カテーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カテーテル独語: Katheter, 英語: catheter)とは、医療用に用いられる中空の柔らかい管のことである。胸腔腹腔などの体腔消化管尿管などの管腔部または血管などに挿入し、体液の排出、薬液や造影剤などの注入点滴に用いる。

用途により太さや材質は様々である。血管内で用いられるカテーテルはワイヤーメッシュで補強され、トルク伝達性を高めている。カテーテルを通じて、血管内拡張用のステント・バルーンや閉塞用のコイルを送り込み、治療をする事もある(血管内治療)。

一般に、カテーテル操作の際にはガイドワイヤーが必ず先行し、ガイドワイヤーに導かれてカテーテルが進行する。穿刺用の針からまずワイヤーを通し、血管内や管腔内にカテーテルを挿入する方法をセルジンガー法という。

歴史[編集]

1929年にヴェルナー・フォルスマンが自分の腕にカテーテルを刺して心臓まで届いたところをレントゲン撮影したのが初めてと言われている。 フォルスマンはこの研究で人体実験を行ったことを非難され病院を解雇されているが、後にノーベル医学賞を受賞している。

カテーテルの種類[編集]

装着型収尿器とも呼ばれる。コンドーム同様に陰茎に被せて使用し、排泄された尿は、先端の開口部に接続したチューブを通じ、集尿袋等に貯蔵する。陰茎から外れることを防ぐため、サージカルテープ、内部に塗布した粘着剤、サポーター等で固定するようになっている。日本では米国等と比較して普及していないが、尿道カテーテルと比較して非侵襲的で感染症等の原因になる危険性が低く、また、おむつと比較して吸収容量に制約がないことや、陰茎以外の外陰部に尿が付着せず衛生的であることなどの利点から、今後普及することが期待される。

クラス分類と規制[編集]

日本国内においては通常高度管理医療機器に分類される。日本国内での流通には製造販売承認が必要である。また、医療機関等への販売、授与には、高度管理医療機器等販売業許可が必要である。

外部リンク[編集]