PTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本におけるPTA(ピーティーエー、英語: Parent-Teacher Association)とは、各学校組織された、保護者と教職員による社会教育関係団体のことである[1]任意加入の団体であり、結成や加入を義務付ける法的根拠はなくすべての児童生徒のためのボランティア活動というのが本来のあり方である[2]

この項目では、各学校のPTA(単位PTA[3]と呼称される)について主に記述する。単位PTAが協働するために集まった、市町村都道府県・全国の各レベルに存在するPTA連合体(PTA連合会)の詳細については、日本PTA全国協議会全国高等学校PTA連合会の項目を参照。

名称[編集]

PTAの名称は、学校に通う子どもの保護者(Parent)と教職員(Teacher)からなる団体(Association[4])であることから、各語の頭文字を取ったものである(Parent Teacher Association)。

PTA及び類似の団体について、昭和20年代に用いられた名称としては「父母と先生の会」がある。これは、当時の文部省(現在の文部科学省)が発した通達[5]に基づく名称である。その他にも、「親と教師の会」「保護者と教職員の会」、あるいは「育友会(いくゆうかい)」など、学校ごとに様々な名称が付されることもある[6]。各学校のPTAの名称は、各学校のPTAごとの規約に定められる。

なお、これまでの教職員・保護者による組織から発展させる意味で、PTAにC「地域社会(Community)」を加えたPTCAと称するところもある。

また、2010年(平成22年)に公布され、翌年施行[7]されたPTA・青少年教育団体共済法の2条1項には「PTA」の定義がある。

PTA・青少年教育団体共済法(平成22年6月2日法律第42号)
(定義)
第2条 この法律において「PTA」とは、学校学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する学校[8](大学を除く。)をいう。以下同じ。)に在籍する幼児、児童、生徒若しくは学生(以下「児童生徒等」という。)の保護者(同法第16条に規定する保護者をいい、同条に規定する保護者のない場合における里親児童福祉法(昭和22年法律第164号)第27条第1項第3号の規定により委託を受けた里親をいう。)その他の文部科学省令で定める者を含む。以下同じ。)及び当該学校の教職員で構成される団体又はその連合体をいう。

本条項の定義による「PTA」には、単位PTAとPTA連合体の両者を含む。

沿革[編集]

PTAは、1897年アメリカ合衆国で2人の女性により自発的に結成された[9]

明治時代に日本に近代的学校制度が導入された際、各学校(特に小学校)の設立・維持の経費は、地方住民の負担によることを原則とした[10]。その後、学校経費は、主に町村費の負担とされていったが、学校予算は必ずしも潤沢ではなかった。そこで、学校運営にかかる金銭的・労務的負担を軽減するため、学校に通う児童・生徒の保護者や学区の住民によって、学校を支援する任意団体も多く結成された。これらの団体は、「後援会」や「保護者会」、「母の会」と呼ばれる[11]。これらの団体は、学校の経済的支援をもっぱらとし、教育活動に関わることはほとんどなかった。

昭和10年代以降、戦争の激化とその後の混乱の影響で、保護者たちによる団体の活動は一時停滞した。しかし、終戦後には荒廃した学校や教育を支える団体の活動が再び始められ、後のPTAの精神を先取りするような活動や運動も各地で試みられた[12]

1946年(昭和21年)の春、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ/SCAP)の要請によりアメリカ合衆国から派遣された教育使節団が作成した報告書、アメリカ教育使節団報告書(第一次報告書)が発表された。同報告書では、PTAに直接言及はないものの、いくつかの箇所でPTAの理念に及ぶ考え方が示された[13]。また、1947年(昭和22年)4月には、極東委員会も「日本教育制度改革に関する指令」を定め、PTAが民主主義教育推進のために積極的な役割を果たすことを期待し、勧奨した[13]。GHQは、これらの基本方針を元に、総司令部の民間情報教育局(CIE)と地方軍政部が担当して、全国の学校へのPTA(父母と先生の会)の設置を奨励・推進した。実際の事務を担った文部省は省内に「父母と先生の会委員会」を設置して審議研究を進め、同委員会は「父母と先生の会‐教育民主化のために‐」と題するPTA結成の手引き書を作成した。1947年(昭和22年)3月、この手引き書は、文部事務次官名で全国都道府県知事にあてて通達された。通達が出された翌年の1948年(昭和23年)4月には、全国の小・中学校のPTA設置状況は7割を超えた[14]。なお、戦前から存在した各学校の「後援会」などは、あるいはPTAに看板を変え、あるいは地域住民を交えた団体としてPTAとは別組織として存続した。

1952年(昭和27年)10月、東京で「日本父母と先生の会全国団体結成大会」が開かれ、PTAの全国団体が結成された[15][16]。翌1953年(昭和28年)8月には、三重県宇治山田市において、第1回全国PTA研究協議会が開催された。団体の名称は、1953年(昭和28年)「日本PTA全国協議会」に、翌1954年(昭和29年)8月には「日本PTA協議会」に、さらに1957年(昭和32年)8月には再び「日本PTA全国協議会」へと変更され、現在(2015年5月)に至っている。

理念と目的[編集]

保護者と教員が学びあうことで教養を高め、成果を家庭・学校・地域に還元すること。児童生徒の健全な発達に寄与すること。

同時に、民主的な方法で運営するという設計思想があり、PTAは民主主義の演習の場であるという側面を併せ持つ[17]

寄付金を集めたり、教職員を金銭的に支援することなどは、日本のPTA設立当時本来の理念にはなかった。戦後復興のため、やむなく行われた措置である。それゆえ、PTAの「後援会機能」は「従」の位置に属する[18]。この点は時代を経るにつれ、問題点が整理され、文部科学省よりガイドラインが通知されるに至った[19]

PTAの基本[編集]

PTAは官ではない。学校でもない。営利を目的としない、教育を本旨とした団体である。

民主主義の原則にのっとり、自らのあり方を自らで決定していく。発案は会員ならだれでもよく、意思決定の際には、合議をかさねていくのが原則である。活動にあたっては、活動計画、予算決算、新役員、規約改正、議案その他の承認を、年度初めの総会で行うのが通常である。運営にあたっては、コンプライアンスが求められる。なお、コンプライアンスとは、ここでは「法律や倫理などの要求に『従うこと』」[20]とする。類似組織に特定非営利活動法人(NPO法人)、生活協同組合がある。

児童生徒は会員ではない。彼らはひとしく支援対象である。

学校のPTA室を無償で確保でき、学校諸設備を活動に使用できるのは、学校教育法 第百三十七条で規定があるためである。同条で「社会教育その他公共のため」と目的が明文化されていることに留意。従って、ある保護者が活動に参加できないあるいは入会しないことを理由に、その子どもを「登校班に入れない」「行事に参加できない」「配布物をわたさない」などと差別することは、社会通念上許されないうえ、日本国憲法 第十四条違反となる。

公立の学校教育は、地方分権、教育分権にもとづくものである。地方によって財政事情、教育委員会の見解、学校長の見解、風土、住民気質等はことなるので、その特色により、PTAの活動内容は左右される。PTAは地域差の大きいものである。

法的位置づけ[編集]

根拠法[編集]

PTAの結成・加入を義務付ける法律の規定は存在しない。通常の単位PTAには、法人格はない。

日本国憲法第21条において、国民は誰しも自由に結社をすることが保障されている。このため、国民は誰でも希望すれば、「任意加入の団体」としてのPTAを結成・解散および参加・脱退することができる。同条により、さらに、PTAは、PTA連合体に加盟・脱退することができる。官公庁に問い合わせるとPTAは社会教育法の第三章「社会教育関係団体」にあたるとの回答を得られるが、同法には「PTA」や旧称である「父母と先生の会」という文字は存在しない。1948年の社会教育局長通牒「地方における社会教育団体の組織について」では、社会教育関係団体への官公庁からのノー・サポート、ノーコントロールの原則が示された。この原則は、1947年に制定された社会教育法[21]に取り入れられており、社会教育関係団体としてのPTAの活動の自主性が確保されている[22]

管轄官庁[編集]

  • 文部科学省 生涯学習政策局 社会教育課(組織図参照

規約・細則の法的位置づけ[編集]

文部科学省職員執筆の書籍[23]より引用する。

【法令の階層構造】

  • 憲法―法律―政令―省令―告示等 <国が定める法令>
  •          ―条例―規則等    <地方公共団体が定める法令>

法令には、相互に矛盾することなく、法秩序を保持するため、上下の関係があり、その効力に差があります(このことを「法令の階層構造」といいます)。わが国の最高法規は憲法であり、立法府である国会が制定する法律は憲法に反することはできません。また、同様に法律の規定に違反するような政令、省令、条例、規則等を制定することはできません。

「任意加入の団体」であるPTAが制定する規約・細則は、あくまで団体内部のみに通用するルールである。

規約・細則を運用する際には、上位法である社会教育法教育基本法日本国憲法、また地方公共団体の制定する子どもの権利条約等の理念を理解したうえで行うべきである。ましてや上位法等をはずれた慣習を勝手に制定するべきではない。

  • 「『慣習』を全面に押し出すのは、近代法への全面対決」(木村草太 2013)[24]

組織[編集]

単位PTA[編集]

日本では、単位PTAと呼ばれる学校単位でのPTA活動が基本である。

会員[編集]

PTA(親と先生の会)という名称通り、会の事務局を置く学校に児童生徒を通学させる親(保護者)教師が会員である[25]。また、地域の人が会員になるケースがある。これについては、所属するPTAの規約を各自で参照されたい。

児童生徒は、会員ではない。彼らはみなひとしくPTA活動の支援対象である。

PTA連合体[編集]

単位PTAのうち、学区内のPTAがある単位ごとに組織され、市区町村単位のPTA連合体を形成する。オブザーバーとして教育委員会がつくようである。

市区町村単位のPTA連合が組織され、都道府県のPTA連合(協議会とも称する)を形成する。東京都のように、加入率が30%前後のPTA連合もある[26]

日本には、小・中学校を対象とした全国組織の公益社団法人日本PTA全国協議会(通称、日P)が存在し、北海道、東北、東京、関東、東海・北陸、近畿、中国、四国、九州の9つのブロックに分かれている。なお、政令市の中には、都道府県単位のPTA連合には属さずに、直接、日Pに属するものもある。しかしすべてのPTAが日Pに属しているわけではない。日Pに属さず独立して活動していてもPTAを名乗れる点が、アメリカ組織との違いである。

また、高等学校を対象とした組織として、一般社団法人全国高等学校PTA連合会(通称、高P連)が存在している。

なお、国立学校、私立学校は、独自のPTAを組織している模様である。PTAとは称さず、「○○の会」や「○○校保護者の会」といった名称のところがあり、公立学校のPTAとは一線を画す活動内容であるそうだ。

地方行政によるPTAの位置づけ例[編集]

世田谷区のように、PTAを家庭教育への支援と位置づけ[27]教育委員会が委託金を各PTAへ渡して最低でも年4回の研修会を開催させたり、区のPTA連合体で研修を設ける自治体がある。

なお、杉並区立和田中学校藤原和博、代田昭久)のように、公立学校でPTA自体を廃止し、地域のボランティアの住民でつくる「地域本部」に統合しようとする動きがある[28]

活動例[編集]

PTAを本来のボランティア・生涯学習団体(社会教育関係団体)として捉え直し、サークル活動や、固定した定員を設けず参加希望者だけで活動する委員会(委員会とは呼ばず、広報ボランティア、家庭教育ボランティアなどと称する)での活動を、中心に据えるようになった単位PTAが存在する。

「PTA問題」[編集]

PTAは任意で結成し解散でき、参加・脱退は個人の意思に任される団体のはずである。つまり、PTA活動は義務ではない。しかし、これがあたかも義務であるかのような誤解がまかり通っている。これが、PTA活動にいじめや閉塞感をもちこみ、委員役員を事情のある人に押し付け、センシティブな個人情報を会員間に開示させ、ひいては学校内で児童生徒へのいじめや区別の原因となっているのが運営の現状である。

社会的背景[編集]

共働きひとり親家庭シングルマザー等)や介護をする保護者が増えPTA活動ができるほど時間的精神的余裕のある母親が減っている。一方、父親の参加が以前より増えている。余裕を持って活動できる保護者が年々減っている現実がある。保護者代表としてPTAが行政・学校から扱われ、活動が増大するPTAがある一方、逆にPTAの職務を押し付けられて学校が業務過多になるケースがある。

強制加入(自動加入)の問題[編集]

「保護者を会員とする」という規約を定めて、入会申込書は大抵の場合存在しない。退会申込書も大抵の場合存在しない。子の入学直後に保護者からいきなり役員委員を決めるケースが存在する。これらについて「結社しない自由」を侵すもので違法であるとの意見がある[29]。これからのPTA運営にあたっては、会員となる人に、規約細則や活動内容等の資料を配布し充分な事前説明をしたうえで、書面による同意を得ることが必須となる。すなわち、入会申込書等の整備である。

会費抱き合わせ徴収の問題[編集]

給食費等とともに、強制的に会費を口座振替させている事例が存在する。これにより、無自覚に「PTAは義務」「PTAは学校」と思いこむ人が多い。ずさんな経理の温床ともなる。学校事務員が勤務時間にPTA会費を管理することは、公務員の職務専念義務違反に抵触する恐れがある。PTA会費はPTAの責任でPTA会員が単独で徴収、管理するべきである。

学校と混同する問題[編集]

PTAは学校施設を使用して活動する。活動内容には、学校行事の手伝いや環境整備が含まれる。会費抱き合わせ徴収の問題がある。またPTA発行の文書には、差出人が「〇〇小学校(改行)PTA会長〇〇〇〇」という表記が多々見られる。ひどい例では規約に校章が入っているケースが存在する。入学式直後に「みなさんは今日からPTA会員です」と説明し、いきなり委員決めに突入するケースがある。

これらの例から、なにも知らない保護者のなかには「PTAは学校」と混同する人がでる。

誤解を防ぐためには、例えば文書の差出人を「〇〇小学校PTA(改行)会長〇〇〇〇」と改めるとよい。

コンプライアンス欠如の問題[編集]

PTA活動の理念・運営の基本・法的位置づけをしらないまま、活動を細切れにして「仕事」として前年踏襲していった結果、発生していると推測される。

名簿流用問題[編集]

大抵の場合、会員名簿は、学校から提供された児童名簿を充てている。法律上では非会員保護者の同意無しに個人情報を第三者に提供してはいないという判例が出されている[30]

理念の理解不足の問題[編集]

すべての児童生徒のためのボランティア活動を行うという本来のあり方ではなく、会員の保護下にある子ども分会費を払っていると勘違いしているような支出がある。例えば、教職員から徴収した会費を教職員に対して花束やさらに金券などの形で還元して処分されたケースが存在する。また、卒業記念品を貰えない生徒が報告されている。

財政的な問題[編集]

PTAが会費や事業収入等を学校へ寄付する問題がある。 その背景要因として、戦後の貧しい予算、また現在はOECD諸外国より低い教育予算[31]を補完するために、金銭的または人的支援が暗に求められてきた(前述『PTA読本』)。

私費会計であるPTA会費を学校運営に流用することは、法令で保障された「教育の機会均等と義務教育費負担の原則[32]を害する。このため、戦後はPTAが教員の給金を補てんしていた時代もあった(前述『PTA読本』)が、徐々に是正され、自治体によっては「義務教育における私費負担の解消について」[1]という指針を通達し、改善されたところがある。しかしその一方で、依然として、PTA会費を学校運営に流用する自治体があり、2012年5月9日に、文部科学省が実態調査に乗り出している[33]

PTA会費の法律規定外寄付問題[編集]

2012年、公立学校においてPTA会費が流用され、教職員の人件費や校舎の修繕費などに流用されている実態が明るみに出、報道が多数相次いでいる[34]

2012年5月9日、文部科学省がこの流用問題について調査を開始した[35]。2013年1月29日現在、文科省サイトにて結果[36]が確認できる。その概要は「PTA等学校関係団体が実施する事業に係る兼職兼業等の取扱い及び学校における会計処理の適正化について調査しましたので、その結果について公表します。」とあり、詳しくは外部リンク・その中のPDF文書を参照されたい。

PTA会費を学校運営に流用する背景には、教育予算に地方格差が反映されるという現状がある[37]。地方自治体が学校に教育予算を執行し、実際にかかった費用の一定割合を、国が負担する仕組みである。なお、下記報告書によると、文部科学省としては「学校の管理経費(職員の人件費は除く)については、割り当てて 強制的に徴収するのではなく、PTA等学校関係団体等が真に任意に経費の支援を行うことは禁止されていない」の立場である。「学校における会計処理について」(文部科学省2012頃)を参照すると、不適切な寄付事例が閲覧できる。

会費の流用・ずさんな経理の問題[編集]

PTA会費の管理は、独自会計で、PTA会員が行うべきものである。通帳と印鑑の管理はPTAによりことなり、副会長兼務の教諭(教頭)が管理するケース、会計担当保護者会員に任されているケースなどがある。問題は、私費会計である学校徴収金・給食費等と一緒に、PTA会費が学校側に管理されるケースが存在することである。もう一つの問題は、会計には素人である保護者と教員が、会計監査を行うことであり、不正に気付かない原因となる。

会費の流用[編集]

  • 三重県で、教員の出張費や学校設備費などに年間約7億円以上流用[38]
  • 堺市立小学校で、消耗品、学習補助費、図書館費、保健衛生費に8180万円流用[39]
  • 県教育委員会委員に接待など(帳簿にある分だけで約100万円、冠婚葬祭、学校訪問の際の宴席費や手土産代、飲食代、ワイシャツの仕立て券)[40][41][42][43]
  • 県教育長にお中元[44][45][46][47]
  • 県会議員に商品券[48]
  • 市議会議員に金粉入りの清酒[49]
  • 学校の修理、教材、備品費など(一輪車、金管楽器、校訓碑、児童用図書、図書、印刷機、ガラス飾り棚、楽器、カメラ、いす、幕)[50][51]
  • クラブ活動の旅費や学校の備品費、教育活動振興費(300万余円、バレーボールの支柱、バーベル、楽器、自動高圧滅菌器)[52]
  • 県教委幹部への宴席接待や贈答攻勢[53]
  • 臨時職員の謝金(賞与)、図書券[54]
  • 園の備品の購入や職員の研修[55]
  • 事務職員がPTA会費約280万円を流用、依願退職[56]
  • PTAの積立金や会費約205万円を、会計係(当時)の女性が生活費に流用[57]
  • PTA会長、運用資金5000万円流用、横領罪起訴猶予処分[58]
  • 学習補助費など[59]
  • 治療費[60]
  • 消費者金融への返済、交通事故の補償金[61]
  • 借金返済[62]
  • 借金返済[63]
  • 医療費[64]
  • 競馬、住宅ローンに、299万円、教頭を懲戒免職処分[65]
  • ワックスがけ、来賓への弁当、教職員の名刺、校舎内の清掃、コピー機のリース代、校舎の窓の修繕、案内標識板の交換工事、切手購入、スクールカウンセラーへの謝礼、校舎の修繕、職員室の給茶器購入、教員の部活動引率手当、修学旅行下見の教員の旅費、健診時の校医の昼食、卒業式の来賓の弁当、非常勤職員の賃金、寄宿舎の配水管の修繕、学校案内資料の印刷代、樹木の枝切り、校舎のワックスがけ、芝刈り機や製氷機の修理、教職員の県外出張旅費、卒業証書の筆耕料、教職員の名刺代や結婚・出産祝い[66]
  • 約2億4千万円が学校施設の修繕費や教職員の出張旅費などとして使われていた[67]

ずさんな経理[編集]

  • PTA会費など計1133万円を引き出したまま[68]
  • 事務長が横領、不明額は他のものと合わせて3311万[69]

労力に対する成果の少なさ[編集]

主婦労働は価格がタダだからクーポンをきれいに並べる時給100円相当の労働ボランティアをさせたり[70][71],クリスマス会において何色のグミを皿にいくつ足すか決めるのに1時間もかけたり[72]する活動がしられている。

近年の傾向[編集]

近年の傾向としては、PTAが本当に必要かどうか、あるいは、PTAのあり方を整理すべきでは、という議論が起こっている。

2007年より、PTAが本来、自由に入退会できる任意加入の団体であることを周知徹底することで、会の正常化をはかるべきとの声も聞かれるようになった[73][74]

2008年から現在に掛けて、インターネットでのPTAに関する議論が充実してきている。ネット上のみならず有志が東京大学構内でシンポジウムを開いている(2010年8月)[75]。コメント入りのネット署名を内閣府・文部科学省へ届ける有志の活動があった(2012年6月)[76]。報道関係では2012年に入り、PTA問題を体系的に取り上げる新聞が出ている[77]2015年社会問題を読者と一緒に議論する場を、朝日新聞紙面と公式ウェブサイト上に設け、PTAをテーマに据える記事が出た[78]。このウェブアンケート結果は公開されており、個人のPTAに関する考えを属性別に閲覧することができる[79][80]

行政の対応[編集]

2010年2月11日、NPO法人教育支援協会が文部科学省委託事業の一環として開催したシンポジウム[81]で、PTAのあり方が議論された。この席で元文科省官僚寺脇研により、PTAは任意ということが明言され、文科省官僚[82]により教育委員会と校長に対してPTAは任意加入だということを広める約束がされた[83]。このときの様子は新聞報道された[84][85]

「10年くらい前までだったら、文部省に問い合わせがあったら、任意であるとは言わない。私が初めてそれを言った。(中略)日本PTA全国協議会ももちろん言わない。だって会費収入で成り立っているのだから、できるだけ入ってもらおうと思っている。」(寺脇、p41)
「任意か任意でないかといえば任意だという事実があるわけだから、地球が回っているとか1+1が2だと同じこと」(寺脇、p41)
「今の一番の問題は強制義務ボランティアの花は咲かないっていうのは世界共通」(吉田、p44)
「文科省としては少なくとも教育委員会の職員と校長に対しては、PTAは任意加入だということをきっちり広めるために一歩でも二歩でも努力したいと思います。」(神代、p58)

これをうけ、2010年4月26日に、PTAが任意加入の団体であることを前提に優良PTAの推薦にあたるよう、各都道府県教育委員会宛に文科省から事務連絡がなされた[86]

2012年8月、第60回日本PTA全国研究大会 京都大会において、文部科学大臣平野博文が私費会計のあり方について祝辞の中で以下のように言及した[87]

教員が教育委員会の許可無く皆様方であるPTA等をはじめとした学校関係団体が主催する補習等の活動において報酬を受けていた事案や、学校関係団体からなされた寄付等に関し法令上の疑義を生じさせる事案等が指摘されており、5月9日に教育委員会に対して通知を発出したところです。教育委員会の問題ではありますが、長い慣例・慣行があったとしても、社会通念上、許されないことは、今の時代は認められません。PTAにおかれましても、会費の執行については、しっかりとした対応をお願いいたします。

2014年7月14日、大分県杵築市教育委員会が各園・小・中学校長宛に「PTAへの入会の意思確認及び個人情報の提供について(依頼)」という通達を出した[88]

  • PTAは、任意団体でありますので、入会については、本人にその意思があるかを確認する必要があります。これまで入会の意思確認を行っていなかったPTAには、適切な意思確認を行うよう申し入れ等をお願います。
  • PTAは学校と緊密な協力関係にあるものの、学校とは別の組織でありますので、個人情報の保護に関する法律上は、PTAの個人情報の提供に関しては、第三者提供にあたると解されます。そこで、学校がPTAに対して児童生徒やその保護者の個人情報を提供する場合は、あらかじめ第三者提供に係る本人の同意が必要となります。今後、PTAに対し個人情報の第三者提供を行う場合には、本人の同意を得るようお願いします。

これにより、PTAへの入会に伴う意思確認と、個人情報提供(名簿流用問題)へのガイドラインが明確に示されたこととなる。

アメリカのPTA[編集]

億万長者の上院議員の妻であり、教師でもあったフィービー・アパーソン・ハースト

1897年、当時まだ参政権のなかった女性2人、 ウィリアム・ランドルフ・ハーストの母であるフィービー・アパーソン・ハースト英語版アリス・マクレラン・バーニー英語版が、ワシントンD.C.にて全米母親議会(National Congress of Mothers)を開いた。予想に反して、父親や教師や政治家も含め2000人もの人間が集まった。そのため「全米保護者教師議会 (National Congress of Parents and Teachers)」と名称を変え、後に「全米PTA団体(National PTA Organization)」へと発展し、幼稚園の設立、児童労働法、公共保健サービス、給食少年法予防接種の義務化などにつながる活動を行っている[9]

2007年現在、アメリカ国内にある全米PTA団体に属しているPTAは2万3000以上ある。しかし全米の90%以上の学校が何らかの保護者と教師によるグループを持っているにもかかわらず、PTAに正式に属しているのはわずか25%である。残り75%は各自が独立した団体で、PTO、またはHSA、PCCなどと呼ばれる[89]。PTOの割合が高いのは、PTAの方針や運営方法に賛同しない団体が多いほか、私立校には宗教学校が多く、全米PTAよりも母体の宗教団体のガイドラインに沿った活動をするためである。

PTOが学校単位で活動しがちなのに対し、PTAは学校、州、国というヒエラルキーで構成され、すべての子ども達のためという長期的かつ広範囲な目標を持ち、それぞれの単位に合った内容で活動している。たとえば学校単位では、教員や職員をサポート、学校環境の改善、行事などを企画し実行する。州単位では、各学校からの質問に対してアドバイスを与えたり、学区のカリキュラム、州法の改定など州内の子ども達が対象となる事項について話し合いが行われる。国単位では、アメリカの教育政策に対するロビー活動を行っている。

過去にPTAが先鞭をつけた法案には、給食、予防接種の義務化、スクールバスの安全確保、テレビ放送内容のレーティング(年齢制限)などがある。近年PTAが政府関係者に働きかけているものとしては、安全な学校環境、保護者の介入や意向の尊重、給食の栄養標準の改新、公立校の支援強化などである[90]。また全米PTAは毎年子ども達が提出する数万の候補の中からテーマを決定し、そのテーマに基づいて百万点以上が出品される"リフレクションズ" (Reflections) という大規模な芸術コンテストを催している。各学校から選ばれた作品は学区PTA、州PTAに進み、全米PTAで受賞した作品はワシントンDCの教育省で展示される。

カナダのPTAもアメリカ同様、資金集めが目的のオークション・パーティーを行う。ノースバンクーバーの学校PTA主催による70年代ディスコ風オークション・パーティー

各学校のPTAは毎年、メンバーの家庭からPTA会費を徴収する。その中の一部を州PTAと全米PTAに収めることによって、学校の保険ではカバーされないイベントなどのためにPTA団体保険に加入したり、トレーニングを受けたり、州や全米PTAのサポートを受けることができる。

PTAも各学校の特色やニーズに合ったイベントやプロジェクトを立ち上げるが、PTOの強みは、会費の徴収の有無、活動目的や方針まで全てを決められる自由度の高さである。増加するPTOに対応して1999年に出版・サービス会社PTO Todayが幼稚園から8年生の保護者を対象とした雑誌『PTO Today』が創刊され、8万部発行している。PTO Today社は、独立しているPTOをまとめる事業も行っており、会費を払えばPTO Today Plusのメンバーとなって全米PTAと同じようなサービスを受けることができる。

PTA、PTOに限らず、教育熱心な親ほど学校に係わる傾向にあり、一般的にレベルが高い公立校ほどPTA (PTO) の活動が盛んである[91]。PTAが楽な学校を選ぶ日本とは対照的である。また日本が「今年はPTA委員に当たった」と、大量の仕事が一部の人間に集中するという現象が順繰りに回ってくるのに対し、アメリカでは毎年各家庭がPTAに加入するかどうかを訊ねられ、加入することは「今年も自分ができる範囲でPTA活動をする」という意志の表示となる。仕事を持ちながらシーズンを決めて活動する保護者も多く、教育法、会計、美術指導、図書整理や読書指導、作文添削、スポーツ・コーチ、学校周囲の交通整理、広報活動、緊急災害準備、寄付金集め、子どものクラス役員、親睦会、講演会、教職員への感謝週間など自分の専門や趣味を活かせる分野で活動する。私立校の場合は入学と同時にPTAに自動的に入会したり、ボランティア活動と現金寄付のどちらかを選択する学校もある。

諸外国におけるPTAの呼称[編集]

諸外国において、PTAは、 アメリカ合衆国カナダイギリスイギリス連邦諸国、日本などで用いられる呼称である。学校職員 (Staff) を含めた"PTSA"、これまでの教職員・保護者による組織から発展させる意味で、「地域社会 (Community)」を加えた"PTCA"と称する学校もある。アメリカでは100年以上の歴史を持つ非営利組織、全米PTA(National PTA)に属している団体のみがPTAまたはPTSAを名乗り、属していないグループは"PTO" (Parent-Teacher Organization)など他の名称を用いる。

脚注[編集]

  1. ^ 児童・生徒は、PTA会員ではない。みな等しく活動の支援対象である。
  2. ^ ただし、「PTA」の定義については、PTA・青少年教育団体共済法2条1項に定めがある。
  3. ^ メディア等で単に「PTA」と記述される場合、それが単位PTAを指すのか、PTA連合体を指すのか、包括概念であるのかは、判別がつきづらいケースがあるので注意を要する。
  4. ^ アソシエーション(Association)とは、共通の関心で結びつく集団のことであり、対語はコミュニティである。
  5. ^ 「父母と先生の会」参考規約送付について(文部省社会教育局長発、都道府県教育委員会宛、昭和23年12月1日、発社302)
  6. ^ 例えば、志摩市立磯部小学校では「愛育会」と称する(“オレンジ色は「みはる隊」 ベスト目印、団結 志摩・磯部 地域ぐるみ防犯PR”. 朝日新聞 (朝刊・三重版): pp. 23. (2006年1月21日) 
  7. ^ 文部科学省 (2007年). “PTA・青少年教育団体共済法の施行期日を定める政令【条文】”. 2015年4月28日閲覧。
  8. ^ いわゆる一条校を指す。
  9. ^ a b PTA:Our History 1897-1899(英文)
  10. ^ 文部省 (1981年). “学制百年史・三 学制の実施・地方教育行政と学区の設定”. 2015年4月26日閲覧。
  11. ^ 少なくとも大阪では、ひとつの学校に2つの学校支援団体が組織されており、男女別の組織であった(GHQ資料 Social Education - PTA's
  12. ^ 典型例を挙げると、横須賀市立諏訪小学校の「母の会」による保育園の設立・運営や鹿児島県日置小学校の村人全員を網羅する教育後援会がある。これらには、コミュニティスクールの萌芽をみてとれる。
  13. ^ a b 日本PTA全国協議会. “日本PTAのあゆみ、第1章 PTAの誕生と発展、第1節 PTAの誕生”. 2015年4月26日閲覧。
  14. ^ 日本PTA全国協議会. “[nippon-pta.or.jp/n-pta-content/uploads/2014/11/1-2-1.pdf 日本PTAのあゆみ、第1章 PTAの誕生と発展、第2節 PTAの普及]”. 2015年4月26日閲覧。
  15. ^ 日本PTA全国協議会. “日本PTAのあゆみ、第1章 PTAの誕生と発展、第2節 PTAの普及、3.全国団体の組織化”. 2015年4月26日閲覧。
  16. ^ 参加資格は各都道府県と6大都市の協議会とされた。当初参加団体は、岩手、秋田、奈良、滋賀、山口、香川、高知の7県と、京都、大阪の2大市を除いた各協議会となった。
  17. ^ 『父母と先生の會―教育民主化の手引―』社會教育聯合會(1947年6月)
  18. ^ 『PTA読本』(文部省内PTA研究会、時事通信社共編1948)
  19. ^ 学校関係団体が実施する事業に係る兼職兼業等の取扱い及び学校における会計処理の適正化についての留意事項等について(通知)2012年5月9日
  20. ^ 「コンプライアンス」三省堂辞書サイト
  21. ^ http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO207.html
  22. ^ 『学制百年史』文部科学省、1981年
  23. ^ 『文部科学省若手職員が学校管理職の疑問に答える 現代的学校マネジメントの法的論点-厳選10講』第一法規(2011)
  24. ^ 『木村草太の力戦憲法』2013-10-15 23:06:45コメント
  25. ^ 小学校「父母と先生の会」(PTA)第二次参考規約(1954)
  26. ^ 教育ルネサンス PTA再考「作らない」も選択肢(2008年4月2日 読売新聞)
  27. ^ 世田谷区教育ビジョン第2期行動計画 第2部前半(PDF参照)(2008年3月)
  28. ^ PTA:杉並区立和田中が廃止 地域全体で支える仕組みに - 毎日jp(毎日新聞)(2008年3月23日 毎日新聞)
  29. ^ 木村草太 (2013年4月23日). “憲法からみるPTA 強制加入は「結社しない自由」侵す”. 朝日新聞. 2014年7月22日閲覧。
  30. ^ 大きな慣性に逆らって――父親たちの語るPTA 川端裕人×木村草太 シノドス (2014年4月)
  31. ^ 『図表でみる教育 OECDインディケータ(2011年版)』文部科学省編
  32. ^ 義務教育費国庫負担制度の概要(文部科学省)
  33. ^ PTA費、学校運営に流用 12府県市の監査で改善要求(2012.5.10朝日新聞)
  34. ^ PTA会費流用、29都府県で…読売新聞調べ 読売新聞 2012年7月1日
  35. ^ PTA費、学校運営に流用 12府県市の監査で改善要求 - 朝日新聞デジタル(朝日新聞) (2012年5月10日)
  36. ^ PTA等学校関係団体が実施する事業に係る兼職兼業等の取扱い及び学校における会計処理の適正化についての点検・調査結果について
  37. ^ 義務教育費国庫負担制度の概要(文部科学省)
  38. ^ 三重県教委、1億5000万円を公費負担 PTA会費問題、朝日新聞1998年02月11日
  39. ^ 昨年度は総額8180万円 堺市立小学校のPTA会費流用、朝日新聞1998年02月21日
  40. ^ 交際費なく…、苦しい弁明 春日井高校・PTA会費の流用、朝日新聞1989年06月26日
  41. ^ PTA会費で県教委接待 愛知県立春日井高校、朝日新聞1989年06月26日
  42. ^ 金まみれ、県教委の視察 春日井高校のPTA会費流用接待、朝日新聞1989年06月26日
  43. ^ 伊藤・県立春日井高校長、姿見せず、朝日新聞1989年06月27日
  44. ^ 愛知県高校長会、一連の教育界不祥事で注意を喚起、朝日新聞1989年06月27日
  45. ^ PTA会費を教委接待 県教育長に中元も 愛知県立春日井高、朝日新聞1989年06月27日
  46. ^ 虚礼廃止通知、自ら空文化 県教育庁、「私ももらった」、朝日新聞1989年06月27日
  47. ^ 春日井高校、県教育長らへ中元攻勢 PTA費流用の疑い、朝日新聞1989年06月27日
  48. ^ 県議に商品券 校長、着任時に2万円 愛知・春日井高PTA会費流用、朝日新聞1989年06月28日
  49. ^ 権力の影(検証 愛知の教育 カネと人脈:中)、朝日新聞1989年07月03日
  50. ^ もらう学校「慣れっこ」 伊丹市の簡保割引金流用、朝日新聞1989年07月14日
  51. ^ 「簡保還元金」を校費に流用 伊丹市のほぼ全小学校PTA、朝日新聞1989年07月14日
  52. ^ 簡保割引金の校費流用、伊丹・西宮の中学校でも、朝日新聞1989年07月15日
  53. ^ 春日井高校、リベートなどで裏口座 PTAが調査報告、朝日新聞1989年07月21日
  54. ^ PTA会費や「運営費」など流用 三重の養護学校、朝日新聞1989年11月16日
  55. ^ 「PTA再建へ努力を」 市理事会が要望 郡山西幼稚園 大和郡山 、朝日新聞1990年11月09日
  56. ^ PTA会費流用し学校備品購入 事務職員が依願退職、朝日新聞1994年11月16日
  57. ^ PTA会計係が使い込み 学校側が穴埋め 県立鶴見養護学校、朝日新聞1996年04月04日
  58. ^ PTA会長、運用資金5000万円流用 飲食店の運営資金に、朝日新聞
  59. ^ 小・中学校の「徴集金」、流用見さかいなし!?、朝日新聞1997年11月19日
  60. ^ 体罰で負傷した生徒の治療費にPTA会費無断流用、朝日新聞1998年09月16日
  61. ^ 道立浦幌高事務長、200万円着服 借金返済などに流用朝日新聞2000年01月24日
  62. ^ PTA会費など着服の職員免職、朝日新聞2006年05月10日
  63. ^ PTA会費、85万円流用 熊本市立小の元会長、朝日新聞2007年01月18日
  64. ^ PTA会費横領、中学校長を免職、朝日新聞2007年07月24日
  65. ^ PTA会費流用、中学教頭を免職、朝日新聞2008年10月17日
  66. ^ これ、PTA負担か ワックスがけ・来賓への弁当・教職員の名刺 学校徴収金流用 、朝日新聞2012年05月10日
  67. ^ PTA費2.4億円流用 和歌山県立45校、施設修繕や出張に、朝日新聞2012年08月30日
  68. ^ 事務長ずさん経理 一時、1100万円滞納 高崎の中学校、朝日新聞1991年11月21日
  69. ^ 不明額は3311万 高崎・大類中での横領事件(視角)、朝日新聞1992年01月31日
  70. ^ 中央防災会議「災害被害を軽減する国民運動の推進に関する専門調査会」(第12回) 議事録 http://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/undousuishin/pdf/kokuun12-giji.pdf
  71. ^ ベルマーク運動について考える
  72. ^ The PTA: a survival guide for foreign parents, The Japan Times
  73. ^ 川端裕人 (2018年10月17日). “『PTA再活用論―悩ましき現実を超えて』ブログ版”. 2015年5月11日閲覧。
  74. ^ 加筆ありの書籍版、川端裕人 『PTA再活用論―悩ましき現実を超えて』 中公新書ラクレ、2008年10月ISBN 978-4121502940
  75. ^ 川端裕人,岸裕司,寺脇研,吉田博彦 (2010年8月7日). “フォーラム「PTAは『新しい公共』を切り拓けるか」―大人の元気が子どもの元気!”. 2015年5月11日閲覧。
  76. ^ 『PTAの入退会自由に関する請願書』署名簿 web公開version”. 素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA (Think! PTA!) 署名チーム (2012年10月). 2015年5月11日閲覧。
  77. ^ 前田育穂; 堀内京子 (2012年1月15日). “どうする?PTA(上)「入退会自由」-「原則知って」各地で動き”. 朝日新聞 
  78. ^ 堀内京子; 田中聡子 (2015年5月3日). “PTA、経験者に聞く 役員決めは? 活動内容は?”. 朝日新聞: p. 9. http://www.asahi.com/articles/ASH514FDBH51UTIL01W.html 2015年5月11日閲覧。 
  79. ^ “<フォーラム>どうする?PTA(質問:PTAについてどう思いますか?)”. 朝日新聞デジタル. (2015年5月8日). http://www.asahi.com/opinion/forum/003/ 2015年5月11日閲覧。 
  80. ^ “<フォーラム>PTAは必要?不要?(質問:PTAは必要ですか?不要ですか?)”. 朝日新聞デジタル. (2015年5月8日). http://www.asahi.com/opinion/forum/004/ 2015年5月11日閲覧。 
  81. ^ シンポジウム「これからのPTAのあり方」開催”. 教育支援協会. 2015年4月29日閲覧。
  82. ^ 神代 浩幹部名簿”. 文部科学省 (2015年4月1日). 2015年4月29日閲覧。
  83. ^ 教育支援協会 (2010-03-15) (PDF). 平成21年度文部科学省「保護者を中心とした学校・家庭・地域連携強化及び活性化推進事業」『PTAを活性化するための調査報告書』 (Report). pp. 41-58. http://www.kyoikushien.org/pdf/2010PTA/PTA_Doc1.pdf 2015年4月30日閲覧。. 
  84. ^ 阿久沢悦子 (2010年2月21日). “「PTA実は入退会自由」周知の是非シンポで議論-(賛成派「義務化で負担」反対派「活動衰退」)”. 朝日新聞 
  85. ^ 教育支援協会 (2010-03-15) (PDF). 平成21年度文部科学省「保護者を中心とした学校・家庭・地域連携強化及び活性化推進事業」『PTAを活性化するための調査報告書』 (Report). p. 66. http://www.kyoikushien.org/pdf/2010PTA/PTA_Doc1.pdf 2015年4月30日閲覧。. 
  86. ^ 平成22年度 優良PTA文部科学大臣表彰について (PDF)” (2010年4月26日). 2015年4月29日閲覧。
  87. ^ 広報紙『日本PTA』第339号 (Report). 日本PTA全国協議会. (2012-09-30). p. 2. http://nippon-pta.or.jp/pr/page/3/ 2015年4月29日閲覧。. 
  88. ^ 教学第999号「PTAへの入会の意思確認及び個人情報の提供について(依頼)」”. 杵築市教育委員会 (2014年7月14日). 2015年4月29日閲覧。
  89. ^ PTO Today: Frequently Asked Questions(英文)
  90. ^ PTA F.A.Q.(英文)
  91. ^ 求められる父親のPTA参加

関連項目[編集]