ブラウブリッツ秋田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラウブリッツ秋田
原語表記 ブラウブリッツ秋田
クラブカラー      ブルー[1]
創設年 1965年
所属リーグ 日本プロサッカーリーグ
所属ディビジョン J3リーグ
クラブライセンス J3
ホームタウン 秋田市[1]由利本荘市[1]にかほ市[1]男鹿市[1]を中心とする秋田県全県
ホームスタジアム
Akita Yabase Football Stadium.jpg
秋田市八橋運動公園球技場[1]
収容人数 4,992[1]
運営法人 株式会社ブラウブリッツ秋田[1]
代表者 岩瀬浩介[1]
監督 日本の旗 与那城ジョージ
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
株式会社ブラウブリッツ秋田
BLAUBLITZ AKITA Co.,Ltd.
クラブ事務所が入る東カンビル
種類 株式会社
本社所在地 010-0951
秋田県秋田市山王3丁目1-7
東カンビル1F[1]
設立 2009年9月14日[2]
業種 サービス業
事業内容 サッカークラブの運営
代表者 代表取締役社長 岩瀬浩介[1]
資本金 5,600万円[3]
売上高 1億8,800万円 (2014年1月期)[3]
営業利益 ▲2,000万円 (2014年1月期)[3]
経常利益 400万円 (2014年1月期)[3]
純利益 400万円 (2014年1月期)[3]
純資産 ▲8,700万円 (2014年1月期)[3]
総資産 2,700万円 (2014年1月期)[3]
外部リンク http://blaublitz.jp/
特記事項:2013年12月に秋田フットボールクラブ株式会社から商号変更。
テンプレートを表示

ブラウブリッツ秋田(ブラウブリッツあきた、Blaublitz Akita)は、日本秋田市由利本荘市にかほ市男鹿市を中心とする秋田県全県をホームタウンとする[1]日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するサッカークラブである。

概要[編集]

1965年創部のTDKサッカー部が前身[4]。2010年よりクラブチーム化して「ブラウブリッツ秋田」へ名称を変更。2013年Jリーグ準加盟クラブとして承認され、2014年にJリーグに入会した[1]。運営会社は株式会社ブラウブリッツ秋田である[1](2013年12月に秋田フットボールクラブ株式会社より商号を変更)[5]

クラブ名の「ブラウブリッツ(Blaublitz)」はドイツ語で「青い稲妻」を意味する[1]。エンブレムは、TDKサッカー部を受け継いだ経緯から形状は変更せず、秋田のなまはげと稲妻(ブリッツ)を取り入れたものである[4]。なお、2013年の運営会社の社名変更時にエンブレム上部の「AFC」が「AKITA」へ変更された[5]

ホームスタジアムは、秋田市八橋運動公園球技場である[1]。なお、準加盟承認時は秋田市八橋運動公園陸上競技場(秋田陸)もホームスタジアムに登録されていた[6](詳細は#スタジアムを参照)。

マスコットは秋田県の竜伝説を題材にした竜のキャラクター、ブラウゴンブラウブリッツとドラゴンからネーミングされている。語尾は「ゴン」。

歴史[編集]

前身[編集]

1965年に創部されたTDKサッカー部が前身。東北社会人サッカーリーグで11回の優勝を記録し、1985年および1986/87年日本サッカーリーグ(JSL)2部に在籍した経歴を有する。2007年に日本フットボールリーグ(JFL)に昇格したが、2009年シーズン終了後にTDKが運営から撤退することを受けて、同年9月に運営会社を設立。2010年シーズンより「ブラウブリッツ秋田」の名称でクラブチーム化した。

クラブチーム化後[編集]

2010年12月17日、クラブは秋田陸をホームスタジアムとして秋田県や秋田市と調整していたが、スタジアムの確保及び改修の目処が立たないために2011年もJリーグ準加盟申請を見送ることとなった[7][8]

2011年11月30日、ホームスタジアムとして予定している秋田陸の改修の目処が立たないため、2012年のJリーグ準加盟申請を再び見送った[9]

2012年11月30日付でJリーグ準加盟申請の書類が受理された[10]

2013年2月26日、Jリーグ準加盟が承認された[11]。8月16日に男鹿市と「スポーツ振興及び地域の活性化に関する覚書」を締結した[12][13]。11月19日、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の理事会でJリーグへの入会が承認され、2014年からのJ3リーグ参加が決定した[2][14]

2014年1月、練習場などのクラブの拠点をにかほ市から秋田市内に移転したが、秋田県全域で活動するに当たって県庁所在地のある秋田市内に拠点を置くことで「県民チーム」としての性格を強く打ち出せることなどを理由としている。なお、クラブ発祥の地であるにかほ市および由利本荘市は「マザータウン」として位置付けられることとなった[15]

成績・歴代監督[編集]

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点 得失 天皇杯 監督
2010 JFL 8位 51 34 14 9 11 54 41 +13 2回戦敗退 日本の旗 横山博敏
2011 14位 37 33 10 7 16 38 52 -14 2回戦敗退
2012 13位 37 32 9 10 13 33 41 -8 2回戦敗退 日本の旗 横山雄次
2013 8位 50 34 14 8 12 48 45 +3 2回戦敗退 日本の旗 与那城ジョージ
2014 J3 33 2回戦敗退

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

スタジアム・練習場[編集]

スタジアム[編集]

ホームスタジアムは秋田市八橋運動公園球技場であり[1]2014年のJ3リーグ全試合で使用する。なお、2013年までは秋田市八橋運動公園陸上競技場仁賀保グリーンフィールド由利本荘市西目カントリーパークサッカー場も併用していた。

練習場[編集]

2013年まではTDK秋田総合スポーツセンター (にかほ市)を使用していた。2014年より練習拠点を秋田市内に移転し[15]、秋田市八橋運動公園内の球技場、陸上競技場および多目的広場を練習場として使用している[1]

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st) 水色[1] [1] 水色[1]
FP(2nd) [1] [1] [1]
GK(1st) ピンク ピンク ピンク
GK(2nd)
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

チームカラー[編集]

  •     

ユニフォームスポンサー[編集]

提出箇所 スポンサー名 表記 提出年 備考
TDK TDK 2010年-
背中 秋田県 国民文化祭・あきた2014 2010年、2013年-
秋田ダイハツ販売 秋田ダイハツ 2013年-
パンツ 全国農業協同組合連合会
秋田県本部
あきたこまち
JA全農あきた
2014年- 2011-12年は背中

ユニフォームサプライの遍歴[編集]

トレーニングウェアスポンサー[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 背中 パンツ サプライヤー
2010 TDK -/スポーツ立県あきた SUZUE ユーアイ警備保障 hummel
2011 あきたECOらいす 稲庭うどん
佐藤養助
2012 A-LINE
2013 あきたにしました。 秋田ダイハツ PENALTY
2014 国民文化祭・あきた2014 あきたこまち JA全農あきた

メディア[編集]

テレビ[編集]

秋田テレビ
  • SUPER Jumpin'内『がんばれ!ブラウブリッツ』コーナー - 毎週金曜日16:00 - 16:50
秋田放送

ラジオ[編集]

エフエム秋田

新聞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x クラブガイド:ブラウブリッツ秋田”. J3リーグ. 2014年2月14日閲覧。
  2. ^ a b “Jリーグ入会審査(J2およびJ3)結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年11月19日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005487.html 2014年2月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 2013年度(平成25年度)Jクラブ個別情報開示資料 (PDF) Jリーグ公式サイト、2014年7月22日閲覧
  4. ^ a b クラブ紹介”. ブラウブリッツ秋田. 2014年1月9日閲覧。
  5. ^ a b 社名・エンブレム変更のお知らせ”. ブラウブリッツ秋田 (2013年12月24日). 2013年12月27日閲覧。
  6. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年2月26日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004933.html 2012年2月28日閲覧。 
  7. ^ Jリーグ準加盟申請について - 公式HPより
  8. ^ BB秋田、J準加盟申請見送り スタジアム整備間に合わず - 2010年12月18日付秋田魁新報より
  9. ^ 2011年11月30日付ブラウブリッツ秋田公式HPより
  10. ^ “準加盟申請についての記者会見を行いました” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2012年12月11日), http://blaublitz.jp/whatsnew/18666.html 2013年2月28日閲覧。 
  11. ^ Jリーグ準加盟申請承認についての記者会見を行いました”. ブラウブリッツ秋田 (2013年2月26日). 2013年2月28日閲覧。
  12. ^ “サッカー・BB秋田 試合や教室開催へ 男鹿市と覚書締結”. 秋田魁新報. (2013年8月16日) 
  13. ^ 8.16 男鹿市がブラウブリッツ秋田のホームタウンとなりました”. ブラウブリッツ秋田 (2013年8月16日). 2013年8月17日閲覧。
  14. ^ “ブラウブリッツ秋田を支えていただいているすべての皆様へ” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2013年11月19日), http://blaublitz.jp/whatsnew/24715.html 2013年12月28日閲覧。 
  15. ^ a b “拠点移設の記者会見を行いました” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2014年1月15日), http://blaublitz.jp/whatsnew/25462.html 2014年2月2日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]