富山県総合運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
富山県総合運動公園 > 富山県総合運動公園陸上競技場
富山県総合運動公園陸上競技場
"Toyama Athletic Recreation Park Stadium"
メインスタンドからピッチを望む
富山県総合運動公園陸上競技場の位置
施設情報
所在地 富山県富山市南中田368
位置 北緯36度37分30.24秒
東経137度11分44.51秒
座標: 北緯36度37分30.24秒 東経137度11分44.51秒
起工 1991年4月[1]
開場 1993年9月(竣工)[1]
修繕 2009年
所有者 富山県
運用者 財団法人富山県健康スポーツ財団
グラウンド 天然芝(106m×70m)
ピッチサイズ 105m×68m
照明 4基
大型映像装置 電光式
設計者 曽根幸一・環境設計研究所[1]
建設者 佐藤工業[1]
タカノ建設[1]
杉本建設[1]
使用チーム、大会
カターレ富山(Jリーグ)
第55回国民体育大会(2000年)
全国高等学校総合体育大会(1994年)
アローズ北陸(-2007年)
YKK APサッカー部(-2007年)
収容能力
25,251人
アクセス
当項目参照
メインスタンドを望む

富山県総合運動公園陸上競技場(とやまけんそうごううんどうこうえん・りくじょうきょうぎじょう)は、富山県富山市富山県総合運動公園内にある陸上競技場。球技場としても使用される。施設は富山県が所有し、財団法人富山県健康スポーツ財団 が指定管理者として運営管理を行っている。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)加盟のカターレ富山のホームスタジアムとして知られる他、県内唯一の日本陸上競技連盟第1種公認陸上競技場であり、各種陸上競技大会も開催される。

概要[編集]

第55回国民体育大会(2000年とやま国体)のメイン会場として、1991年4月に着工し、1993年9月に竣工した。 1994年には全国高等学校総合体育大会(インターハイ)のメイン会場、2002 FIFAワールドカップではクロアチア代表のキャンプ地となった。

なお、1994年に初のJリーグ公式戦(横浜フリューゲルス清水エスパルス)が行われ、2007年までにJリーグ公式戦が12試合行われた。

2007年まで日本フットボールリーグに所属していたアローズ北陸YKK APサッカー部がホームゲームを開催し、場合によってはダブルヘッダーで開催することもあった。[要出典]2008年に上述2クラブを統合して誕生したカターレ富山のホームスタジアムとなり、2009年にカターレがJリーグへ加盟したため、開催に見合った規格とするための改修が行われた。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック:400m×9レーン、全天候ローラーエンボス舗装
  • フィールド:106×70m(ケンタッキーブルーグラス、ティフトン)
  • 照明設備:照明塔4基、メインスタンド庇部設置投光器(近隣に富山空港が存在するため、建築制限により珍しいT字型の照明塔になっている。)
  • スコアボード:電光式(大型映像装置、高輝度広角度フルカラーLED)
  • 収容人員:25,251人
    • バックスタンドとコーナースタンドの2階部分はメインスタンドと併せて全周一体になっている。また1階部分は芝生席(ファミリースタンド)となっている。
    • メインスタンドのみ屋根が架設されている
  • バックスタンド下に300mの室内走路

主なスポーツ大会[編集]

現在
過去

その他のイベント[編集]

公園内その他の施設[編集]

  • 補助競技場(日本陸上競技連盟第3種公認)
    • トラック:全天候型舗装400m7レーン
    • 照明設備:なし 
    • 観客席:なし
  • 多目的広場(軟式野球2面分)
  • 屋内グラウンド
    • コート:67×62m(クレイ)
    • 天井高:25m
  • クロスカントリーコース
  • 芝生広場 他

交通アクセス[編集]

電車[編集]

バス[編集]

  • JR富山駅・6番乗り場から富山地方鉄道バス36系統総合運動公園行「総合運動公園」下車[2]
  • JR富山駅・5番乗り場から富山地方鉄道バス31系統笹津行き・31系統猪谷行き・32系統笹津春日温泉行き・38系統坂本二区行き「栗山南口」下車、徒歩15分[2]

自動車[編集]

飛行機[編集]

その他[編集]

  • なお、カターレはホームゲーム開催時に富山駅から有料シャトルバスを運行している。

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 「富山県総合運動公園陸上競技場」、『新建築1995年1月
  2. ^ a b c d e f アクセス 公式サイト 2013年7月21日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
熊本県民総合運動公園陸上競技場
熊本市
国民体育大会
主競技場

2000年とやま国体
次代:
宮城スタジアム
利府町