竹中工務店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 竹中工務店
Takenaka Corporation
Takenaka-Corp-hq-01.jpg
竹中工務店本社・大阪本店が入居する御堂ビル
種類 株式会社
市場情報 非上場
本店所在地 日本の旗 日本
541-0053
大阪府大阪市中央区本町4-1-13
設立 1909年明治42年)5月16日
創業 1610年慶長15年)
業種 建設業
事業内容 建築
代表者 取締役会長 竹中統一
資本金 500億円
売上高 単独: 1兆0,394億3,900万円
連結: 1兆3,085億9,000万円
総資産 単独: 1兆1,738億9,000万円
連結: 1兆4,137億5,400万円
従業員数 単独: 7,455人
連結: 12,322人
主要株主 (株)TAKプロパティ(42.91%)
(株)アサヒプロパティズ(22.91%)
竹中工務店持株会(10.34%)
竹中育英会(4.20%)
三菱東京UFJ銀行(3.06%)
第一生命保険(1.76%)
竹中統一(1.50%)
竹中大工道具館(1.10%)
東京海上日動火災保険(0.90%)
大丸松坂屋百貨店(0.90%)
関係する人物 竹中錬一
外部リンク http://www.takenaka.co.jp/ (日本語)
特記事項:東京本店は東京都江東区新砂一丁目1番1号に所在。

※ 資本金総額、売上高、総資産額、従業員数は、すべて2007年3月期決算での発表数値。
※ 発行済み株式総数は、2007年3月期時点で1億株。

※ 上記の大株主上位10位以外に、竹中工務店は793万3,268株(7.93%)を自社株として保有している。
テンプレートを表示

株式会社竹中工務店(たけなかこうむてん、英称:Takenaka Corporation)は、大阪市中央区本町に本社を置く大手総合建設会社である。

概要[編集]

江戸時代前期の1610年に、織田信長の元家臣であった初代竹中藤兵衛正高尾張国名古屋にて創業。神社仏閣の造営に携わる。やがて明治時代の到来により、ヨーロッパ型の建築技術を導入すると、当時開港し、都市化し始めた神戸へ進出。数々の建築物を施工し、その名を知られるようになる。

「工務店」という言葉を作り、社名としたのは同社が初めてである。「設計と施工は切り離せない」の考えから「工務」を掲げ、お客様ありきの仕事であるという考えから「店」を用いている。

スーパーゼネコン5社(鹿島建設清水建設大成建設、竹中工務店、大林組)の一つであり、また同じく大阪に本社を置く、鴻池組奥村組錢高組と並ぶ在阪ゼネコンの一社でもある。 これまでに施工した建築物は5大ドーム球場(札幌東京ナゴヤ大阪福岡)を始め、全国有名美術館や商業施設、さらには病院、オフィスビルなど多岐にわたり、施工実績の多さでは国内随一を誇る。

完成工事高で比較しても、国内トップクラスの業績を誇り、売上高(2004年度)の内訳は、97.9%が建築であり、土木は0.8%に過ぎない(土木事業は主に、関連会社の竹中土木が担当)。サントリーホールディングスヤンマーと並ぶ、関西地盤の三大非上場大手企業でもある。「工務店」の名前をはじめて使ったのも同社だが、工務店とは大きくかけ離れたスーパーゼネコン(総合建設請負業)で、全国の建築の主な物件を施工している。

自社の施工した物件を「作品」と呼ぶことでも知られている。スーパーゼネコンの中でもBCS賞(建築業協会賞)を最多受賞しており、設計や品質に対する評価が高く、特命受注の比率も高い。

創業は名古屋だが、設立の地が神戸ということ、現会長の竹中統一が同じ神戸の甲南大学出身ということもあり、近畿の小学校中学校高等学校大学公立私立を問わず)の新築や増改築工事の大半が同社による設計施工である。

創業以来、社長には常に創業家の人物が就いてきたが、2013年3月より宮下正裕が初めて創業家以外から社長に就任した[1]

アトリエ系建築家出江寛早川邦彦菊竹清訓柳澤孝彦鈴木了二等、同社設計部から多くの建築家を輩出している。

コーポレート・メッセージは「想いをかたちに」。

沿革[編集]

不祥事[編集]

マンション建設途中で鉄筋不足の階解体やり直し[編集]

  • 2007年(平成19年)11月19日、東京都港区に建設中の27階建て超高層マンション(高さ約94メートル)の8階部分で、強度の劣る鉄筋が使用されていたとして、8から9階部分を一旦解体して工事をやり直すことが判った。建設途中の上層階を丸ごと取り除くのは異例。[2][3][4]

労災隠し問題[編集]

無許可でアスベストを含むビルの解体[編集]

  • 2006年(平成18年)12月21日、大阪府大阪市中央区心斎橋筋一丁目の商業ビルで行われた耐震補強工事で、大阪府条例の定めるアスベスト飛散基準の31倍のアスベストを飛散させたとして、大阪府は再発防止を勧告すると同時に業者名を公表した[9]
  • 2008年(平成20年)10月09日、東京都港区東麻布のビルを解体した際にアスベストを含んでいると知りながら条例で定められている作業計画を都知事に提出しなかったとして、同年2月に港区長に告発される。麻布署は東京都環境確保条例違反容疑で、竹中工務店(大阪市中央区)と当時の東京本店長(61)を書類送検した[10]

申告漏れ(所得隠し)の発覚[編集]

名古屋市営地下鉄東山線名古屋駅構内への雨水流入について[編集]

企業博物館[編集]

主な施工実績[編集]

公共施設
ビル
商業施設
ドーム・競技場
ホール・劇場
博物館・テーマパーク
ホテル
歴史的建築物・宗教建築
学校
病院
住居
工場・研究所

関連会社[編集]

など

脚注[編集]

  1. ^ “403年目で初の創業家以外の社長誕生”. 東洋経済新報社. (2013年1月31日). http://toyokeizai.net/articles/-/12748 2013年2月1日閲覧。 
  2. ^ 超高層マンション、鉄筋強度不足で部分解体 竹中工務店産経ニュース
  3. ^ 竹中工務店建設の超高層マンションで劣悪鉄筋を使用、日本バイヤーズエージェント協議会
  4. ^ 竹中工務店、痛恨の配筋ミス-「鉄筋不足」報道後に通知
  5. ^ 竹中工務店に関する指名停止措置について、近畿地方整備局、平成19年12月12日PDFファイル
  6. ^ http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071201i106.htm
  7. ^ 竹中工務店が労災隠し、トヨタ車体の工場建設で- 07/12/19 | 共同通信配信NEWS
  8. ^ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20071220k0000m040194000c.html]
  9. ^ 大阪・御堂筋沿いの商業ビル工事、アスベスト大量飛散 朝日新聞社、2006年12月21日22時23分付。2012年10月3日閲覧。
  10. ^ 石綿ビル解体時、申請怠った疑い 竹中工務店を書類送検 朝日新聞社、2008年10月10日8時54分付[リンク切れ]
  11. ^ 竹中工務店3億円申告漏れ 国税局、一部を所得隠し認定 朝日新聞 2013年3月22日
  12. ^ 名古屋地下鉄浸水:隣接JPタワーから漏出…竹中が謝罪毎日新聞 2014年9月26日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]