Dublin Core

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Dublin Core(ダブリン・コア、略称DC)とは、メタデータ記述に使う語彙の通称。その語彙が共通の認識となるように、慎重な設計がされた基本語彙セットおよびそれらをサポートするメタデータ語彙が公開されている。Dublin Core Metadata Initiative によって提唱され、2003年には ISO 15836[1] 及び NISO Z39.85[2] によって国際標準となった。

名前の由来は、OCLC主催で情報学やWeb技術の専門家によるメタデータに関する第1回会合が開かれたアメリカオハイオ州の町ダブリンによる。

WWW上におけるリソースに関する情報を記述して有用な情報の探索・発見に役立てる目的で作られた。 特に、Webページの作者など専門家でなくとも簡単に記述できることを目指して、簡易なメタデータを作成するとの意図から作られたため、必ず記述しなければならない必須項目や、各項目の記述順序は無く、同一項目を複数回使用することも自由である。

Dublin Coreはメタデータを記す際に用いられるRDFや、HTMLのhead要素などに埋め込むことにより、メタデータの共通化を計ることが可能になるという利点がある。

またDublin Coreの基本語彙は、RSS (RDF Site Summary)の公式モジュールとして採用されたり(一部の要素はコアモジュールに取り込まれている)、FOAF (Friend of a Friend)などでよく使われ、Semantic Web関連技術のサポートに貢献している。

基本要素一覧[編集]

Dublin Coreには15の基本要素と呼ばれるものがある。また基本語彙にあわせて、より詳細な情報を記述するための修飾子などが用意されている。

ここでは基本語彙のみを記す。

Title 
タイトル。通常はあるリソースが公式に知られる名前を指す。
Creator 
制作者。リソースの内容に責任を持つもの。人や組織などがあげられ、その名前を記すことが常となっている。
Subject 
テーマ。リソースの内容が持つトピック。まとめられた語彙の中から使うことが望ましい。
Description 
詳細。リソース内容の説明。要約、目次など形式は定められていない。
Publisher 
提供者。リソースを発行に責任を持つもの。Creatorに同じく人や組織などがあげられ、その名前を記すことが常である。
Contributor 
協力者。リソースの内容に協力するもの。人や組織などの名前を示す。
Date 
日付。リソースに関する主要な出来事が起こった日付(更新日、作成日など)を記述する。ISO 8601の書式に則ることが推奨される。
Type 
タイプ。リソースの内容が持つカテゴリ、ジャンルなど。まとめられた語彙から使うことが推奨されている。なお、物理的/デジタル化されているものには、format要素を用いることが定められている。
Format 
フォーマット。リソースが持つ物理的/デジタル化されている性質。メディアタイプなどがあげられ、リソースを処理するソフトウェアやハードウェアを知るための手がかりとすることができる。MIMEなど、メディアフォーマットとして定められた語彙を使用することが望まれる。
Identifier 
識別子。曖昧さのないものが必要とされる。URIやISBNなどが相当する。
Source 
ソース。リソースが参照しているもの。公式な識別システムに従っている文字列や番号が望ましい。
Language 
言語。リソースがどの言語で書かれているのかを、RFC 3066の言語コード書式で書くのが望ましい。
Relation 
関連。関連リソースを公式な識別システムに従っている文字列や番号で記述するのが望ましい。
Coverage 
範囲。地名や緯度経度などで表記されるものや、日付、管理している範囲など。地名や時代の名前が緯度経度や日付より推奨される。
Rights 
権利。著作権や知的所有権などの権利に関する情報を記述する。この要素が記述されていない場合にリソースの権利情報を推測しても、それは何も意味しないことに注意すること。

外部リンク[編集]

要素セット[編集]

規格[編集]

  1. ^ ISO 15836:2003
  2. ^ ANSI/NISO Z39.85 - The Dublin Core Metadata Element SetNational Information Standards Organization

文書一覧[編集]

関連項目[編集]