メリルリンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
  • メリルリンチ・アンド・カンパニー・インク。後述。
  • 日本におけるメリルリンチ。メリルリンチ日本証券を参照のこと。

メリルリンチ
Merrill Lynch & Co., Inc.
種類 公開会社
市場情報
NYSE MER
東証1部 8675 1986年11月18日 - 2008年12月25日
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ニューヨーク市ワールド・フィナンシャル・センター 4
設立 1973年(創業1914年
業種 証券、商品先物取引業
事業内容 銀行
資産管理
保険
投資銀行
代表者 ジョン・A・セイン(会長兼CEO)
資本金 271億6300万ドル
(2007年12月28日現在)
売上高 626億7500万ドル
(2007年12月28日終了事業年度)
総資産 1兆0200億5000万ドル
(2007年12月28日現在)
従業員数 約64,200名(2007年12月28日現在)
決算期 12月の最終金曜日
主要株主 テマセク・ホールディングス(プライベート)リミテッド及びその特定の子会社 9.02%
ステイト・ストリート・バンク・アンド・トラスト・カンパニー 7.81%
アクサ及びアクサ・ファイナンシャル・インクを含む特定の関連企業 5.48%
外部リンク www.ml.com(英語)
テンプレートを表示

メリルリンチMerrill Lynch & Co., Inc.)は、元米国三大投資銀行の一つで、国際的に幅広く展開をしていた金融機関投資銀行業を始めとし、世界37カ国・地域に展開していた。現在ではバンク・オブ・アメリカに買収され、ウェルスマネジメント部門は引き続きメリルリンチとして、投資銀行部門はバンクオブアメリカ・メリルリンチの名で営業している。

歴史[編集]

1914年1月6日に、チャールズ・E・メリルによって「Charles E. Merrill & Co.」が設立され、ニューヨークのウォール街で営業を開始した。

数ヵ月後に、メリルの友人のエドモンド・C・リンチが営業に参加し、1915年に会社名が「メリルリンチ」となった。また、しばらくして新たにウィンスロップ・H・スミスも営業に参加した。

その後、仲介業ネットワークの営業方式で、メリルリンチは徐々に有名となり、1971年に株式を公開し、多国籍企業となる。プライムブローカー業務では世界一である。

1972年6月に、東京にメリルリンチ証券会社東京支店が設立され、外国証券会社の証券業の免許を取得した。1998年には旧山一證券の営業網の大半を引き継ぐ形でメリルリンチ日本証券を設立、M&A業務、プライムブローカー業務、トレーディング業務で収益を上げ、2006年5月には三菱東京UFJ銀行三菱UFJ証券と合弁で、三菱UFJメリルリンチPB証券を設立したが、2012年末に合弁を解消し同社を三菱UFJグループに売却した(現在の三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券)。

1998年LTCMの救済融資へ参加している。

2007年サブプライムショックで巨額の損失を計上し、赤字に転落。その後、スタンレー・オニール会長CEOが同年10月に引責辞任し、NYSEユーロネクストのCEOを務めたジョン・セインが同年12月1日付けで新たな会長兼CEOに就任した。

2008年9月15日バンク・オブ・アメリカに1株29ドル、総額500億ドルで買収されると発表。2009年1月1日、バンク・オブ・アメリカによる買収が完了し、社名をバンクオブアメリカ・メリルリンチに変更した。

主要なオフィス[編集]

証券会社[編集]

日本ではメリルリンチ日本証券の名で、証券会社を経営している。かつてはリテール部門・ホールセール部門を擁する総合証券会社だったが、リテール部門は三菱UFJメリルリンチPB証券への分割→売却により撤退しているため、2014年現在はホールセール専業となっている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]