PDF/X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

PDF/Xは、国際標準化機構(ISO15930)で定義された標準PDFのサブセット。PDF/Xの目的は、グラフィックの交換を容易にすることであり、標準のPDFには当てはまらない印刷に関連する一連の要求がある。例えば、PDF/X-1aでは、すべてのフォントは埋め込まれる必要があり、すべてのイメージのカラーはCMYKまたは特色である必要がある、など。また、PDF/X-3ではICC付きのRGBカラーにも対応している、などである。

印刷条件または「output intent」は、ファイルの中で定義されている必要がある。これは、「CGATS TR 001 SWOP」のようなコードを用いた標準プロファイルの形式で指定できる。

PDF/Xファイルの中にあるグラフィックは、それぞれ自身のカラープロファイルを取得しており、ファイル全体はCMYKの場合でも、個々のグラフィックは(調整情報の付いた)RGBの可能性がある。

動きのあるコンテンツは、PDF/Xファイルの中に含めることができない。このことは、フォーム・署名・コメント・音声や動画の埋め込みといった標準PDFの機能に、PDF/Xでは対応していないことを意味する。

参照[編集]

外部リンク[編集]

いずれも英語。

ISO仕様書の日本語による概要説明。