ウミウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウミウ
ウミウ
ウミウ Phalacrocorax capillatus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: ウ科 Phalacrocoracidae
: ウ属 Phalacrocorax
: ウミウ P. capillatus
学名
Phalacrocorax capillatus
(Temminck & Schlegel, 1850)
和名
ウミウ
英名
Japanese Cormorant
Temminck's Cormorant

ウミウ(海鵜、Phalacrocorax capillatus)は、ペリカン目ウ科ウ属に分類される鳥類

分布[編集]

ロシア南東部、大韓民国朝鮮民主主義人民共和国中華人民共和国東部、日本

日本では、九州以北の海岸で局地的に繁殖し、繁殖地付近では留鳥として周年生息する。それ以外の海岸には越冬のため冬鳥として飛来し、南西諸島まで記録がある。

形態[編集]

全長84-92cm。翼開長133-152cm。体重2-3kg。全身は緑色の光沢がある黒い羽毛に覆われる。

嘴基部周辺は羽毛がなく、白と黄色の皮膚が露出する。黄色部は三角形状に尖る。嘴の色彩は黒みを帯びた黄色。

夏羽は頭部と大腿部に白い羽毛が生え、腰に白い斑紋が入る。幼鳥は全身が黒褐色の羽毛で覆われ、下面が白い羽毛で被われる個体もいる。

生態[編集]

岩礁海岸に生息する。

食性は動物食で、主に魚類を食べる。

繁殖形態は卵生。小規模な集団繁殖地(コロニー)を形成する。海岸にある断崖の隙間に枯草や海藻を組み合わせた皿状の巣を作り、5-7月に1回に4-5個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約4週間。雛は孵化してから47-60日で巣立つ。

人間との関係[編集]

日本での鵜飼には本種が用いられるが、中国ではカワウが用いられる。これは本種がカワウより大きいこと、中国では本種よりカワウが多いことによる。

日本では1934年に壁島(山口県)が「壁島ウ渡来地」、1945年照島(福島県)が「照島ウ渡来地」として越冬地が、1972年粟島(新潟県)が「粟島のオオミズナギドリおよびウミウ繁殖地」として繁殖地が国の天然記念物に指定されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「ウミウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類