ウォーリーをさがせ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォーリーをさがせ!』(Where's Wally?, 北米版タイトルは Where's Waldo?)は、1987年イギリス人イラストレーターマーティン・ハンドフォードによってイギリスで出版された絵本。同じ年に日本でも発売され、有名になった。日本版の版元はフレーベル館。シリーズ名は『ウォーリーのえほん』。人が入り乱れた絵の中からウォーリーや仲間たち、巻物などを見つけ出す。

また、巻末にはウォーリー以外で探して欲しい人の一覧がページごとに載っており、読者を飽きさせない工夫が凝らされている。

登場人物[編集]

ウォーリー (Wally)
本作の主人公。赤と白の縞模様の服・長靴下・帽子、ジーパンを身に着て、眼鏡をかけて杖を突いている。茶髪で、細長い体形。しろひげの命令で、あらゆる異世界に行っては命令を遂行している。常に笑顔で、明るく聡明。アニメでは魔法使いのおじいさんから依頼を受け、おじいさんから託された魔法の杖で異世界の事件の解決をしていくが、ちょっとやそっとじゃ驚いたり、怖じ気づいたりしないタフな精神領域を持つ。
ウーフ (Woof)
白い犬。ウォーリーと同じような服を身に着けている。作品中にはしっぽしか登場しない。アニメ版では、カタコトだが、言葉が話せる。また、赤と白の縞模様だったしっぽが白一色になっている。
ウェンダ (Wenda)
ウォーリーのガールフレンド。服装はほぼウォーリーに準じており、下半身のみ専用のデニムスカートと紅白シマシマ模様のタイツを履いている。杖は持っていない。作品によっては名前が「ウィルマ」になっている。アニメでは映画館の受け付けを行っており、彼女が持ち込んだカメラで事件を解決した事がある。
しろひげ (Wizard Whitebeard)
魔法使い。赤い服、青い帽子を着ている。赤・白・青の杖を突いている。白髭をとても長く伸ばしている。アニメでは「魔法使いのおじいさん」という名前で統一され、様々な世界で起きている事件の解決をウォーリーに依頼し、解決への3つヒントを教えていなくなるが、話によってはモブキャラとして登場することもある(その時は赤と白の縞模様のポールを持っている)。
オドロー (Milton)
ウォーリーに外見が似ているが、黄色と黒の縞模様の服と帽子、黒い長ズボンを着ている悪役。ウォーリーの杖を狙うが、いつも失敗ばかり。作品によっては「オズロー」と表記されている。アニメではその話の悪役と共同戦線を張ることもあるが、大抵は邪魔者扱いされてしまったり終始物語に加わること無く知らず知らずに酷い目に遭ったりするのがほとんどである。
ウォーリー親衛隊(しんえいたい)
ウォーリーに付いて行く総勢25人の子どもの集団。ウォーリーと同じ服装をしているが眼鏡はかけていない。作品中には1、2ページに1人はいる。

タイトル[編集]

『ウォーリーのえほん』シリーズ

  1. 『ウォーリーをさがせ!』
  2. 『タイムトラベラーウォーリーをおえ!』
  3. 『ウォーリーのふしぎなたび』
  4. 『ウォーリーのおもしろゲームブック』
  5. 『ウォーリーハリウッドへいく』

以上は、1冊をのぞいて下記の新シリーズで置き換えられた。

『新ウォーリーのえほん』シリーズ

  1. 『新ウォーリーをさがせ!』
  2. 『新タイムトラベラー ウォーリーをおえ!』
  3. 『新ウォーリーのふしぎなたび』
  4. 『新ウォーリーハリウッドへいく』
  5. 『ウォーリーのゆめのくにだいぼうけん!』
  6. 『ウォーリーをさがせ! きえた名画だいそうさく!』
  7. 『ウォーリーをさがせ! 謎のメモ大追跡!』

テレビ版[編集]

1991年9月14日から同年12月14日までアメリカ合衆国CBSで全13話のテレビ版が放送された。ウォーリーの声はタウンゼンド・コールマンがあてている。日本では1992年4月にWOWOWが先行放送され、同年5月からTBSで放送された。日本語版のウォーリーは堀内賢雄が担当。堀内はウォーリーがタウンページのテレビCMなどで採用されたときなども声をあてている。

各話のタイトルは次のとおり。

話数 タイトル 邦題 脚本
1 Ahead of the Future ウォーリーとロボットNo.9 ジョージ・アトキンス
2 Draining the Deep ウォーリーと人魚と海の仲間たち ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
3 Forest Women ウォーリーと森の女たち ロウビー・ゴレン
4 The Great Ball Game ウォーリーとボールゲーム デヴィッド・シュワルツ
5 It's a Gruel, Gruel World! ウォーリーとおなかがすく国 ビル・マテニー
イーヴリン・AR・ガバイ
6 The Land of the Carpet Flyers ウォーリーと空飛ぶじゅうたん大レース ジュリアン・クレム
7 The Land of the Lost Pyramid ウォーリーとピラミッドの秘密 ジョージ・アトキンス
8 The Living Exhibits ウォーリーと盗まれた宝物 ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
9 My Left Fang ウォーリーとよわむし吸血鬼 ロウビー・ゴレン
10 A Stone Age Story ウォーリーと動物たちのストライキ ビル・マテニー
デヴィッド・シュワルツ
11 The Underground Hunters ウォーリーとドラゴンは友達
12 The Unfriendly Giant ウォーリーといじわる大男
13 Viking Fling ウォーリーと魔法のホルン ロウビー・ゴレン

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

  • ストーリー・エディター:ビル・マテニー
  • 音楽:マイケル・タヴェラ
  • 音声演出:スーザン・ブルー
  • 原作:マーティン ハンドフォード
  • アニメーション制作:世映動画
  • 製作: DICエンターテイメント、ウェルド・ムービー・カンパニー

テレビゲーム版[編集]

ウォーリーをCMに起用した日本企業[編集]

類似作品[編集]

書籍[編集]

  • 安野光雅の「旅の絵本」(1977年初版)で各ページに描かれた小さな旅人をさがし出す遊びが1970年代後半に流行したことや、安野光雅が1984年に国際アンデルセン賞を受賞したこともあり、当初日本では「旅の絵本のパクリ」と言われた。
  • 日本では「とこちゃんは どこ」(作:松岡享子、画:加古里子、1970年4月1日発行、福音館書店)という、本書と同様に絵の中から主人公を探し出す絵本が出版されている。
  • 他に類似した絵本に「ミッケ!」がある。
  • イギリスでは2009年に、BBCの人気番組『トップ・ギア』に登場するスティグを主人公とした『Where's Stig?』という同種の書籍が発売されている。

その他[編集]


余談[編集]

  • 北米版第1作 Where's Waldo? は、アメリカのいくつかの図書館・学校から受け入れを拒絶された。理由はトップレスの女性が描かれていることによる。
  • 初版のウォーリーは顔が下膨れであったが、以後の作品のウォーリーは顔がスッキリしている。新ウォーリーをさがせ!のウォーリーも作者本人の希望で中肉中背で描き直されている。
  • 2008年7月25日放送の「やりすぎ都市伝説」で、「ウォーリーをさがせ!」が「殺人鬼」を探すために出版された本だとする都市伝説が紹介された。
    《ウォーリーに隠された恐ろしい秘密》。これは、一世を風靡(ふうび)した絵本『ウォーリーをさがせ!』(『ウォーリーのえほん』シリーズ)の主人公のモデルが実は殺人犯で、警察当局がこの絵本を作らせたという都市伝説。番組ではモデルとなった殺人犯が脱走した際の姿とウォーリーの姿に共通性がある、絵本に登場する「ウォーリー親衛隊」の人数が殺人犯の手にかかった人数と一致するなどのエピソードが紹介されており、日本中で話題を集めた絵本と恐ろしい殺人犯に関係があるとされる。
  • 映画「裸の銃を持つ男」シリーズ最終作第3弾、『裸の銃(ガン)を持つ男 PART33 1/3 最後の侮辱』(1994年)のラストシーンの劇場観客場面の中にウォーリーに扮した人物がいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]