ISO/IEC 7813

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ISO/IEC 7813は金融機関カード(銀行キャッシュカードクレジットカード)の国際規格である。形状および磁気トラックのデータ構造を定めている。

形状[編集]

ISO/IEC 7813ではカードの物理的形状を、大部分について以下の関連規格を引用する形で規定している。

エンボス文字

ISO/IEC 7811を引用。

エンボス上の有効期限

形式は「MM(月)/YY(年)」または「YY(年)/MM(月)」。

磁気ストライプ

ISO/IEC 7811を引用。

接触型IC

ISO/IEC 7816-1を引用。

非接触型ICカード

ISO/IEC 10536-1(密着型)、ISO/IEC 14443-1(近接型)、ISO/IEC 15693-1(近傍型)を引用。

磁気トラック[編集]

Track 1[編集]

第1トラックのデータ構造。なお、第1トラックは国際航空運送協会 (IATA) が制定した。

  • STX : 開始符号 "%"
  • FC : フォーマットコード "B"("A"は予約済のため使用不可)
  • PAN : ISO/IEC 7812-1で定義された最大19桁の口座番号(カード番号)
  • FS : セパレータ "^"
  • NM : 氏名。2〜26文字(姓・名・その他の間を必要に応じて区切る)
  • FS : セパレータ "^"
  • ED : 有効期限。4桁 もしくは "^"
  • DD : 自由に使用できる領域
  • ETX : 終了符号 "?"
  • LRC : 水平冗長検査文字。ISO/IEC 7811-2で算出方法を規定している。

全体で最大79文字の英数字。

Track 2[編集]

第2トラックのデータ構造。なお、第2トラックは米国銀行協会 (ABA) が制定した。

  • STX : 開始符号 ";"
  • PAN : ISO 7812-1で定義された最大19桁の口座番号(カード番号)
  • FS : セパレータ "="
  • ED : 有効期限。YY(年)MM(月)。未存在時は "="
  • SC : サービスコード。3桁 未存在時は "="
  • DD : 自由に使用できる領域
  • ETX : 終了符号 "?"
  • LRC : 水平冗長検査文字。ISO/IEC 7811-2で算出方法を規定している。

全体で最大40文字の数字。

参考文献[編集]