ISO 9362

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ISO 9362国際標準化機構によって承認された金融機関識別コードの標準書式である。

SWIFTコードSWIFTアドレスないしはBICコードとして知られ、銀行間の送金、特に国際的な送金に使用されている。


概要[編集]

コードは8文字か11文字で構成されている。

  • 4文字 - 金融機関コード
  • 2文字 - ISO国名略号
  • 2文字 - 所在地コード
  • 3文字 - 支店コード、任意付与('XXX'は本店)

8ケタコードを与える場所は本店(本社)であることが多い。例として、国際的な銀行であるドイツ銀行を挙げる。ドイツ銀行は本社としてドイツのフランクフルトに拠点を置いている。 本店へのSWIFTコードはDEUTDEFFである。DEUTはドイツ銀行を特定、DEはドイツへの国名略号、そして、FFはフランクフルトへのコードである。

SWIFTコードを使用している銀行は、11ケタの拡張コードを使用して、国際間の送金が特定の支店へ向けられるのを許容する場合もある。その場合には支店コードにあたる9文字目から11文字目を個々の支店か処理領域に割り当てることになる。例えば、DEUTDEFF500はドイツ銀行のバートホンブルク支店への送金を許容していることになる。

国際銀行間通信協会(SWIFT)はこれらのコードの登録を扱っている。そのため、金融機関識別コード(BICs)はしばしばSWIFT addressesやSWIFTコードと呼ばれる。

現在7500以上のコードが利用されており、さらに手動の取引に使用することができるおよそ1万の追加BICコードがある。

日本でのISO 9362[編集]

日本では、銀行間の資金移動において、SWIFT(国際銀行間通信協会)に拠らないインフラが整っているため、国内取引にSWIFTコードが使われることはほとんどない。しかし一方で、国内取引をSWIFTに依存する国も存在すること、またSWIFT自体は送金取引のためだけに用いられるものではない(SWIFTコードが付与されたからといって外国からの送金を受け付けるわけではない[1])ことに注意が必要である。

海外でのISO 9362[編集]

アメリカではSWIFTコードの代わりとして「ABAコード」が主流になっている。その他、イギリスフランスなど独自のコードによって認識していたが、最近になってIBANコードに統一された。IBANコードは銀行の所在国、支店、口座番号を特定するコードであり、低コスト、迅速、正確を目的とする。IBANコードを記載しないと送金に追加料金を科される場合がある。

脚注[編集]

  1. ^ 例えば、2007年9月に開業した住信SBIネット銀行では、SWIFTコードの付与を受けているが海外からの送金には対応していない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]