Jリーグ準加盟クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Jリーグ準加盟クラブ(ジェイリーグじゅんかめいクラブ)とは、2006年から2013年まで存在した、日本フットボールリーグ (JFL) 以下のカテゴリに所属しつつ、公益社団法人日本プロサッカーリーグから日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の正会員に準じる資格を与えられたクラブである。

概要[編集]

2000年代初めになるとJFL以下のカテゴリのサッカークラブの中から、Jリーグ参入を目指すクラブが増大したことを受けて、2005年10月、日本サッカー協会 (JFA) が設置した「Jリーグ将来構想委員会」で将来的なJリーグ参入を目指すJFL以下のサッカークラブに対する準会員制度の復活が提唱された。旧「準会員」がJFLクラブ限定だったのに対し、新「準加盟」はJFLだけでなく広くJリーグ入りを目指そうとする地方のクラブにも門戸を開放した形となった。

2006年からJFAおよび日本プロサッカーリーグでは、将来的なJリーグ入会を目指すサッカークラブが入会基準をクリアし、安定したクラブ運営ができるよう支援することを念頭に、随時Jリーグ準加盟申請を受け付けることになった。それと同時に年1回Jリーグセミナーを開催し、Jリーグ入会に必要となる情報の提供・交換の場を設けた。

年4回の審査によりJ2リーグ入会の条件を満たすか、あるいはそれに準ずるクラブに対し、準加盟クラブと称することを認定している。準加盟を希望するクラブは4月、7月、10月、翌年1月のそれぞれ10日までに必要な書類をJリーグに郵送で提出し、翌月(5月、8月、11月、翌年2月)の理事会での審査・承認を得なければならない[1]。ただし、2013年度までは、最短準加盟承認翌年度のシーズンにJ2昇格を目指すには、ライセンス申請の都合上、事実上遅くとも1月10日までに準加盟申請をしなければならなかった。

準加盟資格獲得の条件[編集]

準加盟を希望するクラブは、以下の諸条件を満たした上でJリーグに準加盟を申請し、Jリーグの審査をクリアすれば準加盟が認められる。以下は2012年9月1日改訂の規定に基づく[2]

  • 協会、Jリーグの諸規程を遵守すること。
  • 法人格について、以下の要件を満たすこと。
    • 日本法に基づき設立された公益法人特定非営利活動法人[注 1]、または発行済株式総数の過半数を日本国籍を有するものが保有する株式会社であり、1年以上の運営実績があること。
    • 上記の法人は、サッカークラブの運営を主たる業務としなくてはならない。
    • クラブの経営状態が適正であること。
    • 常勤役員1名以上、常勤スタッフ2名以上。
      • 財務管理体制が確立されていること。
      • 取締役にホームタウンに在住・在勤・在学する人物を最低1名以上は保有していること[3]
  • 各クラブのホームタウンについて、以下の要件を満たすこと。
    • 将来Jリーグを目指すことを、所属する都道府県協会が承認している。
    • ホームタウンの自治体が、Jリーグを目指すクラブを支援する姿勢を文書で示している。
    • 一度決定、または予定していたホームタウンを原則Jリーグ正会員(J3リーグ会員[注 2])として加盟するまでの間は変更(移転・複数自治体との広域化)することができない[3]
  • ホームタウン内に下記の要件を満たす「特定スタジアム」を確保できること。
    • 「特定スタジアム」はJリーグ入会までにリーグの要求するスタジアムスペックをすでに満たしているか、将来的に満たすことができるように新設、ないしは改修可能であること。
    • かつ、準加盟申請クラブがJリーグ入会に際して、クラブライセンス交付規則に定める基準を満たすホームスタジアムを自治体が整備する必要であることを認識して、整備に向けて取り組む意向があることを文章で示していること[3]
  • JFL・地域リーグまたは都道府県リーグに参加していること。
  • 相当数の企業の支援が得られる見込みがある。
  • 練習場を確保していること。特にトップチームの練習会場が天候・日時を問わず常に確保できる状態であること。屋内・屋外の種別は問わず[3]
  • 都道府県リーグ所属クラブは、JFAの「Jリーグ加盟を標榜するクラブに対する優遇措置」の利用を具体的に計画していること(これは2011年廃止)。
  • 育成組織(ユース、またはジュニアユースチーム)の保有義務付け、ならびに1年以上サッカースクール・クリニックの開催実績があること[3]
  • Jリーグが定めた定款が適切、かつ適正に整備されていること[3]
  • その他Jリーグが必要と認める事項を満たすこと。

なお、2012年度からJリーグ準加盟のJFLクラブがJ2リーグに昇格するに当たり、J2から降格するクラブについては、収入の減少による経営環境の悪化を考慮して、経営の状況に応じて運営費の助成を行う制度を設けることになり、その第1号として、J2リーグからJFLに降格・準加盟となった町田ゼルビアに対し、5000万円を助成することになった[4][5]

準加盟クラブのJリーグ入会要件[編集]

2012年まで[編集]

準加盟クラブがJFLにおいて所定の成績(2006年[注 3]および2012-13年は2位以内[注 4]、2007-11年は4位以内[注 5])に入れば、J2入会資格を得る。

なお、J2からJFLに降格した場合はJリーグ正会員資格を喪失したものとみなされ、JFLへは「Jリーグ準加盟への復帰」の扱い[4]で戦うことになる。一部のマスコミではJFL降格クラブについて、「Jリーグ加盟のライセンスの一部を取得しているため」との解釈で、区別のため「Jリーグ準会員」とする件[6]があったが、Jリーグの公式サイトではJFLに降格したクラブも「Jリーグ準加盟」[7]として扱い掲載している。

なお実際に昇格可能かは、準加盟とは別に正式加盟のための本審査(平年秋季に実施)を受けた上で判断される。またその前に行う予備審査(平年夏季に実施)でJリーグの基準を満たしていない場合は是正を促すが、その是正が本審査前までには不可能であり本審査を行なうに値しないと判断された場合は、本審査を受けられず事実上翌年からのJ2昇格が不可能となる。また2013年以降については、Jリーグ入会のためにはクラブライセンスの取得が必須となり、正式加盟の可否はこの基準によって判断される。

このため、準加盟が認められたからといって、成績面でのJ2昇格案件を満たしてもこのクラブライセンスなどにより昇格・入れ替え戦参加が認められない場合もある。準加盟が認められ、成績要件を満たしながら昇格の権利を得られなかったチームとしては、FC町田ゼルビア(2010年、成績要件を満たしながらスタジアムの問題から予備審査段階で加盟申請断念)とAC長野パルセイロ2012年2013年、スタジアムの問題からクラブライセンス[注 6]の申請を行わず)の例がある。

2013年度[編集]

2013年は翌年発足予定のJ3リーグへの参加条件として準加盟を必須としたことから、多数のクラブが準加盟申請を行い、承認された。そのうえで、J3参加については、J3の開催スタジアムとライセンス取得に必要な運営面での審査(次項以後後述)、並びに所属するリーグの成績(順位としてはJ2の成績<自動降格によるJ3配属クラブ>→J2・JFL入れ替え戦の結果による敗戦クラブ<J3配属クラブ>→2013年JFLのリーグ成績→地域リーグ決勝大会決勝リーグ進出→同大会予選リーグ進出…)を参考とし、それらの上位から順番にチーム数を割り当て、最終的に第1回J3リーグに参加するチームを決定した。

なお、J3リーグに参加するクラブについては、当初「Jリーグ準会員」の資格が与えられることとされていた(最終的にJ3リーグ参加クラブも正会員の資格が与えられることになっている)ことから、準加盟クラブのうちJ3リーグに参加出来なかったクラブについては、2014年以降「Jリーグ百年構想クラブ」の位置づけが与えられることになった。

準加盟が承認されたクラブ[編集]

クラブ名および所属リーグは申請時時点。継続審議となったものについては最終結論のみ記す。

クラブ名 所属リーグ ホームタウン 申請年月 審議日 Jリーグ
入会年度
備考
ロッソ熊本 JFL 熊本県熊本市 2006年6月23日 2006年8月15日[8] 2008年 現クラブ名:ロアッソ熊本
栃木SC JFL 栃木県宇都宮市 2006年7月 2007年2月20日[9] 2009年
FC岐阜 JFL 岐阜県岐阜市 2007年1月 2007年3月16日[10] 2008年 付帯事項付承認[注 7]
ガイナーレ鳥取 JFL 鳥取市を含む4市[† 1]を中心とする鳥取県全県 2007年1月 2007年2月20日[9] 2011年
ファジアーノ岡山FC 中国 岡山市を含む3市[† 2]を中心とする岡山県全県 2007年7月 2007年8月21日[11] 2009年
カターレ富山 JFL 富山市を中心とする富山県全県 2008年1月 2008年2月19日[12] 2009年
ニューウェーブ北九州 JFL 福岡県北九州市 2008年1月 2008年2月19日[12] 2010年 現クラブ名:ギラヴァンツ北九州
FC町田ゼルビア JFL 東京都町田市 2009年1月 2009年2月17日[13] 2012年/2014年[注 8]
V・ファーレン長崎 JFL 諫早市長崎市を中心とする長崎県全県 2009年1月 2009年2月17日[13] 2013年
SC相模原 神奈川1部 神奈川県相模原市 2010年1月 2010年2月16日[14] 2014年
松本山雅FC JFL 長野県松本市[注 9] 2010年1月 2010年2月16日[14] 2012年
ツエーゲン金沢 JFL 金沢市を含む3市2町[† 3]を中心とする石川県全県 2012年11月16日[15] 2013年2月26日[7] 2014年 3回目の申請[注 10]
カマタマーレ讃岐 JFL 高松市丸亀市を中心とする香川県全県 2010年12月18日 2011年2月15日[17] 2014年
AC長野パルセイロ JFL 長野県長野市[注 11] 2011年11月30日[18] 2012年7月23日[19] 2014年
ブラウブリッツ秋田 JFL 秋田市を含む4市[† 4]を中心とする秋田県全県 2012年11月30日[20] 2013年2月26日[7] 2014年
レノファ山口 中国 山口市を中心とする山口県全県 2013年6月10日[21] 2013年8月20日[22] -
グルージャ盛岡 東北1部 岩手県盛岡市[23] 2013年6月17日[24] 2013年8月20日[22] 2014年
横浜スポーツ&カルチャークラブ JFL 神奈川県横浜市 2013年6月27日[25] 2013年8月20日[22] 2014年
福島ユナイテッドFC JFL 福島市を中心とする福島県全県 2013年6月25日[26] 2013年9月17日[27] 2014年 2回目の申請[注 12]
FC琉球 JFL 沖縄市を中心とする沖縄県全県 2013年6月26日[28] 2013年9月17日[27] 2014年 3回目の申請[注 13]
奈良クラブ 関西1部 奈良市を中心とする奈良県全県 2013年6月20日[29] 2013年9月17日[27] -
tonan前橋 関東1部 群馬県前橋市 2013年6月27日[30] 2013年9月17日[27] -
ヴァンラーレ八戸 東北1部 青森県八戸市十和田市五戸町 2013年6月28日[31] 2013年9月17日[27] -
藤枝MYFC JFL 静岡県藤枝市を含む4市2町[† 5] 2013年6月28日[32] 2013年9月17日[27] 2014年
アスルクラロ沼津 東海1部 静岡県沼津市 2013年6月28日[33] 2013年9月17日[27] -
  • 備考
    •   2014年シーズン時点でJ2所属のクラブ
    •   2014年シーズン時点でJ3所属のクラブ
    •   2014年シーズン時点でJFL所属の準加盟が承認されたクラブ
    •   2014年シーズン時点で地域リーグ及び都道府県リーグ所属の準加盟が承認されたクラブ
準加盟を申請しながら承認されなかった(継続審議・不認可)申請クラブ
クラブ名 所属リーグ ホームタウン 申請年月 現段階での状態
MIOびわこ滋賀 JFL 滋賀県草津市東近江市[34] 2013年6月27日[35] 継続審議
ヴィアティン桑名 三重2部 三重県桑名市 2013年6月28日[36] 書類不備により申請不受理[37]
栃木ウーヴァFC JFL 栃木県栃木市[34] 2013年6月28日[38] Jリーグ百年構想クラブに認定[39]
FC鈴鹿ランポーレ 東海1部 三重県鈴鹿市[34] 2013年6月28日[40] 継続審議

脚注[編集]

注記[編集]

  1. ^ ただし運営法人が特定非営利活動法人の場合、Jリーグ規約第12条の規定に基づき、そのままではJ2会員以上となることが出来ない(公益法人または株式会社等に改組する必要がある)。
  2. ^ 2013年まではJ2リーグ会員
  3. ^ 準加盟制度ができる前の1999年-2005年も、Jリーグ参入希望があり、なおかつJリーグ加盟申請をしたクラブに対しては原則2位以内を条件としてJ2昇格が認められた。ただし1999年の水戸ホーリーホックと2004年のザスパ草津は3位で終わったが、前者は優勝の横浜FCがJFL準会員であったため正会員で2位以内の成績を収めたことと解釈して、また後者は2位のHonda FCと勝ち点・得失点差が同点(総得点数で草津は3位)だったことを考慮してJ2昇格が認められた
  4. ^ 2012年以後は1位は自動昇格、2位はJ2・JFL入れ替え戦に進出し勝利した場合に昇格。
  5. ^ 自動昇格。ただし、J2の枠(22チーム)を超過するチーム数が昇格することはないものとされた。
  6. ^ 2013年はJ2ライセンス
  7. ^ 「クラブ経営などが改善されないと、たとえJFLで優勝してもJ2に入会できないことを、クラブ内外の関係者に周知すること」「6月ないし8月にJリーグによる予備審査を受けること」の付帯条項付きで準加盟認定を受けている[10]
  8. ^ 2013年はJFL降格[4]に伴って正会員資格を喪失[7][6]
  9. ^ 申請当時、公式HPでは「松本市を中心とする全県」としていた他、2012年版のJリーグファンズガイドでは「長野県全県をホームタウン」と位置づけて掲載していた。現在のホームタウンは長野県松本市、安曇野市山形村塩尻市
  10. ^ 2010年4月に1回目の申請を行うも、書類不備[16]でJリーグ側が不受理。2011年1月7日に2回目の申請を行うが継続審議となり、2012年に再提出を行ったもの。
  11. ^ 公式HPでは「長野市を中心とする北信地域」としている。
  12. ^ 「FCペラーダ福島」時代(当時東北2部)の2007年1月に1回目の申請を行うが、2007年2月20日に不認可[9]となり、再申請を行ったもの。
  13. ^ 2008年1月に1回目の申請を行うが、2008年2月19日に不認可[12]、2011年1月11日に再申請を行うが承認が事実上見送られた状態になっており、改めて再申請を行った。

出典[編集]

  1. ^ Jリーグ準加盟クラブ募集要項 (PDF) 、p.4
  2. ^ Jリーグ準加盟規程(平成24年9月1日改正) (PDF)
  3. ^ a b c d e f “「Jリーグ準加盟規程」改定について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年9月6日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004668.html 2012年9月20日閲覧。 
  4. ^ a b c “J2ゼルビア1年で降格 最下位”. 朝日新聞多摩版. (2012年11月12日). http://mytown.asahi.com/tama/news.php?k_id=14000001211130001 2012年11月21日閲覧。 
  5. ^ “JFL降格クラブに補助金”. NHK NEWS WEB. (2012年11月20日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121120/k10013643091000.html 2012年11月21日閲覧。 
  6. ^ a b “JFL降格町田に救済措置…「理念推進費用」導入提案”. スポーツニッポン. (2012年11月14日). http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2012/11/14/kiji/K20121114004550860.html 2013年6月26日閲覧。 
  7. ^ a b c d “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年2月26日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004933.html 2012年2月26日閲覧。 
  8. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2006年8月15日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00001338.html 2012年3月11日閲覧。 
  9. ^ a b c “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2007年2月20日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00001572.html 2012年3月11日閲覧。 
  10. ^ a b “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2007年3月16日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00001617.html 2012年3月11日閲覧。 
  11. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2007年8月21日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00001950.html 2012年3月11日閲覧。 
  12. ^ a b c “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2008年2月19日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00002221.html 2012年3月11日閲覧。 
  13. ^ a b “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2009年2月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00002818.html 2012年3月11日閲覧。 
  14. ^ a b “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2009年2月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00003381.html 2012年3月11日閲覧。 
  15. ^ “Jリーグ準加盟 申請書類の提出について” (プレスリリース), ツエーゲン金沢, (2012年11月20日), http://www.zweigen-kanazawa.jp/news2012/newsDetail521.html 2013年6月26日閲覧。 
  16. ^ “J準加盟を再度申請・ツエーゲン金沢”. 北國新聞. (2011年1月8日). http://www.hokkoku.co.jp/subpage/LS20110108601.htm 2013年6月26日閲覧。 
  17. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2011年2月15日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00003863.html 2012年3月11日閲覧。 
  18. ^ “Jリーグ準加盟申請書類の受理について” (プレスリリース), AC長野パルセイロ, (2011年12月19日), http://parceiro.co.jp/news/topic/201112190464.html 2012年12月11日閲覧。 
  19. ^ “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2012年7月23日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004604.html 2012年7月23日閲覧。 
  20. ^ “準加盟申請について” (プレスリリース), ブラウブリッツ秋田, (2012年12月11日), http://blaublitz.jp/whatsnew/18644.html 2012年12月11日閲覧。 
  21. ^ “Jリーグ準加盟申請提出について” (プレスリリース), レノファ山口FC, (2013年6月13日), http://www.renofa.com/news/index.php?mod=news_top&act=detail&cate=&mon=&no=293#_news 2013年6月13日閲覧。 
  22. ^ a b c “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年8月20日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005277.html 2013年8月20日閲覧。 
  23. ^ “グルージャJ準加盟申請 来年度創設のJ3加入へ一歩”. 岩手日報. (2013年6月18日). http://www.iwate-np.co.jp/sports/y2013/m06/spo1306192.html 2013年6月20日閲覧。 
  24. ^ “Jリーグ準加盟申請提出について” (プレスリリース), グルージャ盛岡, (2013年6月18日), http://www.grulla.jp/news_2013_06.html#7 2013年6月18日閲覧。 
  25. ^ “Jリーグ準加盟申請書提出に関してのご報告” (プレスリリース), Y.S.C.C., (2013年6月27日), http://www.yscc1986.net/news/2013/06/27 2013年6月27日閲覧。 
  26. ^ “「Jリーグ準加盟申請」提出について” (プレスリリース), 福島ユナイテッドFC, (2013年6月25日), http://fukushimaunited.com/news/pr/j-3.html 2013年6月25日閲覧。 
  27. ^ a b c d e f g “Jリーグ準加盟審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年9月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005325.html 2013年9月17日閲覧。 
  28. ^ “【お知らせ】Jリーグに準加盟申請書を提出” (プレスリリース), FC琉球, (2013年6月26日), http://fcryukyu.com/information/event.php?id=1372246157 2013年6月26日閲覧。 
  29. ^ “Jリーグ準加盟申請書類提出のお知らせ” (プレスリリース), 奈良クラブ, (2013年6月20日), http://naraclub.jp/archives/22504 2013年6月20日閲覧。 
  30. ^ “Jリーグ準加盟申請書提出について” (プレスリリース), tonan前橋, (2013年6月28日), http://tonan.sc/news/2013/20130628_jyunkameisinsei_teisyutsu.html 2013年6月28日閲覧。 
  31. ^ “「Jリーグ準加盟申請書」提出について” (プレスリリース), ヴァンラーレ八戸, (2013年6月28日), http://www.vanraure.com/football/pickup/2196/ 2013年6月28日閲覧。 
  32. ^ “「Jリーグ準加盟申請」書類提出とロゴ登録のご報告” (プレスリリース), 藤枝MYFC, (2013年6月28日), http://myfc.co.jp/?p=3028 2013年6月28日閲覧。 
  33. ^ “J3に参加意思 藤枝MYFC、アスルクラロ沼津”. @S (静岡新聞社静岡放送). (2013年6月28日). http://www.at-s.com/sports/detail/696033737.html 2013年6月29日閲覧。 
  34. ^ a b c Jリーグ準加盟申請クラブについて (PDF)
  35. ^ “Jリーグ準加盟申請 書類提出のお知らせ” (プレスリリース), MIOびわこ滋賀, (2013年6月29日), http://www.fcmi-o.com/page.html?submenuKey=1155013508806&id=1372478391834&mode=view 2013年6月29日閲覧。 
  36. ^ “Jリーグ準加盟申請書提出に関してのご報告” (プレスリリース), ヴィアティン桑名, (2013年6月28日), http://www.veertien.jp/fc/wtn/?p=781 2013年6月28日閲覧。 
  37. ^ “19クラブ審査へ=来年発足J3-Jリーグ”. 時事ドットコム (時事通信社). (2013年7月1日). http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2013070100924 2013年7月1日閲覧。 
  38. ^ “Jリーグに準加盟申請書提出” (プレスリリース), 栃木ウーヴァFC, (2013年6月28日), http://www.tochigi-uva.com/event/jリーグに準加盟申請書提出 2013年6月28日閲覧。 
  39. ^ “Jリーグ百年構想クラブ 審査結果について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2014年5月20日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00005822.html 2014年5月20日閲覧。 
  40. ^ “準加盟申請書提出ご報告” (プレスリリース), 三重すずかスポーツクラブ, (2013年6月28日), http://blog.fcsuzuka.net/article/367761857.html 2013年6月29日閲覧。 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

以下、Jリーグ準加盟制度を参考として設けられた制度

外部リンク[編集]