徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳島県鳴門総合運動公園 > 徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
"鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム"
鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
施設情報
所在地 徳島県鳴門市撫養町立岩字四枚61
位置 北緯34度10分04秒 東経134度37分04秒 / 北緯34.167855度 東経134.617857度 / 34.167855; 134.617857
開場 1971年5月
拡張 2001年、2004年、2012年
所有者 徳島県
運用者 財団法人徳島県スポーツ振興財団
グラウンド 天然芝
照明 4基[1]
大型映像装置 オーロラビジョン[2]
旧称
徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
使用チーム、大会
徳島ヴォルティス(Jリーグ)
第48回国民体育大会(1993年)
大塚製薬サッカー部(- 2004年)
収容能力
20,441人[1]
アクセス
当項目を参照。

徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場(とくしまけん なるとそうごううんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう)は、徳島県鳴門市撫養町立岩徳島県鳴門総合運動公園(鳴門・大塚スポーツパーク)内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は徳島県が所有し、財団法人徳島県スポーツ振興財団が指定管理者として管理・運営を行っている。

なお、東京都千代田区に本社を置く大塚製薬命名権を取得しており、2007年5月12日から「鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム」の呼称を用いている。※命名権に関する詳細は、徳島県鳴門総合運動公園#命名権を参照。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する徳島ヴォルティスのホームスタジアムとして知られる他、各種陸上競技大会やジャパンラグビートップリーグの公式戦などが行われている。

概要[編集]

1971年5月、日本陸上競技連盟第1種公認の陸上競技場としてオープン[2]

1992年7月、第48回国民体育大会(東四国国体、1993年)の開催に合わせてナイター照明設備や電光掲示板の設置、トラックの改装などを実施。

1993年、第48回国民体育大会を開催。

2001年2002 FIFAワールドカップのキャンプ地として立候補するためにピッチを拡張するも、誘致に失敗。

2003年ねんりんピック徳島2003の総合開会式の会場として使用。

2011年3月、高輝度LED方式のオーロラビジョンを設置[2]

改修について[編集]

2004年、J2ホームスタジアム基準を満たすために、芝の張り替え、照明の光度アップ、メインスタンドの一部個席化などの工事を実施。なお、2004年当時はバックスタンドに芝生席が設けられていた。

2011年末より、芝生席であったバックスタンド(約4,000平方メートル)の一部に個別席の建設及び審判専用更衣室内のトイレとシャワー室の新設工事を実施[3]し、2012年7月にバックスタンドに776席の個別席が完成した。これによりJ1スタジアム基準となる収容能力15,000人(芝生席は収容能力から除外)に達した[4]。なお、8月から10月までのヴォルティスのホームゲームで個別席が有料開放された[5]

2012年9月、同年7月に完成した776席とは別にバックスタンドへの5,688席の個別席設置とバックスタンド全体を覆う屋根の敷設などを行うための予算化が行われた[6]。これらの工事は2013年末の完了予定と徳島新聞は報じている[4]

サッカー開催時について[編集]

1994年以降、大塚製薬サッカー部徳島市球技場と併用でホームスタジアムとして利用していたが、ゴール裏、バックスタンドを同一料金で設定。もしくはバックスタンドを開放しないなどの措置が取られた。

2005年、ヴォルティス(大塚製薬サッカー部から組織変更)がJリーグに加盟した後、チケットの種類を見直した際に、椅子付きのゴール裏に比べ、芝生のバックスタンドの方が料金が安く設定された。これは世界的にみてもかなり珍しい料金設定になっている。[要出典]2006年からは、ゴール裏・芝生席とも同料金の設定となった。

2010年からは、メインスタンドのうち、背もたれがある中央部の席がそれ以外の席より高くなるように再設定された。また南側(大型映像装置側)ゴール裏全てがビジター側応援席だったものが、メインスタンド側半分のみの設定にする変更がなされた。なおこのアウェー席の設定は、2011年からはバックスタンド側半分に切り替えられている。

上記の通り2012年よりバックスタンドの芝生席を椅子席に変更するための改修が行われており、同7-9月の一部で最前列774席分(と当時残存していた芝生席部分)を開放しているが、それ以外の期間(2013年全期間を含む)はバックスタンドは閉鎖されている。2014年より、工事の進捗状況に応じて順次再開放する予定で、その場合、徳島ヴォルティスは「A自由席以上の座席カテゴリーとする」としている。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認[1]
  • トラック:全天候舗装、400m×9レーン[1]
  • 収容人員:20,441人(メインスタンド:5,081人、北サブスタンド:4,788人、南サブスタンド:4,472人、芝スタンド(バックスタンド):6,100人)[1]
  • 照明設備:鉄塔4基(平均照度1,500ルクス[1]
  • 高輝度LED方式オーロラビジョン(縦9.36m×横18.72m、175.22m2、2011年から)[2]
    • 電光掲示板(2010年まで)[2]
南サブスタンドから撮影した徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場のパノラマ。
なお、画像の右側はバックスタンドであるが改修工事中につき使用不可となっている(2013年8月時点)

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 陸上競技場(第1種公認陸上競技場) ポカリスエットスタジアム”. 徳島県スポーツ振興財団. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ a b c d e “ポカリスエットスタジアム向けオーロラビジョン納入のお知らせ” (プレスリリース), 三菱電機, (2011年3月4日), http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2011/0304.html 2013年8月30日閲覧。 
  3. ^ 鳴門スタジアム改修費に5,250万円 県予算化、近く着手”. 徳島新聞 (2011年12月3日). 2013年8月30日閲覧。
  4. ^ a b 個別席776席が完成 鳴門ポカリスタジアム、J1基準クリア”. 徳島新聞 (2012年7月14日). 2013年8月30日閲覧。
  5. ^ “2012シーズンホームゲームバックスタンドに関するお知らせ” (プレスリリース), 徳島ヴォルティス, (2012年10月17日), http://www.vortis.jp/news/detail.php?pressid=4733 2013年8月30日閲覧。 
  6. ^ 県9月補正予算、防災・減災軸に106億円 いじめ・LEDも拡大”. 徳島新聞 (2012年9月11日). 2013年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
山形県総合運動公園陸上競技場
天童市
国民体育大会
主競技場

東四国国体
次代:
瑞穂陸上競技場
名古屋市