SMBC日興証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SMBC日興証券株式会社
SMBC Nikko Securities Inc.
Shin Marunouchi Building.JPG
新丸の内ビルディング
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 日興
本社所在地 日本の旗 日本
100-8225
東京都千代田区丸の内3-3-1
設立 2009年6月15日
業種 証券、商品先物取引業
金融機関コード 9521
SWIFTコード NKSCJPJT
事業内容 総合証券業
代表者 代表取締役社長 久保哲也[1]
資本金 100億円
売上高 2,805億03百万円(営業収益)
営業利益 727億10百万円
経常利益 734億35百万円
純利益 449億36百万円
純資産 5,096億19百万円
総資産 6兆6,646億53百万円
従業員数 7,476人 (2013年3月31日現在)*SMBC日興証券単体
決算期 3月末日
主要株主 株式会社三井住友銀行 100%
関係する人物 遠山元一(日興證券創業者)
外部リンク http://www.smbcnikko.co.jp/
特記事項:2009年10月1日に、(旧)日興コーディアル証券株式会社より吸収分割にて事業を承継。経営指標は全て2010年3月期の(旧)日興コーディアル証券と日興コーディアル証券の合算値。
テンプレートを表示

SMBC日興証券株式会社(エスエムビーシーにっこうしょうけん 英称SMBC Nikko Securities Inc.)は、日本3大証券会社の一つである総合証券会社。三井住友フィナンシャルグループの一員である。

1918年川島屋商店として創業。2009年10月より三井住友フィナンシャルグループの一員となる。2011年4月に商号日興コーディアル証券株式会社から変更[2]

概要[編集]

旧法人[編集]

1998年に三大証券会社の一角であった日興證券は、トラベラーズ(現シティグループ)と提携し、1999年にホールセール(法人向け証券業務)・投資銀行事業を「日興ソロモン・スミス・バーニー証券(現シティグループ証券)」へ移管した。それ以後の同社はリテール部門の証券(販売)会社といった位置づけである。

日興の証券持株会社制への移行に伴い、2001年3月証券業の準備会社である日興證券分割準備株式会社を設立し、同年10月1日に日興證券株式会社(同日付けで株式会社日興コーディアルグループへ商号変更)から準備会社が承継。「日興コーディアル証券」への社名変更を経て事業開始した。しょうけんの字が常用漢字に変更されている。

その後、2006年の粉飾決算の影響もあり、2007年以降はアメリカ金融大手シティグループの傘下にグループごと入り、シティの日本事業と統合を進めた。これにより、金融グループ企業日興シティグループを構成する中核リテール証券企業となった。

現法人[編集]

シティグループが、2008年の金融危機以降の業績悪化から経営再建をするため、傘下におさめた日興グループを売却することとなり、証券事業については三井住友フィナンシャルグループが取得することとなった。

まず、三井住友銀行が、完全子会社として日興コーディアル証券分割準備株式会社を設立。2009年10月1日に、日興シティホールディングス株式会社の子会社である(旧)日興コーディアル証券株式会社(リテール事業会社)が全事業について、日興シティグループ証券株式会社(ホールセール事業会社)が一部事業について、それぞれ会社分割を実施して日興コーディアル証券分割準備株式会社に承継させた。そして、日興コーディアル証券分割準備株式会社が(新)日興コーディアル証券株式会社に商号変更して、三井住友フィナンシャルグループの総合証券会社として再出発した。なお、(旧)日興コーディアル証券株式会社はシティグループ・オーバーシーズ・ホールディングス株式会社に、日興シティグループ証券株式会社はシティグループ証券株式会社に、それぞれ商号変更している。

商号・本店[編集]

登記上の本店は、東京都千代田区丸の内の本店店舗が入居している新東京ビル。本社機能は東京証券取引所横にある兜町日興ビルに置いている。同ビル(中央区日本橋兜町)においては店頭営業がされていない。

沿革[編集]

  • 2001年(平成13年)
    • 3月29日 - 日興證券分割準備株式会社設立。
    • 10月1日 - 日興證券を会社分割・持株会社化し、日興コーディアルグループへ社名変更。証券事業を準備会社が承継、日興コーディアル証券株式会社へ商号変更し事業開始。
  • 2006年(平成18年)12月18日 - 親会社・日興コーディアルグループ粉飾決算が発覚。
  • 2007年(平成19年)5月9日 - シティグループが同日付けで日興コーディアルグループの株の61.08%を保有する筆頭株主となったことで、事実上同社の傘下となる。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月29日 - シティグループが同日付けで日興コーディアルグループとの三角合併を行い、事実上同社の完全子会社となった。
    • 5月1日 - 日興コーディアルグループとシティグループ・ジャパン・ホールディングスが合併、合併会社の日興シティホールディングスが親会社となる。
    • 5月3日 - シティグループ傘下のシティバンク証券吸収合併
  • 2009年(平成21年)
    • 5月1日 - シティグループが三井住友フィナンシャルグループに日興コーディアル証券および日興シティグループ証券の一部を売却することで合意。
    • 10月1日 - 三井住友銀行の子会社「日興コーディアル証券分割準備株式会社」が、日興コーディアル証券から全事業と日興シティグループ証券等から一部事業とを分割承継し、商号を(2代目)「日興コーディアル証券株式会社」に変更。
  • 2010年(平成22年)
    • 10月15日 - 三井住友銀行を所属行とする銀行代理業の認可を取得。
    • 10月18日 - 東北6県と四国4県の県庁所在地に所在する当社支店で、三井住友銀行の普通預金および定期預金の新規口座開設取次業務を開始[3]
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 日興コーディアル証券株式会社からSMBC日興証券株式会社に商号変更[2]

個人向け商品取引サービス[編集]

かつての総合証券として幅広い金融商品の販売を行っており、2001年のコーディアルへの社名変更を機に、個人顧客の通信取引(オンライントレード/電話)と店舗での対面取引を一体化させた新形態「ワンストップ・チャネル」を明確に打ち出し、店舗では資産運用のコンサルティングを重点に行っている。

オンライントレードは日興證券時代の1996年に「ホームトレードワン」をスタートし、社名変更時に現行の「日興イージートレード」に改めた。1999年にオンライントレード専業の日興ビーンズ証券[4]を設立しているため、コーディアル証券では店舗取引を併せた「ワンストップチャネル」での契約となっている。 他に、2004年に業務提携したローソンが金融商品取引仲介業者となっている「ピーカブー」があった。

2010年には、三井住友銀行を所属行とする銀行代理業の認可を取得したことに伴い、東北6県および四国4県の県庁所在地に所在する支店で、同行の普通預金と定期預金の新規口座開設の取次業務を開始した。該当する支店には、アットバンクと同行の通帳記帳機・繰越機を併せて設置し、稼動させる。今後は、SMBC空白域を中心に拡大していく方針としている[3]

法人向け持株会サービス[編集]

Nikko For-ONEシステム・持株会残高照会サービスとして、持株会への入会等各種申込みや、株式持分残高等の情報提供を行っている。

ただし、利用可能なのは平日の8:00~22:30のみであり、時価評価も行われないので注意が必要である。

グループ会社[編集]

  • 日興アイ・アール株式会社
  • 日興企業株式会社
  • 日興グローバルラップ株式会社
  • 日興システムソリューションズ株式会社
  • 日興年金コンサルティング株式会社
  • 日興ビジネスシステムズ株式会社
  • 日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社
  • 日興プロパティーズ株式会社

キャラクター[編集]

  • コーディアル証券・コーディアルグループ事業開始当初の2001年10月より、イチローがCMキャラクターを務めている。
  • 日興證券時代には、絵本「ウォーリーをさがせ!」のウォーリーが登場した。
  • 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)1部の川崎フロンターレのスポンサーとなっており、同チームの選手ユニフォームの背中にはこのピーカブーのマスコットであるカブ(蕪)のイラストとロゴが入っていた(2005年-2007年9月)。等々力陸上競技場でのフロンターレのホームゲームや、川崎市民ミュージアムでのトークショーなどのイベントにこの蕪の着ぐるみが登場し、同チームのサポーターに広く認知されている。

テレビ提供番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 代表取締役社長の交代について (PDF) - SMBC日興証券株式会社 2013年3月26日
  2. ^ a b 商号変更に関するお知らせ (PDF) SMBC日興証券株式会社 2011年4月1日
  3. ^ a b 日興コーディアル証券と三井住友銀行との銀行代理業の開始について (PDF, 日興コーディアル証券ニュースリリース:2010年10月18日)
  4. ^ 旧マネックス証券を吸収し、マネックス・ビーンズ証券と改称した後、改めて消滅法人の名称であったマネックス証券に改称。現在に至る

外部リンク[編集]