福島県営あづま陸上競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
福島県あづま総合運動公園 > 福島県営あづま陸上競技場
福島県営あづま陸上競技場
"とうほう・みんなのスタジアム"
施設情報
所在地 福島県福島市佐原字神事場
位置 北緯37度43分23.85秒
東経140度21分40.63秒
座標: 北緯37度43分23.85秒 東経140度21分40.63秒
開場 1994年
所有者 福島県
運用者 公益財団法人福島県都市公園・緑化協会
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107m×70m
照明 無し
大型映像装置 高輝度フルカラーLED[1]
旧称
福島県営あづま陸上競技場
使用チーム、大会
福島ユナイテッドFC(Jリーグ)
第50回国民体育大会(1995年)
日本陸上競技選手権大会(2014年)
収容能力
21,000人
アクセス
当項目参照

福島県営あづま陸上競技場(ふくしまけんえい・あづまりくじょうきょうぎじょう)は、福島県福島市福島県あづま総合運動公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は福島県が所有し、公益財団法人福島県都市公園・緑化協会が指定管理者として運営管理を行っている。

なお、福島県福島市に本店を置く東邦銀行命名権を取得しており、2013年5月から「とうほう・みんなのスタジアム」の名称を用いている(後述)。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブである福島ユナイテッドFCのホームスタジアムとして知られるほか、各種陸上競技の大会などが開催される。

概要[編集]

1995年の第50回国民体育大会(第50回ふくしま国体)のメインスタジアムとして、1994年に開場。サッカー公式戦が開催される他、2014年6月に日本陸上競技選手権大会が当地で開催された[2][3]

2012年10月~2014年3月まで芝の張り替えやトラックの改修を行うため、各種競技の使用ができない[4]

なお、福島ユナイテッドFCは上記の改修のため、2013年は福島市信夫ヶ丘競技場などでホームゲームを開催した。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認
  • トラック:400m×8レーン
  • 天然芝グラウンド
  • 収容人員:21,000人(メインスタンド:6,500人(座席)、芝生スタンド:14,000人)
  • フィールド 105m×70m
  • 照明設備:なし
  • 大型映像装置:高輝度フルカラーLED(2014年に設置)[5]第1・2コーナー付近に設置

サッカー[編集]

Jリーグ[編集]

  • 福島ユナイテッドFCのホームスタジアムとして、2014年より開始されたJ3リーグの試合が開催されている。
    • なお同クラブ主催試合では基本的にメインスタンドのみを開放し、ゴール裏・バックスタンドの芝生席は閉鎖している。また基本的に楽器類を鳴らしての応援は禁止されているが、同クラブの応援団は第4コーナー付近の最前列に「バーニングエリア」と呼ばれる楽器類使用可能な応援席が設置されている。また第1コーナー付近にはアウェークラブの応援席もある。
  • 2003年9月13日にJ2第33節・横浜FC×アルビレックス新潟が開催され、8,574人の観客を集めたが、半数以上は隣県のアルビレックス新潟サポーターで埋め尽くされた[要出典]。試合は1-7でアルビレックス新潟が勝利した。その試合であづま陸上競技場は、Jリーグが規定するピッチの広さに充足していない事が分かったが、後に改修された。
  • 2009年5月23日、J2第17節・ベガルタ仙台×横浜FCが開催。仙台のホームスタジアムであるユアテックスタジアム仙台がグラウンドの芝張り替え工事中、事実上の準ホームスタジアムである宮城スタジアムも県高校総体会場として使用していたため、当競技場での代替開催(前回Jリーグから指摘されたピッチの広さを充足するための改修を行い開催にこぎつけた)。仙台からのサポーターを中心に8,718人の観客を集めた(サッカーの試合では過去最高の入場者数となった)。
  • 2012年9月23日、J2第35節横浜FC×徳島ヴォルティスが開催。この背景には、被災地復興支援活動としての意義に加え、横浜FCの本拠地であるニッパツ三ツ沢球技場が試合当日に使用できないことや、周辺のスタジアムも全て押さえる事ができなかったという事情もあった[6]。なお、入場者数は5,173人。

国際試合[編集]

  • 2012 FIFA U-20女子ワールドカップの開催候補地に挙げられ、改修工事も検討されていたものの、改修費用のコストの問題から開催を断念した[7]
  • 2012年8月13日U-20日本女子代表の壮行試合(カナダ女子代表戦)が開催された。当競技場初のナイターであるが、照明設備が常備されていないため移動照明車を使って開催した(入場者数は発表無し)[8]。なおこれは、福島県下で男女を通して震災後初となるサッカーの国際親善試合であった。
※この移動照明車は2014年の第98回日本陸上競技選手権大会でも一部薄暮開催、および天候が悪化されたため使用された。

その他[編集]

命名権[編集]

当競技場の維持管理や運営費用を捻出する目的で命名権(ネーミングライツ)を募集。福島県内の2社からの応募があり、2013年5月に東邦銀行と契約を締結した[3]2013年5月27日から2018年3月31日までの契約(総額5,250万円)で、「とうほう・みんなのスタジアム」の呼称を使用している[9][10]

公園内その他の施設[編集]

アクセス[編集]

  • J3リーグ開催時、福島駅より無料シャトルバスがスタジアム前まで運行される場合がある。また、公園内複数個所にある駐車場が利用可能。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ とうほう・みんなのスタジアムに「大型スクリーン」登場 - 2014年3月8日福島民友
  2. ^ “第98回日本陸上競技選手権大会”. 福島県. (2012年9月18日). http://wwwcms.pref.fukushima.jp/pcp_portal/PortalServlet;jsessionid=F6103977430F3AEB65F308B8C73897C6?DISPLAY_ID=DIRECT&NEXT_DISPLAY_ID=U000004&CONTENTS_ID=36617 2013年12月27日閲覧。 
  3. ^ a b 来年の「日本陸上」会場 東邦銀行に命名権”. 読売新聞 (2013年5月17日). 2013年12月27日閲覧。
  4. ^ 屋外施設改修工事・芝養生期間のお知らせ”. あづま総合運動公園 (2012年10月29日). 2012年10月29日閲覧。
  5. ^ 平成24年度土木部2月補正要求概要 - 2013年2月15日福島県土木部(2013年5月17日閲覧)
  6. ^ Jリーグディビジョン2 第35節 横浜FC vs. 徳島ヴォルティス 「ほけんの窓口グループPresents 燃やせ!福島魂Match」 開催決定のお知らせ”. 横浜FC (2012年7月17日). 2013年2月27日閲覧。
  7. ^ “U20女子W杯の福島開催断念”. デイリースポーツ. (2012年3月6日). http://www.daily.co.jp/soccer/2012/03/06/0004862447.shtml 2012年3月6日閲覧。 
  8. ^ 国際親善試合 ヤングなでしこ(U-20日本女子代表)vs U-20カナダ女子代表”. 日本サッカー協会 (2012年8月14日). 2013年12月27日閲覧。
  9. ^ 県営あづま陸上競技場ネーミングライツ契約の締結について”. 福島県. 2013年12月27日閲覧。
  10. ^ “県営あづま陸上競技場のネーミングライツ取得について” (プレスリリース), 東邦銀行, (2012年5月16日), http://www.tohobank.co.jp/release/date/25-0516-2.html 2013年12月27日閲覧。 

外部リンク[編集]

先代:
瑞穂陸上競技場
名古屋市
国民体育大会
主競技場

ふくしま国体
次代:
広島ビッグアーチ
広島市
先代:
味の素スタジアム
東京都
日本陸上競技選手権大会
会場

第98回
次代:
デンカ・ビッグスワン
新潟市