名古屋市瑞穂公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋市瑞穂公園 > 名古屋市瑞穂公園陸上競技場
名古屋市瑞穂公園陸上競技場
"名古屋市瑞穂陸上競技場"
Mizuho Stadium 1.JPG
名古屋市瑞穂公園陸上競技場の位置
施設情報
所在地 日本の旗愛知県名古屋市瑞穂区山下通5-1[1]
位置 北緯35度7分20.55秒
東経136度56分39.56秒
座標: 北緯35度7分20.55秒 東経136度56分39.56秒
開場 1941年2月
修繕 1950年10月、1994年5月
拡張 1982年3月
所有者 名古屋市
運用者 公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会
グラウンド 天然芝(106 x 68 m)
照明 1,500ルクス
大型映像装置 エキスポビジョン
使用チーム、大会
名古屋グランパスエイト(Jリーグ)
第5回国民体育大会(1950年)
第49回国民体育大会 (1994年)
名古屋国際女子マラソン (-2010年)
全国高等学校サッカー選手権大会愛知県大会
収容能力
27,000人[1]
アクセス
#アクセスを参照。

名古屋市瑞穂公園陸上競技場(なごやしみずほこうえんりくじょうきょうぎじょう)は、愛知県名古屋市瑞穂区名古屋市瑞穂公園にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は名古屋市が所有し、公益財団法人名古屋市教育スポーツ協会が指定管理者として運営管理を行っている。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する名古屋グランパスエイトのホームスタジアムとして知られるほか、各種陸上競技大会も開催される。

概要[編集]

1941年に完成し、第5回国民体育大会(1950年)、1983年全国高等学校総合体育大会(インターハイ)開催に合わせて小規模の改修が行なわれた。

第49回国民体育大会(わかしゃち国体、1994年)秋季大会のために大掛りな改修工事を行い、それまでの30,000収容から27,000人収容に規模を変更した。

なお、1994年のJリーグ第2ステージからグランパスのホームスタジアムとなった。また、グランパスの公式戦以外にも全国高等学校サッカー選手権大会愛知県大会が開催される。

陸上競技では2010年まで3月に開催されていた名古屋国際女子マラソン、11月に開催されていた名古屋ハーフマラソンの発着点であった。

一般的には「瑞穂競技場」、「瑞穂陸上競技場[要出典]、「瑞穂グランド」と呼ばれる。なお、Jリーグにおける公式略称は「瑞穂陸」である。

当初は2002 FIFAワールドカップの開催時に、名古屋市がこのスタジアムを会場に立候補したが、改修・増築に際して消防条例に抵触する恐れがあるという理由でそれを断念し、代わって愛知県が豊田スタジアムを代替開催地として立候補した(落選)という経緯がある。

2006年3月、2005年日本国際博覧会(愛・地球博)の「愛・地球広場」で使用した大型映像装置「エキスポビジョン」が贈呈された[2]

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

サッカー[編集]

国内大会[編集]

国際大会[編集]

その他[編集]

施設概要[編集]

北側スタンド(ホームチームゴール裏)から撮影した名古屋市瑞穂公園陸上競技場のパノラマ。
メインスタンドは全面屋根つき。夜間照明はメインスタンドに屋根と一体型を設置する他、サイド・バックスタンドに鉄塔式の照明設備を設置している。

Jリーグ開催時[編集]

Jリーグ開催時のアウェイ側サイドスタンドは通常、半分がアウェーサポーター専用、残りがグランパスサポーター専用(アウェーサポーターが混在しているときもある)となっている。しかし、相手が人気チームで多くのアウェーサポーターの来場が予想される場合(浦和レッドダイヤモンズなど)はアウェー側サイドスタンドは全てアウェーサポーター専用となる。なお、前者の場合はトラブルを防ぐために緩衝エリアが設けられている。

近年、アウェーサポーターが多いと予想される場合、豊田スタジアムを利用することが多くなっており[要出典] 、年間の半数程度(リーグ戦10試合・その他カップ戦数試合)の開催にとどまりつつある。それでも、AFCチャンピオンズリーグにおける名古屋のホームゲームは全試合瑞穂で開催しており、またヤマザキナビスコカップでも瑞穂陸で行われることが多い。

なお、グランパスは2012年からホームタウンを「名古屋市・豊田市みよし市を中心とした愛知県全県」に拡大し、豊田スタジアムをホームスタジアムに登録したため、全体の主管試合開催数はほぼ折半開催(試合数の割り振りは名古屋グランパス#観客動員記録参照)となった。なお、ACL・ナビスコカップを含む水曜の試合の殆どと、夏季(8-9月)の試合は豊田スの芝生管理の観点[要出典]から従来どおり瑞穂陸で行う。

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 施設詳細の概要 (PDF) 名古屋市 2013年9月7日閲覧
  2. ^ a b c “エキスポビジョン贈呈式の開催について” (プレスリリース), 財団法人2005年日本国際博覧会協会, (2006年2月20日), http://www.expo2005.or.jp/jpn/press/press060220_02.html 2013年9月8日閲覧。 
  3. ^ スポーツグラウンドの造成”. 阪神園芸. 2013年9月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
武蔵野競技場
武蔵野市
国民体育大会
主競技場

愛知国体 (1950年)
次代:
県総合グランド
広島市
先代:
鳴門総合運動公園陸上競技場
鳴門市
国民体育大会
主競技場

わかしゃち国体
次代:
県営あづま陸上競技場
福島市