にかほ市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
にかほし
にかほ市
Kisakata.jpg
Flag of Nikaho Akita.svg
にかほ市旗
Symbol of Nikaho, Akita.svg
にかほ市章
市旗・市章、共に2005年平成17年)10月1日制定
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 秋田県
団体コード 05214-1
面積 240.71km²
総人口 25,845
推計人口、2014年11月1日)
人口密度 107人/km²
隣接自治体 秋田県由利本荘市
山形県飽海郡遊佐町
(海を挟んで隣接)
山形県酒田市
市の木 むら杉
市の花 ねむの花
他のシンボル 市の鳥 : 海鵜
市の魚 :
にかほ市役所
所在地 018-0113
秋田県にかほ市象潟町字浜ノ田1番地
北緯39度12分10.8秒東経139度54分27.8秒
にかほ市役所.jpg
外部リンク にかほ市 公式サイト

にかほ市位置図

― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

にかほ市(にかほし)は、秋田県南西部の2005年平成17年)10月1日由利郡仁賀保町金浦町象潟町が合併し発足した。2005年平成17年)3月由利本荘市の発足に続く合併により、由利郡は消滅した。秋田県で唯一のひらがな自治体である。

シンボル[編集]

統合後の2006年に市民からの応募をもとに4種類の市の象徴が選定された。

  • むら杉 〔市の木〕

貴重な天然スギ林を形成するムラスギは、学術的価値が高く市の宝として守り育てるべき木で、秀峰鳥海山に抱かれたにかほ市を象徴する木である。

にかほ市内に多く生育するネムは、松尾芭蕉『きさかたや』の句にも詠まれ、県内で最も温暖な気候条件にあるにかほ市を象徴する花である。

  • 海鵜 (うみう)〔市の鳥〕

市内の海岸に生息するウミウは、大須郷海岸に本州日本海側としては唯一の繁殖地を有し、豊かな環境と生態系を有するにかほ市を象徴する鳥である。

  • 〔市の魚〕

掛魚(かけよ)まつりで知られるタラは、人々と日本海との関わりの歴史を有し、独特の文化を伝承するにかほ市を象徴する魚である。

地理[編集]

鳥海山から見たにかほ市
にかほ市から見た鳥海山

人口[編集]

Demography05214.svg
にかほ市と全国の年齢別人口分布(2005年) にかほ市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― にかほ市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
にかほ市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 30,542人
1975年 30,096人
1980年 31,428人
1985年 32,033人
1990年 31,838人
1995年 31,336人
2000年 30,347人
2005年 28,972人
2010年 27,545人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

合併までのいきさつ[編集]

平成の大合併において、2002年6月に法定合併協議委員会を秋田県内でもっとも早く[1]設立した。しかし新市の名称が「にかほ市」となり、本庁舎の所在地が金浦町役場と決まったことにより[2]、象潟町が反発。町民アンケートでも単独立町が合併推進を上回り多数を占めたため、2003年10月に合併協の離脱を申し入れ[3]、議会もこれに同意した[4]。他の二町はこれに同意せず、合併協議会は枠組みを残したまま中断状態になった。そのため、美郷町が同県に於ける大合併の口火を切ることとなった。

中断中の2004年3月、「新市の名称と事務所の位置」を再協議することについて秋田県知事寺田典城が三町長に対して提案したが、象潟町長はアンケートで自立を選択した町民が多数を占めたことを理由に二点の再協議が行われるのみでは法定協議会に復帰しない意思を示した[5]

その後、離脱申し入れ当時の象潟町長が任期満了で退任し、それに伴う町長選挙で、合併推進を掲げた元象潟町職員の横山忠長が当選した。象潟町は新市の名称と事務所の位置の再協議を含む三項の申し入れを合併協議会に行い、それに対する合併協議会の了承を受けたうえで、町民アンケートを行い、協議会復帰の意見が多数だったことを受けて、合併協議会に復帰した[6]。再協議の結果、自治体名を「にかほ市」のままとし、本庁舎の所在地を象潟町役場とすることとなった[7]。その後の協議を経て、2005年10月に合併。にかほ市が誕生した。初代市長には、旧象潟町長だった横山が元県職員の候補を退けて就任した。

新住所表示[編集]

合併協議の遅れによって決まっていなかった合併後の住所は、旧仁賀保町・金浦町地域の住所から旧町名が省かれ、旧象潟町だけ住所に旧町名を残すことになった。このため、合併後の象潟地域で新たに郵便番号を付番した地域が存在する。

仁賀保町)・(金浦町):にかほ市-
象潟町):にかほ市象潟町字-、または、にかほ市象潟町○○字-

歴代市長[編集]

行政[編集]

警察[編集]

消防[編集]

経済[編集]

産業[編集]

工業[編集]

TDK企業城下町として知られ、旧・仁賀保町とその周辺には、TDKの工場・関連会社が集中する。また、社会人野球・TDK硬式野球部の本拠地が置かれ、2006年平成18年)の都市対抗野球大会では初優勝。秋田県勢は勿論の事、東北勢にとっても悲願の初優勝を成し遂げた。

漁業[編集]

象潟漁港付近の空中写真。1976年撮影の6枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

郵便局[編集]

  • 象潟郵便局
  • 小滝郵便局
  • 上浜郵便局
  • 洗釜簡易郵便局
  • 仁賀保郵便局
  • 由利院内郵便局
  • 小出郵便局
  • 金浦郵便局
  • 大竹簡易郵便局

金融機関[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

  • 西尾市(愛知県)
    • 金浦町と吉良町の間での友好親善交流宣言の継続
  • 松島町(宮城県)
    • 象潟町との間で夫婦町盟約締結

海外[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

一般国道[編集]

主要地方道[編集]

一般県道[編集]

教育[編集]

高等学校[編集]

中学校[編集]

  • にかほ市立仁賀保中学校
  • にかほ市立釜ヶ台中学校
  • にかほ市立金浦中学校
  • にかほ市立象潟中学校

小学校[編集]

  • にかほ市立平沢小学校
  • にかほ市立院内小学校
  • にかほ市立小出小学校
  • にかほ市立釜ヶ台小学校
  • にかほ市立金浦小学校
  • にかほ市立象潟小学校
  • にかほ市立上浜小学校
  • にかほ市立上郷小学校


名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

名所・旧跡・観光スポット[編集]

象潟
平沢海水浴場
平沢海水浴場

祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

その他[編集]

  • 市外局番0184で、由利本荘市と共通である。

脚注[編集]

  1. ^ 大内町広報平成15年2月号
  2. ^ 秋田県における市町村合併の記録 にかほ市
  3. ^ 仁賀保町・金浦町・象潟町合併協議会だより かけはし 第15号
  4. ^ 仁賀保町・金浦町・象潟町合併協議会だより かけはし 第16号
  5. ^ 仁賀保町・金浦町・象潟町合併協議会だより かけはし 第17号
  6. ^ 仁賀保町・金浦町・象潟町合併協議会だより かけはし 第19号
  7. ^ 仁賀保町・金浦町・象潟町合併協議会だより かけはし 第20号

関連項目[編集]

外部リンク[編集]