗教の一部でいう」とある。

関連項目[編集]