石川県西部緑地公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
石川県西部緑地公園陸上競技場
石川県西部緑地公園陸上競技場
施設情報
所在地 石川県金沢市袋畠町南193
位置 北緯36度34分32.88秒
東経136度36分19.28秒
座標: 北緯36度34分32.88秒 東経136度36分19.28秒
開場 1974年4月9日
修繕 1995年、1997年、2013年
所有者 石川県
運用者 財団法人石川県県民ふれあい公社
グラウンド 天然芝
照明 4基
大型映像装置
使用チーム、大会
ツエーゲン金沢 (Jリーグ)
全国高校総合体育大会(1985年)
第46回国民体育大会(1991年)
ガンバ大阪(-2010年)
収容能力
20,000人
アクセス
該当項目参照
石川県西部緑地公園陸上競技場・正門

石川県西部緑地公園陸上競技場(いしかわけん・せいぶりょくちこうえん・りくじょうきょうぎじょう)は、石川県金沢市の石川県西部緑地公園内にあるにある陸上競技場球技場としても使用される。施設は石川県が所有し、財団法人石川県県民ふれあい公社が指定管理者として運営管理を行っている。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブであるツエーゲン金沢のホームスタジアムとして知られるほか、各種陸上競技の大会やジャパンラグビートップリーグ公式戦なども開催される。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック400m×9レーン
  • 天然芝ピッチ
  • 大型映像装置
  • ナイター照明設備:4基

歴史[編集]

  • 1985年 全国高校総合体育大会(インターハイ)メイン会場
  • 1991年 第46回国民体育大会(石川国体)、全国身体障害者スポーツ大会メイン会場
  • 1995年 Jリーグ公式戦開催のためナイター照明設備を設置
  • 1997年 同じくJリーグ開催に備え、バック、サイド両スタンドの芝生席を座席に変更。大型映像装置設置。
  • 2002年 日本陸上競技選手権大会会場
  • 2008年 野外ライブ「a-nation」開催、ラグビートップリーグ初開催
  • 2013年10月-2014年3月まで改修工事を実施。内容はサッカーコートとして使用する場合の予備エリアを確保するため、跳躍用の助走路と砂場をトラックの外へ移設すると同時に、ドーピング検査室の設置など[1]

アクセス[編集]

  • 最寄りの鉄道駅は西金沢駅であるが、競技場まで約3km離れている。

バス[編集]

自動車[編集]

公園内その他の施設[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 記者会見の要旨 - 平成25年2月20日 - 5 未来を拓く心豊かな人づくり - 石川県2013年3月5日(2013年10月20日閲覧)
  2. ^ a b c d 交通案内・地図”. 石川県県民ふれあい公社. 2013年12月26日閲覧。
  3. ^ a b c スタジアム【金沢】”. 日本フットボールリーグ. 2013年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
博多の森陸上競技場
福岡市
国民体育大会
主競技場

石川国体 (1991年)
次代:
山形県総合運動公園陸上競技場
天童市