大分スポーツ公園総合競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大分スポーツ公園 > 大分スポーツ公園総合競技場
大分スポーツ公園総合競技場
"大分銀行ドーム"
OitaStadium1.JPG
Ōita Stadium with its roof opened.jpg
Ōita Stadium with its roof closed.jpg
施設情報
所在地 大分県大分市大字横尾1351番地
位置 北緯33度12分3.2秒
東経131度39分30.19秒
座標: 北緯33度12分3.2秒 東経131度39分30.19秒
起工 1998年4月[1]
開場 2001年3月[1]
所有者 大分県
運用者 株式会社大宣
グラウンド 天然芝(107m × 71m)
ピッチサイズ 105m × 68m
照明 1,500ルクス
大型映像装置 1基
建設費 251億円[1]
設計者 KTグループJV(黒川紀章建築都市設計事務所・竹中工務店さとうベネック・高山総合工業)[1]
建設者 KTグループJV(竹中工務店・さとうベネック・高山総合工業)[1]
旧称
大分スポーツ公園総合競技場(大分ビッグアイ)
九州石油ドーム(2006年3月-2010年2月)。
使用チーム、大会
大分トリニータ(Jリーグ)
2002 FIFAワールドカップ
第63回国民体育大会 (2008年)
平成25年度全国高等学校総合体育大会(2013年)
収容能力
40,000人
アクセス
#アクセスを参照。

大分スポーツ公園総合競技場(おおいたスポーツこうえん そうごうきょうぎじょう、英語: Oita Stadium)は、大分県大分市大分スポーツ公園にある陸上競技場であり、サッカーラグビーなどの球技場としても利用される。施設は大分県が所有し、株式会社大宣が指定管理者として運営管理を行っている。

なお、大分市に本店をおく地方銀行の大分銀行命名権を取得しており、2010年3月から「大分銀行ドーム」(略称「大銀ドーム」)の呼称を用いている(後述)。なお、愛称は一般公募によって決まった「ビッグアイ」である。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する大分トリニータのホームスタジアムとして知られるほか、各種陸上競技大会が開催されている。

施設概要[編集]

立地[編集]

2002 FIFAワールドカップ(以下「W杯」)開催地に大分県が立候補したのを受け、W杯と第63回国民体育大会(「チャレンジ!おおいた国体」、2008年)及び第8回全国障害者スポーツ大会(「チャレンジ!おおいた大会」、2008年)の会場として2001年3月に竣工した施設。大分スポーツ公園のある丘陵地は元々里山として利用されてきた場所であり、できるだけ里山を残す整備方針がとられた[2]

スタンド[編集]

フィールドを楕円形に囲むように半堀込式のスタンドが設けられている。W杯の基準を満たすために、全席椅子席となっている。メインスタンドとバックスタンドは二層式、サイドスタンドは一層式となっている。大規模な試合(サッカー日本代表の国際試合など)では、スタンドの前面に可動式の座席が増設され「地下1階」とされている。収容人員は、開設当初は43,000人(固定席約34,000人、可動式座席約9,000人)だったが、W杯後に可動席の前半分のブロックを廃止して40,000人収容となっている。

ホーム側サイドスタンド上部に得点表示や簡易的な文字表示が可能な電光掲示板が、アウェー側サイドスタンド上部に大型映像装置が設けられている。なお、大型映像装置は2001年の開場当初からCRT式アナログ表示のものを使用していたが、2013年2月にフルカラーLED式デジタルHD表示のものに更新された。それに合わせドーム内の映像システムもデジタル化されている。

バックスタンド内に屋内練習場が設けられている。また、メインスタンド側ホワイエには、W杯、チャレンジ!おおいた国体、チャレンジ!おおいた大会の資料を納めた展示室『メモリアル・アイ』がある。

スタンド外周は盛り土構造となっており、屋根と一体化した球面状の外観をもつ。このためスタジアム内はすり鉢状となっており、このことが空気の循環を妨げ、高温多湿の環境を作り出し、芝の生育に影響を及ぼしている(後述)。

屋根[編集]

球面状の屋根は、中央に楕円形の可動式の開口部を持つ。開場当初の愛称である「ビッグアイ」は上空から見たスタジアムが開口部を含めてのように見えるのが由来である。屋根外周の固定部は鉄骨構造にチタン板葺、可動部は透光率25%のポリテトラフルオロエチレンコーティングを施したガラス繊維一重膜を使用している。可動部の開閉は、可動屋根の端に取り付けられたワイヤロープを、アーチトラス部分に固定した滑車を介し、地下に設けられたウィンチで巻き取ることにより行っている。開動作及び閉動作に係る時間は各々約20分。

2003年までは状況に応じて屋根を開閉していたが、芝生保護の観点(後述)から、2004年以降は雨天時と屋根を閉める必要があるイベント(コンサートなど)以外、原則として屋根を開けた状態にしてあるという。

屋根の開閉機器の一部が故障したため、2010年11月5日より屋根が開いた状態がしばらく続いたが、2011年6月に復旧している[3]

オープン当初は、屋根の梁を利用したスカイカメラが設置されていたが、2003年に廃止された。

フィールド&トラック[編集]

2001年の開設当初は105 x 68 mの天然ピッチのみがある状態で、事実上球技場として使用されていた(ピッチの周囲には人工芝を取り付けていた)が、チャレンジ!おおいた国体の開催を見据えて2003年3月に陸上競技用トラック9レーンを増設した。日本陸上競技連盟第1種公認だが、開設当初はサブ競技場未完成のため2種公認だった。色はこのスタジアムを本拠地とするトリニータと同じ青。

W杯及び「チャレンジ!おおいた国体」のために建設されたため、2001年の開設当初はFIFAワールドカップの開催基準を満たしたスタジアムであった。W杯終了後、陸上トラック・フィールド設備設置のためフィールド部分の面積減少・一部可動席の廃止等を行ったが、日本サッカー協会が定める「スタジアム標準」においてFIFAAFC主催大会を含むサッカーの試合が開催可能で5クラスのうち最高の「クラスS」要件を満たしたスタジアムとなっている。

2007年のJリーグ広報ポスターにピッチの写真が用いられた[4]。大分スポーツ公園総合競技場のピッチが全面に大写しにされた上に、Jリーグのロゴマークスローガンの『Will Be』などが書かれている。

しかし開口部の小さい屋根に覆われ、半地下構造となっていることもあって芝の生育が難しい環境にあり、こけら落としとなった2001年のJリーグ公式戦・トリニータ対京都パープルサンガ戦では、試合中に剥れた芝生がはねてしまい、芝生の管理が問題視された(このため、9 - 10月に大分スポーツ公園総合競技場で開催予定だったトリニータ主催試合の一部が大分市営陸上競技場に振り替えられた。

2009年3月に芝の全面張替えを行った後も、予定よりも根付きが遅れ、ピッチコンディションは劣悪であり、2009年10月14日に開催予定だったキリンチャレンジカップトーゴ代表との試合がピッチの劣悪な状態から、宮城スタジアムに会場が変更された。しかし、同年秋以降はイベントの開催などを抑えたことから、芝生が順調に生育し、2010年2月2日に開催されたキリンチャレンジカップのベネズエラ代表戦では、芝生の状態が良好と評された[5][6][7]

管理[編集]

施設管理は、開業当初は県の外郭団体であった「大分スポパーク21」が、その後大分県の機構改革により、同法人と同じく外郭団体だった大分県文化振興財団(OASISひろば21の運営法人)が統合された「大分県文化スポーツ振興財団」が行っていた。

2006年4月1日より、広告代理店の株式会社大宣(ADKパートナー)が指定管理者となり、大分県文化スポーツ振興財団から業務を引き継いだ。

所有者の大分県は大分スポーツ公園総合競技場を本拠とするトリニータの経営再建支援を目的に、2010年度は競技場使用料金を全額減免(無料)とする処置を発表している[8]。大分県はトリニータを運営する株式会社大分フットボールクラブの株主でもある。

命名権[編集]

2006年2月、大分市に大分製油所を保有する九州石油(本社:東京都)が年額7,350万円(税込)で命名権を取得した。2006年3月1日から3年間の契約で、命名権により「九州石油ドーム」(略称:「九石ドーム」)の呼称が用いられた[9]。また、公園内にあるその他の施設にも、同社のブランド名である「ストーク」を冠した名称が付与された。ただし、国際大会など大会・興行のスポンサー以外の企業名称が使用できない場合は、正式名称の「大分スポーツ公園総合競技場」を使用する。

2009年2月、大分県は新日本石油(2008年10月に九州石油を吸収合併して命名権を継承)と年額7,350万円(税込)で2010年2月まで契約を更新。引き続き「九州石油ドーム」の呼称が使用された[9]

新日本石油は2010年4月1日に新日鉱ホールディングスとの経営統合を控えていたこともあり、2010年2月末の契約満了をもって命名権契約を更新しない方針であることを表明。

大分県はトリニータのJ2降格に伴って契約料を年5,000万円程度に引き下げた上で、新しいスポンサーを募集したものの[10][11]、2009年12月7日の期限までに応募企業はなかった。大分県は引き続き希望企業を探すとしていたが[8]、2月末までに新スポンサーが見つからなかったため、呼称を元の「大分スポーツ公園総合競技場」に戻す予定であった。

2010年3月1日、大分市に本店を置く地方銀行の大分銀行と命名権取得の契約を締結し、同日より呼称は「大分銀行ドーム」(おおいたぎんこうドーム)となった。略称には大分銀行の通称である「大銀」(だいぎん)を用い、「大銀ドーム」(だいぎんドーム)としている。契約期間は2010年3月1日から3年間、契約料は年間4,200万円[12][13]。付帯施設についても「だいぎんフィールド」、「だいぎんグラウンド」等の名称となった。

この命名権契約は2013年2月28日で満了となっていたが、2012年9月、改めて2013年3月1日-2016年2月までの3年契約(命名権料4000万円<税別>/年)を更新することが決まった[14]

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

  • 2006年9月30日 - 10月1日:第54回全日本実業団対抗陸上競技選手権大会

サッカー[編集]

国内大会[編集]

国際大会[編集]

その他[編集]

フォトギャラリー[編集]

アクセス[編集]

バス[編集]

  • JR大分駅・大分バス本社前(マクドナルド前)3番のりばから大分バス パークプレイス大分行で約30分、「大分スポーツ公園東」下車[16][17]
  • JR大分駅・大分バス本社前(朝日生命ビル横)6番のりばから大分バス パークプレイス大分行で約30分、「大分スポーツ公園東」下車[16][17]
  • なお、トリニータの公式戦時は大分バス本社前(マクドナルド前)3番のりばからシャトルバスが運行されている[17]
  • 大分空港国東市) - 佐伯駅佐伯市)間の「佐臼ライナー」(1日6往復)で「パークプレイス下」・「パークプレイス大分」バス停下車、ここから約1km。
  • 大分空港発のバスは「パークプレイス大分」施設内の同名バス停に停車。所要時間は66分。
  • 佐伯駅発のバスは「パークプレイス大分」の東側の国道197号大分南バイパス上にある「パークプレイス下」に停車。所要時間は58分。
  • 佐伯駅からパークプレイス下/大分の間では「大手前」・「佐伯コスモタウン」(以上佐伯市)・「臼杵インター」(臼杵市)の各バス停に停車し、パークプレイス下/大分との利用が可能。

自動車[編集]

  • 大分自動車道大分米良インターチェンジから国道197号大分南バイパス経由。原則として駐車場無料。
    • トリニータ公式サイトの「駐車場案内」ではスタジアム周辺には合計5,000台前後の駐車場を紹介しており、自動車での来場にも対応する。

公園内のその他施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 「大分スポーツ公園総合競技場 (ビッグアイ)」、『日経アーキテクチュア2001年6月
  2. ^ 里山を生かした整備の具体的な取り組みについて - 大分スポーツ公園公式サイト内
  3. ^ 大分銀行ドーム・稼動屋根運転再開について2011年6月10日
  4. ^ 九州石油ドームのピッチ(芝生)がJリーグのポスターに!!インターネット・アーカイブ
  5. ^ 芝青々 念願の代表戦 朝日新聞、2002年2月1日
  6. ^ 九石ドーム、良芝に関係者はひと安心 サンスポ、2010年2月2日
  7. ^ 闘莉王も満足!九石ドームのピッチ良好 サンスポ、2010年2月2日
  8. ^ a b 【トリニータ】使用料を全額免除 県が発表 大分合同新聞、2010年2月13日
  9. ^ a b “大分スポーツ公園総合競技場のネーミングライツ(命名権)延長について” (プレスリリース), 大分県, (2009年2月2日), http://www.pref.oita.jp/10400/chiji/kaiken/h21/0202/name.html 2013年8月4日閲覧。 
  10. ^ 消える「九石ドーム」 新スポンサー募集 大分合同新聞、2009年11月17日
  11. ^ J2降格で大幅値下げ! 大分が本拠地の命名権募集(サッカー) スポニチ、2009年11月18日
  12. ^ 「大分銀行ドーム」誕生 命名権契約 大分合同新聞、2010年3月1日
  13. ^ 九州石油ドーム等の名称変更について 大分スポーツ公園、2010年3月1日発表
  14. ^ 「大銀ドーム」 3年間延長(大分合同新聞2012年9月12日 2014年1月10日閲覧)
  15. ^ 10月25日(金)大分vs.奈良 開催試合中止のお知らせ(bjリーグ2013年10月25日 同10月27日閲覧)・10月26日(土)大分vs.奈良 開催試合中止のお知らせ(bjリーグ2013年10月26日 同10月27日閲覧)・2013年10月26日 開催予定試合の中止について(大分ヒートデビルズ2013年10月25日 同10月27日閲覧)・【ヒートデビルズ】幻のホーム初白星(大分合同新聞2013年10月26日 同10月27日閲覧)・感謝祭開き「おわび」 ヒートデビルズ(大分合同新聞2013年10月26日 同10月27日閲覧)
  16. ^ a b 交通アクセス 公式サイト 2013年8月4日閲覧
  17. ^ a b c スタジアム(大分銀行ドーム)”. 日本プロサッカーリーグ. 2013年8月4日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
県立中央公園陸上競技場
秋田市
国民体育大会
主競技場

チャレンジ!おおいた国体
次代:
東北電力ビッグスワンスタジアム
新潟市