野村不動産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野村不動産株式会社
Nomura Real Estate Development Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
163-0566
東京都新宿区西新宿1-26-2
新宿野村ビル
設立 1957年4月15日
業種 不動産業
事業内容 マンション分譲事業、戸建分譲事業など
代表者 取締役社長 中井 加明三
資本金 20億円(2012年4月1日現在)
売上高 2,968億5,961万円(2012年3月期)
従業員数 1,446人(2012年4月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 野村不動産ホールディングス株式会社 100%
外部リンク http://www.nomura-re.co.jp/
テンプレートを表示

野村不動産株式会社(のむらふどうさん)は、野村證券系の総合不動産会社中間持株会社である野村不動産ホールディングス株式会社の直接の完全子会社高級住宅地を中心に分譲しているPROUDシリーズで知られる。

概説[編集]

総合不動産会社では業界5位。本社は、西新宿の高層ビル群の中の新宿野村ビル。 2004年秋に持ち株会社制へ移行、純粋持株会社野村不動産ホールディングス株式会社が2006年10月3日に東京証券取引所第一部に上場した。

住宅分譲が事業の柱で、近年供給戸数は業界トップクラスにまで成長。2012年には初めてマンション供給戸数ランキング(全国)で首位となった。※全国1位(6,181戸)、首都圏1位(4,437戸)、近畿圏6位(1,012戸)。

基幹ブランドのPROUDでは、商品企画段階からグループのマンション管理会社である野村リビングサポートが参画し、販売も自社自身で行う製販管一体体制が特徴。PROUDシリーズでは静謐な住環境で伝統ある街、特に高級住宅地などでの分譲実績が多い。そのため価格は周辺のマンションに比べやや高めの設定になる場合が多い。2011年からは、初めてマンションを購入する顧客層に向けて、郊外を中心に第2ブランドオハナの展開を首都圏で開始した。

会社沿革[編集]

  • 1957年昭和32年) - 野村證券から分離独立、ビルの賃貸・管理を主業務として不動産事業を開始
  • 1961年(昭和36年) - 鎌倉・梶原山住宅地の開発でディベロッパー業務を開始
  • 1963年(昭和38年) - コープ竹の丸の建築でマンション分野に進出
  • 1966年(昭和41年) - オーバーシーズエンタープライスと販売提携し、芝生霊園(相模メモリアルパーク)の販売を開始
  • 1972年(昭和47年) - フィジー島の別荘地分譲を開始、海外事業に進出
  • 1978年(昭和53年) - 新宿野村ビル完成(1975年7月着工)。本社を日本橋から移転
  • 1989年平成元年) - 鶴川緑山倶楽部オープン。フィットネス事業に進出
  • 2002年(平成14年) - 会社シンボルマ-ク発表。住宅の統一商品・サービスブランド名「PROUD」を発表
  • 2004年(平成16年) - 直接の親会社であった野村土地建物株式会社が、野村不動産ホールディングス株式会社に野村不動産株式を現物出資したことから、野村不動産ホールディングスの完全子会社となる。これにより、野村不動産ホールディングス株式会社による持株会社体制へ移行
  • 2006年(平成18年) - 野村不動産ホールディングス株式会社が東京証券取引所市場第一部に上場

分譲実績[編集]

東京都では麻布駒込本郷白金台松濤成城など、神奈川県では山手町埼玉県では浦和兵庫県では芦屋市と名だたる高級住宅地への分譲実績が多い。

諸問題[編集]

市川市再開発マンション鉄筋不足事件
  • 2005年8月 市川市はJR市川駅南口前の再開発区域の45階建てのマンション建設(A棟)を、三井不動産レジデンシャル清水建設・野村不動産の3社に発注し、清水建設が着工した。
  • 2007年10月 30階まで完成した時点で、鉄筋の不足が発覚し、工事が一時中断した。
藤沢市鵠沼橘の高層マンション建設問題
  • 2009年12月 藤沢市の高層マンション建設に関連して、市土地開発公社に一部敷地を実勢価格の4倍以上で売却していたことが問題として取りざたされている。

関連会社[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]