ニプロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニプロ株式会社
NIPRO CORPORATION
NIPRO.jpg
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8086 1996年12月25日上場
本社所在地 531-8510
大阪府大阪市北区本庄西三丁目9番3号
設立 1948年昭和23年)7月30日(注1)
(和光物産株式会社)
業種 精密機器
事業内容 医療機器、医薬品、ガラス製品の製造販売
代表者 佐野嘉彦(代表取締役社長)
資本金 843億97百万円
発行済株式総数 1億7,145万9,479株
(2012年3月31日現在)
売上高 1,959億42百万円(2011年3月期)
営業利益 172億25百万円(2011年3月期)
純利益 24億55百万円(2011年3月期)
純資産 1,090億37百万円
(2011年3月31日現在)
総資産 4,765億10百万円
(2011年3月31日現在)
従業員数 2,367人
決算期 3月31日
主要株主 サンリ興産株式会社:21.58%
日本電気硝子株式会社:8.39%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口):2.58%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口):2.25%
(2012年3月31日現在)
主要子会社 ニプロファーマ(株):96.8%
ニプロ医工(株):100%
外部リンク www.nipro.co.jp
特記事項:注1 1974年(昭和49年)1月1日に当時休眠会社の当社(当時の商号は(2代めの)日本硝子商事株式会社)が(初代)日本硝子商事株式会社(1954年(昭和29年)7月8日設立)を吸収合併(いわゆる株式額面変更目的の合併)
テンプレートを表示

ニプロ株式会社(英:Nipro Corporation 中:尼普洛)は、大阪市北区に本社を置く企業。医療機器、医薬品ガラス製品の製造販売の運営を行っている。人工腎臓の分野で有力である。

年表[編集]

  • 1954年昭和29年)7月 - 京都市下京区に「日本硝子商事株式会社」を設立し、アンプル用硝子管・錠剤瓶用硝子管の販売を開始。
  • 1959年(昭和34年)11月 - 本店を大阪市大淀区(現・北区)に移転。
  • 1963年(昭和38年)9月 - 魔法瓶用中瓶加工の自動機械を開発し魔法瓶用硝子の販売を開始。
  • 1963年(昭和38年)11月 - ストア事業部として、スーパーマーケット「ニッショーストア」を大阪府豊中市服部に開設。
  • 1965年(昭和40年)4月 - 製薬会社向けに医療機器(輸液セット)の販売を手掛ける。
  • 1969年(昭和44年)8月 - 株式会社富沢製作所(現・ニプロ医工株式会社)を子会社とし医療機器の生産を開始。
  • 1972年(昭和47年)4月 - 株式会社ニプロ(旧)に医療機器の国内販売を担当させる。
  • 1974年(昭和49年)1月 - (2代目の)日本硝子商事株式会社(当社)が(初代)日本硝子商事株式会社を吸収合併(いわゆる株式額面変更目的の合併)。
  • 1977年(昭和52年)5月 - 商号を「株式会社ニッショー」に変更。
  • 1987年(昭和62年)2月 - 大阪証券取引所市場第二部に上場。
  • 1988年(昭和63年)9月 - 菱山製薬株式会社(現・ニプロファーマ株式会社)に資本参加し医薬品分野へ進出。
  • 1990年平成2年)3月 - 大阪証券取引所市場第一部銘柄に指定。
  • 1996年(平成8年)12月 - 東京証券取引所市場第一部に上場。
  • 1998年(平成10年)8月 - 株式会社牧野薬局(現・株式会社ニッショードラッグ)に資本参加しドラッグストア分野へ進出。
  • 2001年(平成13年)
    • 4月 - 株式会社ニプロ(旧)を吸収合併。商号を「ニプロ株式会社」に変更。
    • 6月 - スーパーマーケット部門を会社分割して「株式会社ニッショー」を設立。
  • 2004年(平成16年)4月 - 竹島製薬株式会社(後のニプロジェネファ株式会社、2012年10月にニプロファーマ株式会社へ吸収合併)に資本参加。
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
  • 2007年(平成19年)5月 - 第一三共より子会社の埼玉第一製薬株式会社(現・ニプロパッチ株式会社)の株式を譲受、経皮吸収型投与システム分野に進出。
  • 2008年(平成20年)
    • 8月 - 子会社の新和商事株式会社を吸収合併。
    • 10月 - バイオテクノロジー企業である株式会社リプロセル並びに株式会社細胞科学研究所の株式を取得。
  • 2009年(平成21年)6月 - 中南米において、アークレイ株式会社が製造する自己血糖測定器の販売に関する業務提携を結ぶ。
  • 2012年(平成24年)
    • 4月 - ニプロジェネファ株式会社、ニプロパッチ株式会社、東北ニプロ製薬株式会社の3社を株式交換によりニプロファーマ株式会社の傘下へ異動。
    • 5月 - 代表取締役社長だった佐野實の逝去に伴い、常務取締役国内事業部長の佐野嘉彦が新社長に就任。
    • 9月 - 持分法適用関連会社だった株式会社バイファに係る田辺三菱製薬株式会社との業務提携を解消し、同時に、当社が保有していた株式会社バイファの全株式を田辺三菱製薬株式会社へ譲渡。
  • 2013年(平成25年)
    • 3月 - 株式会社グッドマン株式公開買付けにより連結子会社化。
    • 4月 - 当社の医療機器営業部門及び子会社のニプロファーマ株式会社の営業部門を当社の国内事業部営業本部の下に設置した「メディカル営業本部」と「医薬営業本部」に再編し、ニプロファーマ株式会社の営業部門を当社に統合。
    • 10月 - ニプロファーマ株式会社の子会社であるニプロパッチ株式会社の研究開発部門(「研究開発部」および「ビジネス開発部薬事監査グループ」)を当社に統合し、医薬事業部医薬品研究所に「埼玉分室」を設置。

主な事業所[編集]

東京営業部[編集]

支店・営業所[編集]

札幌、盛岡、秋田、仙台、郡山、新潟、松本、水戸、さいたま、千葉、立川、横浜、静岡、名古屋、岐阜羽島、金沢、京都、大阪、神戸、岡山、広島、高松、大野城、熊本、鹿児島

工場[編集]

研究所[編集]

  • 総合研究所(滋賀県草津市1977年(昭和52年)5月設置、1987年(昭和62年)2月改称)
  • 医薬品研究所(滋賀県草津市)

子会社・関連会社[編集]

医療機器[編集]

  • ニプロ医工株式会社
  • 株式会社グッドマン
  • 株式会社グッドテック
  • ニプロメディカルLTDA.(ブラジル
  • ニプロメディカルコーポレーション(米国
  • ニプロメディカルパナマS.A.(パナマ
  • ニプロメディカルメキシコS.A. DE C.V.(メキシコ
  • ニプロメディカルプエルトリコ,INC.(プエルトリコ
  • ニプロメディカルコーポレーションプロドゥトスメディコスLTDA.(ブラジル)
  • アバンテックヴァスキュラーコーポレーション(米国)
  • ニプロヨーロッパN.V.(ベルギー
  • ニプロフランスS.A.(フランス
  • ニプロポーランドSp. z o.o.(ポーランド
  • グッドマン・メディカル・アイルランドLTD.(アイルランド
  • ニプロタイランドコーポレーション(タイ
  • 尼普洛(上海)有限公司(中国
  • ニプロアジア PTE LTD(シンガポール
  • 尼普洛貿易(上海)有限公司(中国)
  • ニプロセールスタイランドCo.,LTD.(タイ)
  • ニプロインディアコーポレーションPVT. LTD.(インド)
  • 尼普洛医療器械(合肥)有限公司(中国)
  • P.T. ニプロインドネシア ジャヤ(インドネシア
  • ニプロ JMI Co., Ltd.(バングラデシュ
  • ニプロミドルイーストFZE(アラブ首長国連邦
  • グッドマン医療器械国際貿易(上海)有限公司(中国)

医薬品[編集]

糖尿病関連商品[編集]

  • ニプロダイアグノスティクス,INC.(米国)
  • ニプロダイアグノスティックスカナダ, LTD.(カナダ
  • ニプロダイアグノスティックス(UK) LTD.(イギリス
  • 台灣尼普洛醫療器材股份有限公司(台湾
  • ニプロオーストラリア PTY LTD.(オーストラリア

透析関連商品[編集]

  • サルベゴ・ラボラトリオ・ファルマセウティコ LTDA.(ブラジル)
  • ニプロリーナルソリューションズスペインS.L.(スペイン)

ガラス製品[編集]

  • ニプログラスアメリカスコーポレーション(米国)
  • ニプログラスフランスS.A.S.(フランス)
  • ニプログラスベルジャムN.V.(ベルギー)
  • OOOウラルグラスプラント
  • ニプログラスジャーマニーAG(ドイツ
  • ニプロステライルグラスジャーマニーAG(ドイツ)
  • ニプログラスインディア PVT. LTD.(インド)
  • ニプロチューブグラスLTD.(インド)
  • 成都平原尼普洛薬業包装有限公司(中国)
  • 吉林尼普洛嘉恒薬用包装有限公司(中国)
  • 安陽尼普洛昌達医薬包装有限公司(中国)
  • 濮陽市昌達玻璃有限公司(中国)
  • 上海日硝保温瓶胆有限公司(中国)

その他[編集]

  • ニッショー保険サービス株式会社 - 損害保険代理業

社会との関わり[編集]

スポンサー[編集]

社長である佐野實が山梨県出身であり、同県の大阪県人会会長を務めていることなど山梨県唯一のプロチームを支援するため、2006年(平成18年)から2008年(平成20年)までJリーグヴァンフォーレ甲府のユニフォームスポンサーとなっていた。

テレビ番組の提供[編集]

2014年(平成26年)時点
過去

など

在京テレビ局での提供が多い。

外部リンク[編集]