Uniform Resource Identifier

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Uniform Resource Identifier(ユニフォーム リソース アイデンティファイア、URI)または統一資源識別子(とういつしげんしきべつし)は、一定の書式によってリソース(資源)を指し示す識別子1998年8月に RFC 2396 として規定され、2005年1月に RFC 3986 として改定された。URI はUniform Resource Locator (URL) の考え方を拡張したものである。

URI は http/httpsftp などのスキームで始まり、コロン (:) による区切りのあとにスキームごとに定義された書式によってリソースを示す。また、URIによって示されるリソースはコンピュータが扱うデータに限らず、人や会社、書籍などを示すことも可能である。

URIスキームはIANAによって登録されたものが公式なものとされている。ircjavascript のように未登録ではあるが広く使われているスキームも存在する。

URL と URN[編集]

URI, URL, URN の集合図

URI には、以下の2つのサブセットがある。

Uniform Resource Locator (URL)
リソースの「場所」を識別する。ネットワーク内の位置を示してリソースを同定する。
Uniform Resource Name (URN)
リソースの「名前」を識別する。もしネットワーク上にリソースが無くなっても、一意で永続的な識別を行えるようにする。例えば urn:ietf:rfc:2648 というURNは、RFC 2648への参照を示す。

2001年、W3CRFC 3305[1]内で、上記の考え方を古典的な見解とした。ここで示されたW3Cの新たな考え方により、従来のURLとURNとはすべてURIと呼ばれることになった。URLやURNといった語はW3Cによって非公式な表現とされた。

2012年、W3CはURLの仕様についてワーキングドラフトを発行し、改めて標準化を開始した。

関連項目[編集]

参考資料[編集]

  • RFC 2396 - Uniform Resource Identifiers (URI): Generic Syntax (旧)
    • TS X 0097:2004 - 統一資源識別子(URI) 共通構文 標準仕様書(TS)
  • RFC 3986 - Uniform Resource Identifier (URI): Generic Syntax
  • URI Schemes - IANAのURIスキーム登録簿

脚注[編集]