川崎フロンターレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
川崎フロンターレ
原語表記 川崎フロンターレ
愛称 フロンターレ、イルカ
クラブカラー     サックスブルー[1]
    ブラック[1]
    ホワイト[1]
創設年 1955年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン Jリーグ ディビジョン1
クラブライセンス J1
ホームタウン 神奈川県川崎市[1]
ホームスタジアム Kawasaki Frontale 2008.11.23.JPG
等々力陸上競技場[1]
収容人数 25,000
運営法人 株式会社川崎フロンターレ[1]
代表者 武田信平[1]
監督 日本の旗 風間八宏
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社川崎フロンターレ[1]
Kawasaki Frontale Co., Ltd.
本社(2012年10月31日)
本社(2012年10月31日)
種類 株式会社
本社所在地 213-0013[1]
神奈川県川崎市高津区末長1331-1[1] 富士通末長分室
設立 1996年11月21日
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブの運営他
代表者 武田信平[1]
資本金 3億4,937万5,000円
売上高 30億7,300万円 (2013年1月期)[2]
営業利益 6,800万円 (2013年1月期)[2]
経常利益 6,900万円 (2013年1月期)[2]
純利益 3,300万円 (2013年1月期)[2]
純資産 6億1,400万円 (2013年1月期)[2]
総資産 9億8,800万円 (2013年1月期)[2]
決算期 1月期
主要株主 富士通川崎市他36法人・団体
外部リンク  http://www.frontale.co.jp
テンプレートを表示

川崎フロンターレ(かわさきフロンターレ、Kawasaki Frontale)は、日本神奈川県川崎市にホームを置く[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

概要[編集]

1955年富士通サッカー部として創部[1]1997年Jリーグ準会員制度(現・Jリーグ百年構想クラブに相当)し、1999年にJリーグへ加盟した[1]ホームタウン神奈川県川崎市[1]。ホームスタジアムは中原区等々力陸上競技場[1]。練習は同市内麻生区川崎フロンターレ麻生グラウンドを使用する[1]

チーム名の「フロンターレ (Frontale)」はイタリア語で「正面の、前飾り」を意味し、常に最前線で挑戦し続けるフロンティアスピリッツ、正面から正々堂々と戦う姿勢を表している[1]。ちなみに富士通にはアメリカンフットボールチームの富士通フロンティアーズXリーグ所属。1985年創設・チーム名制定)、女子バスケットボール富士通レッドウェーブWリーグ・1985年創部)、富士通カワサキレッドスピリッツV・チャレンジリーグ男子)があり、すべて川崎市を本拠地としており、バレーボールを除き川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナーに参加している。

歴史[編集]

前史[編集]

1955年に創部された「富士通サッカー部」が前身であり[1]1972年日本サッカーリーグ(JSL)2部に昇格、1976年にJSL2部で優勝してJSL1部へ昇格(1979年にJSL2部へ降格)。1992年からジャパンフットボールリーグ(旧JFL)へ参加[1]1996年に「富士通川崎フットボールクラブ」へ改称し、11月21日に運営会社となる「富士通川崎スポーツマネジメント株式会社」を設立。1997年にJリーグ準会員となり[1]、名称が公募によって川崎フロンターレと決定された。

なお、「富士通川崎サッカー部」なるクラブは、その後フロンターレに参加せず社業に専念する選手により別に作られ、現在神奈川県社会人サッカーリーグ3部リーグ(2013年)[3]に所属している。

1997年 - 1998年(JFL)[編集]

1997年[編集]

川崎フロンターレ試合風景 (2006年11月26日)

前年の旧JFL9位からJリーグ昇格条件の2位以内を目指すため、富士通サッカー部がJSL1部に昇格した時の主将だった小浜誠二が事実上の責任者となる常務に就任。富士通からの豊富な資金力を利用して、監督を富士通社員の城福浩からプロ契約の斉藤和夫へと交代し[4]、選手では名古屋中西哲生平塚ベッチーニョ横浜F桂秀樹清水向島建横浜M小泉淳嗣等を獲得。富士通川崎時代のレギュラーだった伊藤彰小松崎保源平貴久などの富士通社員選手は控えに回し、元Jリーガーを重用した布陣で1年でのJリーグ昇格を目指した。この他、ブラジルのグレミオとの業務提携も発表した。ちなみに、現在のチームカラーが水色と黒なのは、グレミオのチームカラーを模した名残である。

フロンターレは優勝争いに加わり、前半戦終了の第15節終了時点では昇格圏内の2位に付けていた[5]。後半戦には平塚から野口幸司V川崎から長谷部茂利を追加補強したが、同9月の第20-22節に上位の直接対決となったコンサドーレ札幌東京ガス本田技研に3連敗して昇格圏外となる3位に後退した後に斉藤が監督を辞任。最終成績は札幌・東京ガスに次ぐ3位となり、勝ち点1差でJリーグ昇格を逃した。シーズン後には野口や長谷部は元の所属チームに戻り、小泉も退団した。

1998年[編集]

前シーズン終盤の監督不在を解消するため、グレミオからあっせんされたベット監督が就任。鹿島から鬼木達が加わり、シーズン序盤にゴールを量産したヴァルディネイや途中退団のベッチーニョに代わって入団したツゥットなどのブラジル人FWが活躍した。前年は桐光学園高校からの新入団直後にグレミオへサッカー留学していた佐原秀樹も試合に出場し、社員選手でも川元正英久野智昭がレギュラーを獲得して、チームの総合力向上に成功した。最終節のソニー仙台FC戦で敗れてJFL優勝は東京ガスにさらわれたが、JFL準優勝となり、J1参入決定戦に参戦した。しかし、1回戦の福岡戦(東平尾公園博多の森球技場)でVゴールによる逆転負けを喫してJリーグ ディビジョン1(J1)参入を逃し、Jリーグ ディビジョン2 (J2) への参入が決まった。

1999年(J2)[編集]

2部でのJリーグ参入となり、ベットが監督を続投。元日本代表の岩本輝雄を獲得して同時に主将に据えたが、チーム作りに失敗して開幕3連敗と出遅れた。その後、第5節のヴァンフォーレ甲府戦に勝利した後、チームはベット監督を解任。Jリーグカップ(ナビスコ杯)1回戦のG大阪[6] を挟み、第6節、4月18日の札幌戦から松本育夫に監督が交代した[7]。久々のクラブチーム監督となった松本に対して反発した岩本はやがてチーム構想から外されたが[8]、岩本に代わって主将に就任した中西の起用やから途中加入したDF森川拓巳などが守備を安定させ、攻撃面ではブラジル人のティンガが活躍した。松本就任後のチームは順調に勝ち点を伸ばし、7月30日・第19節の大宮戦に勝利して首位に浮上した後も快進撃を続けて、11月5日鳥栖戦(等々力)に勝利し、J1昇格条件のJ2の2位以内が確定。11月8日にはJ2優勝も決めた[9]

前年のJ1参入戦に続くこの年の戦いは中西が自身のホームページで日記として書き続け、シーズン終了後に『魂の叫び J2聖戦記』として出版された[10]、これは後に中西がマスメディアで活躍する素地となった。また、この年の開幕戦にチーム初のマスコットとしてふろん太を発表[11]。5月には練習場が東京都稲城市の富士通南多摩工場敷地内の「富士通南多摩グラウンド」[12] から、川崎市麻生区片平にある麻生グラウンド(旧・大東学園高等学校グラウンド)に移転。さらに市内全体での広報活動を強化し、川崎市も市民後援会を発足させた。

2000年(J1)[編集]

松本が監督を退いて社長となり、後任としてブラジル人ヘッドコーチであったゼッカが監督に就任。初のJ1挑戦に備えて積極的な補強を進め、特に鹿島からは同シーズンの主将に指名された奥野僚右鈴木隆行マジーニョ鬼木達(再移籍)などを相次いで獲得。他にもパラグアイ代表MFアルバレンガ、元日本代表FW森山泰行等が加入したが、これらの選手と従来の選手との融合が全く図れず、実権のない社長に棚上げされた松本と副社長兼強化責任者の小浜の対立も表面化し、富士通出身の杉本聰ゼネラルアドバイザー(前社長)により小浜中心の体制で運営を進めることが確認されるなど、チーム内での不協和音が増加した。外国人を入れ替える方針によりFC東京レンタル移籍させたFWツゥットが大活躍し、FC東京がJ1で躍進した事も新体制への批判に拍車をかけた。

チーム成績は低迷し、V川崎とリーグ戦で初対戦[13] となった4月22日・1stステージ第8節の「川崎ダービー」にも敗れ、5月3日・第10節の磐田戦では藤田俊哉ペナルティーキックだけで3得点のハットトリックを許す空前絶後の記録を許して1-5と大敗した後にクラブはゼッカ監督の解任を発表した。後任監督には今井敏明ヘッドコーチが昇格し、5月27日・第17節(最終節)のC大阪戦(長居)ではシーズン後に同年のJリーグ優秀新人書を獲得した我那覇和樹の得点に続いて浦田尚希が延長Vゴールを決め、2-1で勝利してC大阪の優勝を阻止した[14] が、1stステージは16チーム中最下位で終え、2ndステージでも苦戦が続いた。8月19日・第10節の市原戦に敗れてJ1残留の可能性が低くなると、その後のナビスコ杯準々決勝でV川崎に勝利してベスト4に進んだ後にクラブはシーズン2度目の監督交代に踏み切り、育成部から移動させた小林寛を新監督とした。この時期までに外国人選手は全員入れ替わり、出番が減った鈴木隆行も鹿島に戻るなど、チームは開幕前から大きく様変わりしていた。新体制で臨んだナビスコ杯準決勝では京都を下して決勝に進出したが、決勝では鹿島に敗れてタイトルを逃し、リーグ戦でも11月18日・第13節(日立柏)の柏戦に敗れてJ2降格が決定した。

シーズン後には再びチーム改革が行われ、シーズン終了まで指揮を執った小林監督の他、杉本ゼネラルアドバイザー・松本社長・小浜副社長のクラブ首脳陣、奥野僚右主将、JFL時代からチームの顔だった中西など、多くの選手やスタッフがクラブを退団した。

2001年〜2004年(J2)[編集]

2001年[編集]

再びJ2でのシーズンとなったこの年は堀井美晴が監督、サンパウロFCの元監督で現役時代に名古屋でもプレーしたピッタをコーチに迎え、前年にサンパウロFCから札幌へレンタル移籍していたブラジル人FWエメルソンを完全移籍により獲得した。エメルソンはハイペースでゴールを重ねたが、チーム自体は守備戦術の整備が進まずに低迷し[15]、7月14日の第20節・甲府戦に引き分けた時点で8位となっていた。この後、堀井監督は辞任し、大分を解任されたばかりの石崎信弘を新監督に迎えた。クラブは長期的視点に立ったチーム整備に方針を転換し、新人DFの伊藤宏樹は出場停止の最終節を除く43試合に出場した。一方、ピッタコーチとエメルソンは揃って浦和へ移籍した。結果としてシーズンは7位に終わったが、最終節の山形戦(山形県陸)では浦上壮史の好セーブ連発と我那覇和樹の延長Vゴールにより1-0で勝利し、山形のJ1昇格を阻止した[16]。続く第81回天皇杯では戦力外通告を受けた阿部良則や伊藤彰などの選手が活躍してベスト4の成績を収めた[17]

なお、クラブ体制自体も前年までの混乱から一新され、富士通サッカー部のマネージャーや日本サッカーリーグの運営委員、富士通本社の部長などを務めてきた[18]武田信平が前年12月から社長に就任し、強化担当の事業本部長(ゼネラルマネージャー)は元富士通サッカー部監督の福家三男となった。運営面では地域社会との関係強化が図られ、運営会社の商号が「富士通川崎スポーツマネジメント」から「株式会社川崎フロンターレ」へ変更され、川崎市や他企業、およびサポーター持株会などからの資本を受け入れた。また、クラブによる従来のファンクラブと、川崎市が組織していた川崎市民後援会が統合された。同シーズンからヴェルディは東京都調布市東京スタジアム(現:味の素スタジアム)へ本拠地を移転し、等々力から全面撤退したため、等々力でのJリーグ公式戦はフロンターレ主催試合のみ行われる事になった。

2002年[編集]

クラブは石崎との監督契約を更新し、ベンチーニョマルキーニョや途中加入のマーロンアレックスなどのブラジル人選手が攻撃を担い、中盤には神戸からレンタル移籍した茂原岳人が加わった。さらに、DF岡山一成を獲得し守備力を強化。石崎のプレス戦術も浸透し、勝ち点を多く積み上げたが、前半戦の出遅れが最後まで挽回できず、4位に終わった。第82回天皇杯はベスト8に入った。

新加入の岡山はファンサービスに熱心で、試合後にバックスタンドの前でサポーターからメガホンを借り、ビールケースの上に乗って観客に対する「マイクパフォーマンス」を度々行った。これは「岡山劇場」と呼ばれ、クラブ・チームとファン・サポーターの一体化に大きく貢献し、岡山の退団後もクラブの伝統として他選手や来賓・ゲストなどに引き継がれた[19]

2003年[編集]

クラブで初めて3シーズン目の指揮を執った石崎監督の下、J1復帰を目指した。ブラジルのSEパルメイラスから獲得したFWジュニーニョ我那覇和樹とともに前線で活躍、また鹿島から移籍したDFアウグストも攻守にわたりチームをまとめ上げた。また、大宮からFWバルデスを獲得したが[20]、年齢の影響やケガにより3得点に止まりシーズン途中に退団した。日本人の新加入選手では、前年J1に昇格した大分から石崎監督と一緒のJ1昇格を実現するために移籍したMF山根巌、テスト生から採用された新人ながら開幕の広島戦でデビューし、主に交代要員として全試合でベンチ入りしたMF中村憲剛などが加わった。しかし、リーグ最多の88得点、リーグ最少の7敗ながらリーグ最多タイの13引き分けと「勝ちきれない」試合が多く、最終的には2位と勝ち点1差の3位に終わり、J1昇格に失敗した。シーズン終了後に石崎が監督を辞任した。第83回天皇杯ではベスト16に進出し、2回戦の国見高校戦(等々力)の後には選手やサポーターによる石崎監督の胴上げが行われた。

2004年[編集]

チームスローガン:「Mind-1 勝点1への執念―こころ1つにJ1へ。

鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強した。リーグ戦では開幕直後から首位を独走し、9月26日・第36節の水戸戦(笠松)でマルクスの2ゴールにより2-1で勝利してJ2の2位以内によるJ1昇格が「内定」[21]、続く10月2日・第37節の横浜FC戦(等々力)にも勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン最終成績も勝ち点105、得点104と、昇格後に設定した「ダブル・トリプル」の目標を達成した。また、ジュニーニョは37得点を挙げてJ2得点王を獲得した。第84回天皇杯ではベスト16に入った。

2005年 -(J1)[編集]

2005年[編集]

チームスローガン:「FRONTALE FORTISSIMO -強く激しく!!-

J1昇格を機に、地域密着に更に力を入れるため、エンブレムから「FUJITSU」という企業名を外し、5年ぶりのJ1シーズンを迎えた。

現有戦力をベースにし、若干名の補強選手を加えて臨んだが、序盤戦は試合終了間際に失点を喫する試合が続き、中盤戦は攻撃陣に怪我人が相次いだ影響もあり勝ちきれない試合が多かった。しかし、8月の中断期間中に行ったキャンプで戦術を熟成した結果チーム状態が好転、終盤戦ではチーム新記録となる6連勝を記録した。また、川崎市出身のDF箕輪義信が日本代表に選出された。シーズン成績は8位となり、最低条件の「J1残留」を果たした。天皇杯は2年ぶりにベスト8へ進出した。

2006年[編集]

チームスローガン:「Challenge the Future

アウグストが退団、相馬・久野が現役を引退。一方で左サイドに新外国人マルコンを獲得。開幕戦の新潟戦で我那覇和樹のハットトリックなどにより6-0、第2節の京都戦でもジュニーニョのハットトリックを含む7-2で下し、開幕2試合で13得点のJリーグ新記録を打ち立てて好スタートを切り、2006 FIFAワールドカップ前の中断期間を暫定ながら首位で折り返した。中断期間中にマルクスが東京Vに移籍した一方、MFマギヌンを獲得した。

W杯終了後に日本代表に我那覇、続いて中村憲剛が招集され、それぞれ代表デビューを果たした。終盤浦和G大阪との直接対決で一時調子を落とすも、最終節でG大阪を抜いて2位で終了。ジュニーニョ、我那覇、中村、谷口博之の4選手がリーグ戦で2桁得点を挙げ、チーム合計84得点(リーグ1位)となった。中村と谷口はJベストイレブンに選出。また、シーズン18得点の我那覇が日本人得点王(タイ記録)となった。

前年の天皇杯で優勝し、既にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を得ている浦和がリーグ戦で優勝したため、規定によりAFCチャンピオンズリーグ2007への出場権を獲得した。

2007年[編集]

ナビスコカップ決勝時のコレオグラフィー
チームスローガン:「One for Goal,Goal for One

シーズン前最初の練習試合で新加入のフランシスマールが左膝靱帯断裂の重傷を負ったが、3月3日のJ1開幕戦(等々力)で鹿島を下し、4月15日の第6節(等々力)にはチーム史上初めて清水に勝利、4月21日に埼玉スタジアム2002で行われた第7節では、浦和のホーム連続不敗のJリーグ記録を25試合で止めた。

4月23日、我那覇和樹が試合後に受けた疲労回復の静脈注射(点滴)がJリーグのドーピング(禁止薬物使用)規定違反と認定され、自粛期間を含めて公式戦6試合の出場停止、チームにも1000万円の罰金となった。我那覇は5月19日の大分戦から復帰したが、以後は精彩を欠き、年間を通じて1ゴールのみに終わった。この問題はその後も尾を引き、結局は2008年にスポーツ仲裁裁判所で審理される事になったが、仲裁の結果は我那覇にドーピングの事実が認められないとされ、かつ、Jリーグ側に仲裁費用の負担を求める異例の裁定となった。

名古屋から獲得したGK川島永嗣は全34試合フル出場を果たし、我那覇に代わり先発で起用されたプロ2年目の鄭大世は12得点と飛躍、22得点のジュニーニョは2004年のJ2に続きJ1でも得点王に輝き、リーグ2位の計66得点を挙げた一方、失点はリーグ11位の48失点に上り、前年を下回る5位でシーズンを終了した。

AFCチャンピオンズリーグ2007は、グループリーグF組を1位で通過したが、準々決勝でセパハンにPK戦で敗退した。

また、9月23日のJ1第26節・戦(柏)で、セパハンとの第1戦から先発選手8人を入れ替えて臨み、0-4と大敗した。Jリーグ専務理事(当時)の犬飼基昭[22] は「ベストメンバーの出場を求めた自分達への背信行為であってサポーターへの裏切り行為だ」と怒りを顕わにしたが、川崎側は当該試合の前にJリーグ事務局へ予めベストメンバー規定に抵触していない旨を事前確認していた。また、川崎は勝ち残っていた浦和に情報を提供し[23]、浦和は決勝でセパハンを下して優勝した。優勝後、浦和は川崎の協力について感謝すると述べた。

ナビスコ杯は決勝でG大阪に敗れて準優勝。天皇杯はベスト4で鹿島に敗れた。

AFCアジアカップ2007中村憲剛およびGK川島が日本代表に選出。中村は決勝まで5試合連続で先発起用された。また、代表候補合宿には森勇介黒津勝も初招集された(正式メンバー登録はならず)。FW鄭大世北朝鮮代表に初選出され、東アジアサッカー選手権2008予選大会で3試合8得点で得点王となり、翌年2月の本大会進出に貢献した。

2008年[編集]

チームスローガン:「With 12(supporters)

MFマギヌンが名古屋へ移籍。一方で東京Vへ期限付き移籍していた吉原慎也フッキらがチームに復帰し、千葉より山岸智を獲得した。また、青山学院大学からMF田坂祐介駒澤大学からMF菊地光将早稲田大学からDF横山知伸、下部組織よりトップチームへ昇格のDF吉田勇樹(後にU-19日本代表に選出)らが加入。

開幕戦の東京V戦で試合終盤に追いつかれドローに終わると、続く神戸戦に1-4で大敗。更に神戸戦での起用法を不満としたフッキが4月2日に退団、東京Vへ完全移籍した。その後は安定感を欠いた戦いを強いられ、フッキによる一連の騒動による心労、かねてから罹患していた持病の不整脈の悪化もあり、関塚が検査入院のため離脱。入院こそ免れたものの、ドクターストップがかかり、同月24日に監督を辞任。ヘッドコーチの高畠勉が監督に昇格した。

一方、5月27日には我那覇和樹が、スポーツ仲裁裁判所(CAS)にJリーグが科した処分(ドーピング禁止規定違反)の取り消しを求めた問題で、スポーツ仲裁裁判所は我那覇の訴えを認める裁定を下した(ただし、Jリーグ側は誤訳を盾に我那覇本人、及び当時のチームドクターへの正式な謝罪は未だ行われていない)。

6月21日には箕輪義信札幌へ期限付きで放出するも、7月8日にはサントスFCのMFヴィトール・ジュニオールを期限付移籍で獲得。7月29日にはFW都倉賢草津に期限付きで放出するも、8月5日にはサントスのFWレナチーニョを期限付き移籍で獲得した。

8月に川崎フロンターレ後援会の会員数が初の2万人を突破。また、この頃から等々力陸上競技場の老朽化及び混雑に対し、競技場の全面改修を求める請願書の提出の一環として、シーズン終盤に10万筆目標の署名活動を行った(最終的に15万4020筆を集め、2月18日に川崎市へ提出)。

シーズン成績は、首位争いに加わり、リーグ最終節まで優勝の可能性を残し、2006年以来の準優勝でシーズンを終え、AFCチャンピオンズリーグ2009の出場権を獲得した。

2009年[編集]

2009年シーズン基本フォーメーション
チームスローガン:「ONE STEP

体調が回復した関塚が再び監督に就任、前年途中から指揮を執った高畠は再びヘッドコーチに就任した。

我那覇と箕輪がそれぞれ神戸札幌に完全移籍し、原田拓熊本へ、大橋正博Kリーグ江原へ、レンタル移籍だった都倉賢草津)、西山貴永仙台)が完全移籍するなど7選手が退団。また、FC東京にレンタル移籍していた佐原秀樹のレンタル期間が1年延長された。

主な補強はC大阪へ期限付き移籍していた相澤貴志の復帰、新戦力として、特別指定選手として2004年2005年に所属していた清水矢島卓郎を完全移籍で獲得(事実上の古巣復帰)、レンタル移籍だったヴィトール・ジュニオールを完全移籍で獲得、ジュニーニョも契約期間延長するなど攻撃陣を中心に選手を獲得した(なお、前年に東京Vのレンタル移籍から復帰した吉原慎也が磐田へ再度レンタル移籍)。

ナビスコカップは決勝まで進んだが、2000年、2007年に続き、準優勝に終わった。この決勝戦後の表彰式において、協会名誉総裁の高円宮妃久子はじめ協会幹部やスポンサー関係者の前で、川崎の一部選手が「首にかけて頂いた準優勝メダルを外す行為」、「握手を拒む行為」、「壁に寄り掛かかんだり、しゃがみ込む行為」、「ガムを噛みながらの表彰式参加」といった行動[24] をとったことが問題となった[25]。これを受けて、クラブ側の川崎は謝罪[24]、準優勝賞金5000万円の自主返還、社長ら役員3人の減俸、森勇介の最低1試合の出場停止などの処分を発表した[26]

リーグ戦では終盤に首位に立つが第32節に大分に敗戦、鹿島に再度首位を明け渡した。優勝は最終節までもつれ込み、「川崎が勝ち、なおかつ鹿島が引き分け以下でなければ川崎の優勝はない」という状況で、12月5日の最終節でに3-2で勝利したが、鹿島が浦和に勝ったため鹿島の優勝が決まり、川崎は2年連続で優勝を逃した。天皇杯でも仙台に敗れた。関塚がこのシーズン限りで監督を辞任した。

12月26日に『公益のため多額の私財を寄附した』功に対して、日本政府より褒状を受けた[27]

2010年[編集]

チームスローガン:「+α -Plus ALFA-

後任監督にヘッドコーチの高畠勉が就任。コーチ陣ではフィジカルコーチの里内猛がクラブを離れたが、U-18で指導に当たっていたクラブOBの鬼木達がトップチームコーチに就任。

横浜FMから小宮山尊信が完全移籍、スタッド・レンヌから9年ぶりのJリーグ復帰となる稲本潤一を獲得。佐原秀樹FC東京への期限付き移籍から2年ぶりに復帰した。一方、村上和弘が大宮へ移籍。吉原慎也が退団(のちに加入)、山岸智や、養父雄仁久木野聡杉浦恭平などがそれぞれ期限付き移籍した。

2010年のACLは、開幕がJリーグ開幕前の2月下旬にずれ込んだのに対応出来なかったのと、アウェー全敗が祟って予選敗退。

2010 FIFAワールドカップ日本代表川島永嗣稲本潤一中村憲剛の3人が選出され、川島は日本の全4試合にフル出場し、ベスト16進出に貢献した。また稲本が終盤での出場で2試合、中村が1試合出場した。北朝鮮代表には鄭大世が選出された。

W杯終了後の7月、川島がベルギー1部リールセSKへ、鄭がドイツ2部VfLボーフムへ移籍。また、先発メンバーから外されたレナチーニョが高畠の采配に不満を訴え、練習ボイコットからブラジルへ無断帰国し、8月末にポルトガル1部ポルティモネンセへ期限付き移籍した。

中断期までは鹿島名古屋を射程圏内に入れていたが、川島の穴を相澤貴志が埋めた一方、鄭の穴を埋めるには至らず、中断期間以降はこれまでの攻撃力に陰りが見えた上、守備でも脆さが露呈するなど先制しても逃げ切れない試合が目立つようになった。その後、次第に上位争いから脱落し5位でシーズンを終了、ACLの出場権も逃した。高畠はシーズン終了後に監督を退任した。

2011年[編集]

チームスローガン:「挑 -いどむ-

町田元監督の相馬直樹が監督に就任。DF森勇介東京V稲本潤一の加入などで出場機会を減らした谷口博之がユース時代に所属した横浜FM植草裕樹がレンタル移籍先の山形木村祐志北九州へそれぞれ移籍した。

一方で横浜FMから山瀬功治田中裕介、東京Vから柴崎晃誠を獲得。U-21代表で活躍した實藤友紀をはじめとした6人の新人選手が加入した。

リーグ前半戦、勝ち切れない試合が続く中、第11-18節まで8戦負けなしで一時は3位まで浮上した。しかし、中盤戦(夏場の連戦)以降失速し、7月23日(第6節)の新潟戦から9月11日(第25節)の神戸戦までリーグ8連敗を喫した[28]。9月17日(第26節)の山形戦に勝利して、連敗を「8」で止めた[29] が、連敗脱出後も残留争いに加わり、J1残留は果たしたが、J1復帰以降最低の11位に終わった。

2012年[編集]

チームスローガン:「一体感

川崎のエースストライカーとして活躍してきたジュニーニョが鹿島へ完全移籍したほか、通算11年在籍していた相澤貴志[30]町田に、横山知伸C大阪に、菊地光将大宮に、久木野聡栃木に完全移籍、棗佑喜が栃木に、薗田淳が町田にレンタル移籍、松本拓也がレンタル移籍期間満了につき湘南に復帰、昨シーズン甲府にレンタル移籍していた養父雄仁熊本へ完全移籍、吉田勇樹が現役を引退し、スクール・普及コーチに就任した。

補強は、湘南から西部洋平、C大阪から小松塁、京都から森下俊を完全移籍で、コリチーバFCからレナトジェシグレミオからレネ・サントスをレンタル移籍で獲得、2年間愛媛にレンタル移籍していた杉浦恭平が復帰した。

開幕2連勝と順調なスタートを切ったが、その後は公式戦5戦勝ちなしと低迷。その後3月31日の浦和戦、4月8日のFC東京戦で数的有利でありながら勝てないなど攻撃面での行き詰まりを見せたことや、開幕前後から選手との関係が疎遠になっていた事[31] などを理由に4月11日に相馬を解任した。その後、後任監督決定までの3試合(ナビスコ杯の1試合を含む)をコーチの望月達也が監督代行としての指揮を経て、同月23日、筑波大監督の風間八宏が監督に就任した。中盤こそ故障者が多発したことや決定力不足により苦戦した時期もあったが、11月7日の浦和戦で4対2で勝利した試合から、シーズン終了まで3勝1分と負け無しでシーズンを終える。一時期は残留争いに巻き込まれながらも、最終的には前年を上回る8位でフィニッシュした。

レナトがシーズン終盤になってチームにフィットして大車輪の活躍を見せたり、大島僚太楠神順平などの成長があったなど攻撃面では収穫があったが、天皇杯4回戦の大宮戦で前半だけで3点をリードしながらも後半だけで4失点して敗退するなど、守備面で課題を残すシーズンとなった。また本拠の等々力が大型改築に入った。

2013年[編集]

チームスローガン:「Wing -勝利に向かって進み続ける-

12シーズン在籍してきた黒津勝横浜FCへ移籍。前年に主力として活躍した山瀬功治が京都、楠神順平がC大阪、小松塁が大分に、昨シーズン途中から古巣の東京Vに期限付き移籍していた柴崎晃誠徳島へそれぞれ完全移籍。同じくシーズン途中から栃木へ期限付き移籍していた田中雄大鳥取に、杉浦恭平神戸へ、安藤駿介が湘南へ、森下俊が横浜FCへ期限付き移籍した。

補強では横浜FMから森谷賢太郎、札幌から山本真希G大阪から中澤聡太、神戸から大久保嘉人、東京Vから新井章太を、新外国人としてパトリックを獲得。棗佑喜と薗田淳が期限付き移籍から復帰した。更には風間の強い要望でトレーニングコーチとして西本直が入閣した(しかし、5月に一身上の都合で退団)。

2005年以来となるアウェイでの開幕戦となった柏戦は3-1で敗戦、その後の大分戦は大久保のゴールのみに留まって1-1の引き分けになるなど、6節を終えて勝ち無し(3敗3分)で第3節までは降格圏に低迷する。しかし7節の仙台戦で4-2でリーグ戦初勝利を挙げると、8節の東京戦で敗れた以降はコンフェデレーションズカップによるリーグ戦中断まで5月は5試合負け無しで8位と持ち直した。

ナビスコカップでは、2010年以来3シーズンぶりに決勝トーナメント進出を果たした。しかも「ACL出場チーム以外のJ1チームでグループリーグ→グループリーグ上位+ACL出場チームで決勝トーナメント」というレギュレーションになった2005年以降では、初めて自力で決勝トーナメントに進出[32] した。しかし決勝トーナメントで準々決勝の仙台こそ危なげなく勝ち進んだものの、準決勝の浦和戦ではホーム・等々力での2失点が祟り、2戦合計3-3(アウェーゴール数だけなら0-2)で敗退した。

リーグ戦前半戦終了時には首位広島と勝点差8の7位だったが、後半戦に入り8月9月と9試合連続で連勝が出来ない状態が続き、順位も6位と10位の間を推移する。しかし、第27節名古屋戦から最終節までの8試合を3連勝4連勝各1回の7勝1敗で終え、最終節には首位だった横浜をホームで破り、横浜を首位から引きずり下ろすと同時に自らは3位に浮上、AFCチャンピオンズリーグ2014出場権を獲得した。

天皇杯では高知大学東京V山形と格下相手ながら順調に勝ち進み、4年ぶりにベスト8に入る。初のJ1勢との対決となった鳥栖に延長戦の末敗れた。

2014年[編集]

チームスローガン:OURS

J2時代の2001年からチームを支えてきた伊藤宏樹が現役を引退、風間宏矢大分矢島卓郎が横浜FM、棗佑喜松本風間宏希北九州へ、薗田淳が札幌、鳥取へ期限付き移籍していた田中雄大水戸へ完全移籍、高木駿が千葉へ期限付き移籍、アラン・ピニェイロロブソンが期限付き移籍期間満了、谷尾昂也(鳥取)杉浦恭平(神戸)が期限付き移籍先に完全移籍、昨年横浜FCに期限付き移籍していた森下俊磐田に期限付き移籍した。

補強は、昨年途中に特別指定選手として登録された筑波大学のMF谷口彰悟阪南大学のMF可児壮隆、大分から森島康仁、横浜FCから武岡優斗を完全移籍で、栃木からパウリーニョ大宮から金久保順を期限付き移籍で獲得、安藤駿介が期限付き移籍から復帰した。

成績[編集]

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

個人別[編集]

ベストイレブン
得点王
ヤマザキナビスコカップ

地域密着[編集]

富士通サッカー部1996年にプロ化を推進するにあたり、Jリーグの理念に沿った地域社会との共生を目指すことをテーマに掲げた。地元川崎市の各行政区でのサッカースクール(学校巡回スクール含む)の実施といったサッカーに関わることだけでなく、地域の市民・区民まつりへの参加、市内各商店街等の行事への選手らの派遣(お年始など)、また地元商店街加盟店舗などの協賛によるマン・オブ・ザ・マッチの表彰制度「あんたが大賞」、週末のホームゲームでのサイン会等を積極的に行うように務めた。特に、クリスマスシーズンに行われる入院児への訪問活動「青いサンタクロースは毎年恒例の奉仕活動として定着している。

一方、ホームタウンである川崎市も2004年9月に「川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー」を制定。フロンターレはこの創設メンバーとして認定を受け、これに基づく活動を推進していくことになった。また、その中で、川崎市は他の地元企業・団体、またサポーター持株会と共に、運営会社(当時の富士通川崎スポーツマネジメント)の株式の一部を取得した。現在は富士電機富士通グループ各社のほか、川崎市に本社や事業所を持つ企業・公益法人など36の団体が出資している。特に富士通系のスポーツクラブではフロンターレのほか、女子バスケット「レッドウェーブ」アメリカンフットボール「フロンティアーズ」もこのパートナーに参加しているが、男子バレーボール「川崎レッドスピリッツ」は、富士通系で唯一まだこのパートナーに加盟していない。

2006年はクラブ創立10周年に当たり、川崎市商店街連合会を通じ、市内の全商店街の街灯にチームの応援タペストリー(ふろん太のデザイン)を配布。2006年1月の時点では、タペストリー掲示を了解したのが加盟全139団体(商店街以外を含む)中68団体と紹介されている。

また広報担当者のインタビュー記事には、後援会員の75%が等々力競技場と富士通本店・川崎工場のある中原区、クラブ事務所のある高津区、そして市が整備しフロンターレが指定管理者となって2006年4月に開業した「フロンタウン・さぎぬま」(フットサル場)のある宮前区の3区在住者で占められるとあり、クラブ方針としても特にこの3区での営業活動を先行して重視するとしている。

川崎競馬場2006年11月2日JBCマイル競走の前座として「祝10周年・フロンターレ特別」が行われた[33]

またトップチームの麻生練習場がある麻生区では2009年に「麻生アシストクラブ」が発足した。「しんゆり・芸術のまちづくりフォーラム」内に事務所が置かれ、商店街や各種団体などが構成する同クラブを川崎市役所(麻生区役所)やフロンターレが後援する形を取って、同区内での広報・支援活動を展開する事になった[34]。同クラブでは小田急電鉄の協力も受け、麻生練習場の最寄り駅である小田急多摩線栗平駅のホーム脇陸橋に告知看板を出すなどの活動をしている[35]

スポーツ交流パートナー事業以外の異競技交流では大相撲春日山部屋が川崎市川崎区にある[36] という縁で、フロンターレのファン感謝デーに春日山部屋の力士をゲスト出演として招き、フロンターレの主催試合では春日山部屋の所属力士が同部屋のちゃんこを販売する屋台が競技場外の広場に毎回出店されている。一方、2009年からは毎年1回、両国国技館での本場所でフロンターレが告知してサポーターが集まる春日山部屋応援ツアーが実施され、同部屋所属の春日王克昌などの応援に駆けつけ(2010年9月13日 NHK総合テレビジョンBizスポ」より)、2011年も九月場所(秋場所)9日目の9月19日に実施された[37]。春日王は大相撲八百長問題によって同年4月に引退したが、5月3日のジュビロ磐田戦では春日王が試合前にグラウンドに登場して引退報告と今までの支援への感謝を述べ、5月28日に行われた春日王の断髪式には武田社長が参加した[38]。元プロボクサー新田渉世が川崎市多摩区に開いている川崎新田ボクシングジムとも協力関係にあり、2011年8月16日にとどろきアリーナで行われた同ジム主催の興行ではふろん太が登場し、「日本マスコット級タイトル決定戦(非公認)」として一平くん愛媛FC応援マスコット)と対戦して勝利した後、メインイベントだった黒田雅之の日本ライトフライ級タイトルマッチでのラウンドボーイを務めた[39]

2009年からは地元密着のための事業の一つとして、小学6年生用のオリジナル算数ドリルを作成し市内の小学校に配布している[40]。これはプレミアリーグアーセナルがロンドン市と共同で毎年製作している外国語学習教材にヒントを得たもので[41]、初年度は市内の1校のみに配布されたが、2010年は前年のナビスコ杯準優勝の賞金を原資に市内の全小学校及び特別支援学校に配布先を拡大[42]。2011年からは川崎市からも補助金が出るようになった[43]。このドリルを題材とした小学生と選手の交流授業「算数ドリル・ゲストティーチャー」も行われている他[42]、2011年には東日本大震災で被害を受けた岩手県陸前高田市の小学校にも同ドリルが寄付された[44]

これらの活動を広くまとめた書籍として、2011年6月17日にフロンターレプロモーション部部長の天野春果が『僕がバナナを売って算数ドリルを作るワケ』を小学館から出版し、テレビ東京系のサッカー番組「FOOT×BRAIN」などでも紹介された[45]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) [1] 水色×黒
FP(2nd) [1]
GK(1st) グレー グレー グレー
GK(2nd) オレンジ オレンジ
GK(3rd) グリーン グリーン
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd
GK 3rd

チームカラー[編集]

  •      サックスブルー[1]    ブラック[1]

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
富士通 FUJITSU(1st)
ARROWS(2nd)
1997年 -
背中 SMBC日興証券 SMBC日興証券 2011年4月 - 2005年 - 2007年途中までは商品名のピーカブー
2007年途中 - 2011年3月までは旧社名の「日興コーディアル証券」
富士通マーケティング 富士通マーケティング 2011年 -
パンツ PFU PFU 2003年 - 2005年、
2009年 -

ユニフォームデザイン[編集]

  • 2004年から右袖に「KAWASAKI」の文字が書かれたワッペン、選手やスタッフ用には「市の花」であるツツジ刺繍が付けられている。
  • 2011年のユニホーム右脇部には川崎市高津区出身の岡本太郎デザインによる「挑」の文字が付けられていた。
  • 2014年の1stユニフォームは川崎市の市制90周年を記念して川崎市の全7区のシンボルマークをモチーフとした市松模様となっている。また、背番号の下にふろん太のシルエットが隠れている。ただし、ACL仕様の1stユニフォームは2ndユニフォームの色違いである。
  • AFCチャンピオンズリーグについては規定によりスポンサーは1社に限られているため、FUJITSUの胸ロゴのみ[46] 表記され、左袖に大会のロゴ、背番号上には選手名(アルファベット表記)を入れている。

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー アップシャツ
1997 FUJITSU 富士通ゼネラル NIFTY - PENALTY 富士物流
1998 FUJITSU GENERAL Fsas
1999 富士通ゼネラル asics
2000
2001
2002
2003 PFU -
2004 NOEL LAWSON
2005 ピーカブー
2006 ふくしまの米
2007 ピーカブー/
日興コーディアル証券
2008 日興コーディアル証券 -
2009 富士通ゼネラル
エアコン
PFU Canon-TOSHIBA
2010
2011 富士通マーケティング 日興コーディアル証券/
SMBC日興証券
PUMA
2012 SMBC日興証券 不明
2013 FUJITSU(1st)
ARROWS(2nd)
2014 未定
  • この他、1997-98年は旧JFL、1999年以降はJリーグのロゴが右袖に付く。
  • 1998年 - 2004年の背中スポンサー、富士通エフサス (Fsas) の会社名は「富士通サポートアンドサービス」。
  • ノエル(NOEL)は、2005年途中にCIの変更によりロゴが変更されたが、2005年シーズンは旧ロゴのままで、2006年シーズンより新ロゴに変更された。
  • 2007年9月30日施行の金融商品取引法に伴い、日興コーディアル証券(当時)はユニフォームでの掲示名を商品名の「ピーカブー」から自社名に変更。ちなみに、このマスコットはホームゲームでたびたび登場し、川崎のマスコットであるふろん太とは大の仲良しである。
  • 2013年以降の2ndユニフォーム胸スポンサーのARROWSは富士通のスマートフォンタブレット端末のブランド名。ただし、ACL仕様の2ndユニフォーム(2014年)はARROWSではなくFUJITSUとなっている(ロゴの色は赤)。

スポンサー[編集]

新聞などによるチーム略称の表記[編集]

川崎フロンターレオフィシャルショップAZZURRO NERO (アズーロ・ネロ)
  • 2000年まで[47] は川崎市に本拠地を置くJリーグチームがヴェルディ川崎(V川崎)を含め2つあったので、区別の意味合いで川崎Fと表示していた。
  • 2001年以後、ヴェルディが東京都にホームタウンを移してからも、Jリーグ公式サイトやJ's GOALでは川崎Fと表記されているが、川崎と記載されるケースもある(ウィキペディア日本語版も後者で表記)。なお、スポーツ新聞では日刊スポーツとスポーツニッポンは川崎Fと表記しているが他は川崎表記である。
  • 本拠地等々力陸上競技場アウェーゴール裏2階席上部にある電光スコアボードのチーム表記は2010年までは川崎Fと表記されていたが2011年からは川崎と表記されている。

運営会社[編集]

  • 1997年 - 2001年: 富士通川崎スポーツマネージメント株式会社
  • 2002年 - 現 在: 株式会社川崎フロンターレ

応援番組[編集]

コラボレーション・パロディー[編集]

コラボレーション[編集]

  • 2009年、TVアニメ『天体戦士サンレッド(作:くぼたまことヤングガンガン連載)』とコラボ。
    • 中村、井川、谷口の3選手、武田社長、マスコットキャラクター・ふろん太とその家族との共演アニメ(全4話)が制作され、『ファイト!川崎フロンターレ』内で放送された [3]。『サンレッド』のDVD2〜5巻に映像特典として収録されている。また、そのコラボレーション企画の一環として、タレントの髭男爵の2人(山田ルイ53世、ひぐち君)が開幕戦の始球式に登場した(両者とも、同作のアニメに声優として出演)。
  • 2009年山形戦にて、新たにスポンサーになったDoleより、アウェー応援サポーターを含む来場者全員にバナナ1房をプレゼント。
  • 2010年、ファン感謝デーにおいてピラメキーノとコラボ。スタジアムにピラメキパンダが登場し選手と一緒にピラメキたいそうを踊ったほかレギュラー[48] が聞いた質問に選手が答えた。
  • 2012年6月30日、フォーミュラ・ニッポンとコラボ、等々力の陸上トラックをフォーミュラカーが走った[50]。これが縁となり、同年11月に富士スピードウェイで開催されたJAFグランプリでは、フォーミュラ・ニッポン予選での最高速度上位3名を『フォーミュラ・ニッポン 川崎フロンターレ賞』として表彰した。

パロディー[編集]

  • 2007年のホームゲーム開催時(等々力スタジアム)に様々なパロディーやコラボレーションを実施。
    • エースをねらえ!4月15日清水戦。Jリーグ加盟以来勝利を挙げていなかった清水を相手に「エース」ならぬ「エス(パルス)をねらえ!」と題して初勝利を目指そうという企画を行った。この時はアニメの「エースをねらえ!」で岡ひろみ役を演じた高坂真琴が「このゲームは絶対に負けられない!! 打倒オレンジ、ついに完結よ!!」といったフレーズの宣伝を行った。
    • 川崎麻世(タレント)/6月30日神戸戦で、川崎市のスポンサードマッチ(7月1日の市制施行記念日に合わせた記念試合)を実施。その試合で川崎麻世が「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」をハーフタイムショーとして熱唱。
    • 朝日放送テレビパネルクイズアタック258月25日ガンバ大阪戦の試合において、同番組とのコラボレーション「アタック25日」を開催。博多華丸児玉清の物まねで「フロンターレ!! 大事なアタックチャーンス!!」とPRした他、同番組の特徴である回答者のカラーの入れ替わり(ガンバの青からフロンターレの水色)のパフォーマンスをバックスタンドのフロンターレ応戦席で行った。
    • あいのり5月11日のAFCチャンピオンズリーグ・アレマ・マラン(インドネシア)戦で、同大会初出場・初の決勝ラウンド進出決定の時にサポーターがそれをパロディー化した「はつのり」のTシャツを着用し祝福。
    • プロジェクトX〜挑戦者たち〜9月に行われるアウェーでの鹿島9月1日)、9月22日)の試合を、ホームタウンの頭文字が全て「K」(川崎=Kawasaki、鹿島=Kashima、柏=Kashiwa)で始まるということ、更に「決戦の9月」という意味合いも込めて、大応援団を川崎から繰り出そうという**「プロジェクトK(打倒!! 鹿島&柏)」なる試みを行った。なお、2006年のホーム鹿島戦ではスキージャンプ競技の極限点になぞらえた「K点越え」キャンペーンを実行した。

また、こういったコラボレーションで、スポンサーの一つであるとんかつ和幸協賛の下、パロディー弁当が発売された。

  • 清水戦/「カツのよ!!フロンターレ弁当」(オレンジデザート入りのとんかつ弁当)
  • 神戸戦/「マヨわずカツ弁当」(とんかつにタルタルマヨネーズソースが添付されている)
  • G大阪戦/「アカッツ!! チャンス!!弁当」(当日発売されたカツ弁当の半数に幸運をもたらすといわれる「ラッキーメンチカツ」が挿入されている)

※このパロディー弁当が発売されると必ずチームは勝利を挙げている(2008年8月25日現在)。

なお、上記の川崎市制記念試合では川崎市により市民が集団招待されているが、2004年(市制施行70周年)から2006年までは当時川崎市内在住で、「YOUNG NAN」を日本語カバーでヒットさせた西城秀樹が毎年招聘され、ハーフタイムショーに出演するのが常だった。2008年からは川崎麻世に代わって西城が再び出演するようになり、西城は2003年に脳梗塞を発症しており、2011年には同病を再発し、川崎市外への転出も行ったが、2012年と2013年の市制記念試合にも引き続いて出演している。

アウェイゲーム観戦ツアー[編集]

川崎フロンターレはサポーターのアウェイゲーム観戦ツアーに、他チームとは一風変わった企画を行うことが多い。特にJ2時代も含めて新潟との東北電力ビッグスワンスタジアムにおいて行われた試合において勝利がなく(2012年に初めて勝利した)、新潟戦を対象としたアウェイゲームでは大々的な企画を実施している。

  • 2007年10月28日のFC東京ホームゲームの多摩川クラシコで、多摩川の「丸子の渡し」を約70年ぶりに復活させて船で東京へ乗り込むアウェイツアーを実施[51]
  • 2009年4月12日の対清水エスパルス戦は、「何もしない」プロモーションを実施した。これはJ参入以降清水にアウェーで勝利したことがなく、それを打破するために2006年から3年続けて大々的なアウェーツアーをしたものの勝利できないことから、あえて「何もしない」こととした。なお、当日の試合は敗れ、清水戦アウェー未勝利は2011年まで続いた[52]
  • 2009年5月24日のアウェイの多摩川クラシコで、試合前日の23日の夜に横浜から伊豆大島フェリーで行き、試合当日の24日に大島空港から飛行機で味の素スタジアムの隣にある調布飛行場へ行くという「多摩川クラシコエアーツアー」を実施[53]
  • 2009年7月11日のアルビレックス新潟ホームゲームのアウェイツアーではそれまで新潟に10連敗していたため、「新潟戦11連敗阻止キャンペーン『11回目のプロポーズ』」と題し、全員そろいの川崎のチームカラーパジャマを着て貸切列車で移動するというツアーを実施。帰りの貸切夜行列車では、新潟まで来たふろん太らが見送っていた。[54]
  • 2009年10月7日の鹿島アントラーズとの16分間の再試合では、1,000円のバスツアーを実施。平日にもかかわらず応募が集まり、最終的にバス25台の規模となった。なお、この際には鹿島サポーターと思われる客は排除するという徹底ぶりだった[55]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y クラブガイド:川崎フロンターレ Jリーグ公式サイト
  2. ^ a b c d e f 2012年度Jクラブ情報開示 資料 (PDF) Jリーグ公式サイト
  3. ^ 2013KSL3部成績表
  4. ^ 城福は監督続投を希望したが容れられず、社業専念となった。1998年、FC東京設立準備室に招かれた城福は富士通を退社してプロ指導者へ転身、2008年-2010年途中にはFC東京のトップチーム監督に就任してフロンターレと「多摩川クラシコ」で対戦した。
  5. ^ ただし、この第15節では開幕戦から14連敗中だった水戸ホーリーホックにJFL昇格後の初勝利を許していた。
  6. ^ 2試合で1勝1敗、合計得点数の差で敗退した。
  7. ^ 2000年3月に出版された松本の著書『尽くしてみないか、全力を-サッカーがくれた熱血意識革命』の中で、この監督就任はメキシコシティオリンピックでのチームメイト(主将)だった八重樫茂生・元富士通監督からの要請だった事を明かしている。
  8. ^ 岩本はこのシーズン限りで退団し、その後もフロンターレへのわだかまりを口にしていたが、2006年に岩本がNHK衛星放送の『東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅』で旧東海道の約500kmを徒歩で歩いた際には、川崎宿(川崎市川崎区)通過時にフロンターレスタッフ・ふろん太・サポーター有志が応援のため集まった。
  9. ^ 2位のFC東京が大宮に敗れたため。
  10. ^ サッカーライターの金子達仁戸塚啓との共著。
  11. ^ ふろん太の公式プロフィールでは、生年月日をこの開幕戦が行われた1999年3月14日としている。出典:フロンターレ公式サイト、選手・スタッフプロフィール内「マスコット ふろん太」
  12. ^ 2005年に同工場が閉鎖された後は稲城市に移管され、「稲城市営南多摩スポーツ広場」に改称された。
  13. ^ 1999年の第79回天皇杯では対戦している。
  14. ^ 1stステージの優勝は横浜M。この試合は「長居の悲劇」と呼ばれるようになった。
  15. ^ 最終的な失点数はリーグで7位(6番目に多い)。
  16. ^ 正確には、0-0のまま延長戦に突入した時点で山形のJ1昇格失敗と仙台の逆転昇格が決定していた。石崎は1999年に「秋天の陽炎」と呼ばれる試合で大分でのJ1昇格を山形に阻まれた経験があり、奇しくも逆の構図となった。
  17. ^ これは「リストラ選手の活躍」(参照:ノート)として話題となり、2006年に出版された『クラブ創設10周年メモリアルブック』(兼2006年イヤーブック)でもこの表現で紹介された。
  18. ^ 川崎市立大師小学校でのPTA講演会の「後援者紹介」、2003年作成、2013年9月29日閲覧。
  19. ^ 岡山自身もこのパフォーマンスで注目され、その後も移籍先のチームで「岡山劇場」を続けて、サポーターから根強い人気を得るようになった。
  20. ^ バルデスは札幌時代の1997年にフロンターレとの2試合ともにVゴールを決め、札幌のJFL優勝に貢献していた。
  21. ^ Jリーグ理事会での決定が必要なため、この表現を用いた。
  22. ^ ACLプロジェクトチームを主宰。イランからの帰国時にUAEのドバイまでのチャーター便費用を補助していた。
  23. ^ 特に、時差の関係で川崎の敗北が決まった後も、サウジアラビアリヤドにいた川崎のスカウトは準々決勝のアル・ヒラルvsアル・ワフダ戦を観戦し、勝ち上がったアル・ワフダのデータを浦和に提供した。アル・ワフダは準決勝でセパハンに敗れたが、JリーグチームのACL優勝を目指すための美談として伝えられた。
  24. ^ a b 弊クラブ所属選手の行為について (お詫び)、川崎フロンターレ公式サイト、2009年11月4日
  25. ^ 鬼武チェアマン川崎Fに激怒、nikkansports.com、2009年11月4日
  26. ^ 弊クラブ所属選手の行為について (対応・処分)、川崎フロンターレリリース、2009年11月5日
  27. ^ 官報2010年(平成22年)1月8日付 第10頁 褒賞に告知されている。
  28. ^ 【J1:第25節 川崎F vs 神戸】”. J's Goal (2011年9月12日). 2012年12月4日閲覧。
  29. ^ 【J1:第26節 山形 vs 川崎F】”. J's Goal (2011年9月18日). 2012年12月4日閲覧。
  30. ^ 2000年-2007年、2009年-2011年まで在籍(2008年はセレッソ大阪にレンタル移籍。)
  31. ^ 【川崎F】相馬直樹監督との契約解除に関する庄子春男GMコメント”. BLOGOLA. 2012年4月11日閲覧。
  32. ^ 2007年2009年2010年はいずれもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場していたため、予選グループを免除されていた。
  33. ^ 地方競馬全国協会ニュースリリース川崎競馬場ニュースリリース
  34. ^ 川崎市麻生区で川崎麻生アシストクラブが発足 k-press 2009年8月23日付
  35. ^ 新ランドマーク誕生! 川崎公式サイト内「フロンターレ日記」2010年5月19日
  36. ^ 同部屋の師匠、春日山由晃(現役時代の四股名は春日富士晃大)は川崎市で育ち、同市立桜本中学校卒業後に角界入りしていた。
  37. ^ JTBアウェイツアー「春日山部屋応援ツアー2011」参加者募集のお知らせ
  38. ^ [1] フロンターレ日記2011年6月7日
  39. ^ [2] フロンターレ日記2011年8月16日
  40. ^ 「フロンターレ算数ドリル」完成のお知らせ J's GOAL、2009年4月8日
  41. ^ 「川崎フロンターレ算数ドリル」完成 Jリーグ公式サイト・2009年4月28日
  42. ^ a b 川崎F:2010算数ドリル・ゲストティーチャー(稲本潤一選手、伊藤宏樹選手)レポート J's GOAL、2010年10月7日
  43. ^ 2011年度「川崎フロンターレ算数ドリル(上巻)」完成のお知らせ 川崎フロンターレ・2011年4月11日
  44. ^ 「川崎フロンターレ算数ドリル」の寄付について 川崎フロンターレ・2011年4月19日
  45. ^ 2011年11月12日放送、天野が中西哲生や中村憲剛と共に出演。
  46. ^ ただし、Jリーグとは違いFUJITSUの公式ロゴではなく角ゴシック体表記。
  47. ^ 1998年まではJリーグ準会員としてJFLとナビスコ杯に参加
  48. ^ スタジオからの中継
  49. ^ 川崎フロンターレ名物部長が企てた、漫画『テルマエ・ロマエ』とのコラボ。 - Number Web(更新日: 2012年2月17日)
  50. ^ 川崎とF・ニッポンのありえないコラボ 等々力のトラックを疾走したフォーミュラカー - スポーツナビ(更新日: 2012年7月13日)
  51. ^ オフィシャルニュース|多摩川クラシコ「アウェイ舟ツアー」参加者募集のお知らせ J's GOAL
  52. ^ お知らせ:KAWASAKI FRONTALE:4/12 清水「何もしない」プロモーション実施のお知らせ:
  53. ^ 【無事に味スタヘ到着!】多摩川クラシコ:川崎F「エアーツアー」レポート (2009年5月24日) J's GOAL
  54. ^ 川崎フロンターレ新潟戦アウェイツアー「11回目のプロポーズ」写真レポート J's GOAL、2009年7月12日
  55. ^ 「16分間」観戦ツアーにサポ殺到 豪雨中断の鹿島-川崎戦(MSN産経 2009年9月29日

外部リンク[編集]