倉敷市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
くらしきし
倉敷市
Kurashiki bikatiku naka-bashi.JPG
美観地区中橋と考古館
Flag of Kurashiki, Okayama.svg
市章
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 岡山県
団体コード 33202-0
面積 354.73km²
総人口 478,591
推計人口、2014年8月1日)
人口密度 1,350人/km²
隣接自治体 岡山市玉野市総社市浅口市
小田郡矢掛町都窪郡早島町
(海上で隣接)
香川県坂出市丸亀市
市の木 クスノキ
市の花 フジ
市の鳥 カワセミ
倉敷市役所
所在地 710-0833
岡山県倉敷市西中新田640番地
北緯34度35分6.3秒東経133度46分19.6秒
倉敷市役所本庁
外部リンク 倉敷市

倉敷市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

倉敷市(くらしきし)は、日本本州瀬戸内海沿岸、中国地方の南東部及び岡山県の南部に位置するである[1]中核市に指定され、中国地方で三番目の総人口を擁する。

概要[編集]

倉敷市支所の行政区分
水島コンビナート
瀬戸大橋

倉敷市は昭和42年の旧倉敷市・玉島市・児島市の3市による新設合併により発足した。倉敷川沿いの白壁の町並みが「美観地区」として有名な観光地である一方、製造品出荷額は約4兆円に上り、大阪市に次ぐ西日本を代表する工業都市である。

市内は本庁および各支所の管轄するエリアを基準に8つのエリアに分けられる。行政観光倉敷コンビナートを持つ水島学生服ジーンズメッカ児島貿易港新幹線駅のある玉島などといった地理や歴史の異なる多様な地域で形成されている。8エリアのうち倉敷・水島は2エリア合わせて旧倉敷市域に相当し、他のエリアは各支所管内が各旧自治体域に相当している。

倉敷市は平成23年3月「都市計画マスタープラン」[2]を策定し、その中で「地域別まちづくりの方針<地域別構想>」[3]として、人口・面積規模が大きく一定の生活圏の広がりを有している本庁(倉敷)および水島・玉島・児島支所の各管轄エリアを「地域」、先の4エリアより人口・面積の規模は小さいが身近な生活圏を担っている庄・茶屋町・船穂・真備支所の各管轄エリアを「地区」と設定。市内を4地域4地区に分けて街作りの方針を掲げている[2]

主要な市街地としては上記の四つの主要地域に分散し、各人口規模は倉敷で20万人弱、水島・玉島・児島は概ね10万人弱である。行政人口は48万人の中核市であるが港湾・工業・観光の機能を除けば東に隣接する岡山市衛星都市的性格になっている。

なお、8エリアの単位呼称は場合や組織により変わることもあり、地域・地区と呼び分けずに、地域または地区もしくは他の呼称を統一したり、単位呼称をつけずに呼んだりと、弾力的に呼称されている。

またエリア分けも組織などにより複数のバリエーションがあり、例えば「4地区」を近隣の「地域」に含み、庄・茶屋町を倉敷、船穂・真備を玉島に含むこともある。また他にも、倉敷と水島を併せて旧倉敷市域という意味で「倉敷」として扱う場合もある。

地理・地勢[編集]

市域は岡山県の南中央部に位置し、市西部を高梁川が北から南に流れ瀬戸内海にそそいでいる。平野の多くは干拓地沖積平野で占められ児島地域を除き比較的平坦である。市内には児島、亀島山、玉島、連島など「島」の付く地名が多く、それらの地域が陸続きになって今の市域が形成されている(「島」の付く地名は、かつて付近一帯が干拓される以前には島だった名残である)。

山陽新幹線山陽本線山陽自動車道国道2号が東西に横断し、山陰地方を結ぶ伯備線四国を結ぶ瀬戸大橋瀬戸大橋線も市内を経由しており交通物流の結節点としての重要な地位を占めるに至っている。

主な自然地形[編集]

  • 主な山岳
    • 種松山 - 258.4m 倉敷 粒江
    • 大山 - 143.7m 倉敷 生坂
    • 向山 - 100.0m 倉敷 向山
    • 大平山 - 161.9m 水島 連島矢柄
    • 鴨ヶ辻山 - 283.9m 水島 呼松
    • 弥高山 - 307.6m 玉島 陶
    • 鷲羽山 - 133.5m 児島 下津井田ノ浦
    • 竜王山 - 203.4m 児島 味野
    • 王子が岳 - 227.8m 児島 唐琴
    • 由加山 - 273.1m 児島 由加
    • 仙随山 - 269.9m 児島 田の口
    • 鷲峰山 - 399.2m 真備 妹(せ) ※市内最高峰
  • 主な河川
    • 高梁川 - 110.7km:一級河川(源流 新見市花見山)
    • 小田川 - 40.2km :一級河川(源流 広島県神石高原町
    • 倉敷川 - 13.6km:二級河川(美観地区を起点とする汐留川、旧源流は酒津・高梁川)
    • 里見川(玉島) - 13.3km:二級河川(源流 浅口市鴨方町 妙見山)
    • 小田川(児島) - 5.4km:二級河川(源流 児島柳田 石鉄山)
    • 下村川(児島) - 2.16km:二級河川(源流 児島上の町)
    • 郷内川(児島) - 5.15km:二級河川(源流 林・木見、倉敷川へ合流)
  • 岡山平野
  • 児島半島
  • 水島灘

気候・環境[編集]

温暖で晴れの日が多く雨が少ない瀬戸内海式気候に属する反面、高梁川による豊富な水資源の恩恵で水不足になることは稀である。冬から春にかけては、中国大陸から流入する黄砂に見舞われることもある。また、冬には、積雪みぞれ)の観測される日も年に1~2回程度はあるが、大雪は極めて少ない。

太平洋高気圧に覆われる夏季には瀬戸内海沿岸特有の「」が発生し、35度を超える猛暑酷暑となる日や、熱帯夜になる日もある。また、瀬戸内海を隔てて南方に位置する千数百メートル級の急峻な山々が連なる四国山地により台風が直撃することが滅多に無く、直上を通過しても四国山地で勢力が弱められて甚大な被害とはならない場合が多いのも特徴。

大部分が沖積平野干拓地である平野部は河川や海の水面との差があまりない低地が多く、明治時代まで東西に分かれていた高梁川が度々氾濫を起こす水害の多い地域であった。しかし、大正時代に用水路の整備とともに改修工事が行われ現在の形に一本化された後は大きな水害が少なくなった。

  • 年間平均気温 ‐ 15.5℃(最高 37.1、最低 -8.0)
  • 年間降水量 ‐ 1,028.6mm(一日最大183.5mm)

※(1981-2001年)岡山地方気象台倉敷地域気象観測所(倉敷市中央2丁目20-1, 北緯34度35分10秒, 東経 133度46分20秒, 海抜3.0 m)の観測値。

市勢[編集]

  • 面積:354.72km²
  • 人口:482,851人
    • 男性:235,740人
    • 女性:247,111人
  • 世帯数:199,553世帯
  • 人口密度:1,361.22人/km²

(平成25年4月末日の登録人口による)

人口[編集]

Demography33202.svg
倉敷市と全国の年齢別人口分布(2005年) 倉敷市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 倉敷市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
倉敷市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 374,385人
1975年 417,750人
1980年 432,171人
1985年 443,721人
1990年 445,059人
1995年 453,618人
2000年 460,869人
2005年 469,377人
2010年 475,421人
総務省統計局 国勢調査より

近隣都市との関係[編集]

当市は岡山都市圏に含まれ岡山市とは人的交流に加え行政面でも密接な関係を持ち、全体的に岡山への通勤・通学者が圧倒的に多い。しかし、両市は過去に県主導で行われた合併構想を破談にしており、かつて倉敷市は代官所が置かれた天領、岡山市は外様大名城下町であったという中心地域成立の歴史的違いによる対抗心も根強いものがある。なお、児島地域は岡山市と同じ旧備前国、江戸時代は岡山藩の支配下におかれ、交通の便も岡山市の方が良いなど繋がりが強く、本社の移転や最初の出店は岡山市内に構えることが多い。

また、県境を越えて西にある福山都市圏や、瀬戸大橋瀬戸内海)を越えた対岸の高松都市圏との交流も少なくない。市内の地域によって事情は異なるが、地理的な位置関係からJR山陽本線沿線の玉島地域・倉敷地域は福山、南の児島地域は高松への通勤・通学者もいる。

隣接している自治体・行政区[編集]

香川県(海上で隣接)

歴史[編集]

各地域の沿革の詳細は、倉敷水島玉島児島庄村茶屋町船穂町真備町の各ページを参考のこと

古代〜中世[編集]

市内の最も古いとされる遺跡は紀元前2万年頃先土器時代鷲羽山遺跡で、この当時瀬戸内海は陸地であったと推測されている。1万年前に氷河期が終わり海水面が上昇、6000年前までに海になった。もっとも早く村として形成されたとされるのが吉備路の南に位置する現在の庄地区北部で、この周辺はかつて「吉備の津」と呼ばれ吉備国の海の玄関であったことから、紀元前100年頃の上東遺跡(じょうとういせき)に楯築遺跡(たてつきいせき)や王墓山古墳群、6世紀頃に土器を生産した二子窯跡に加え650年頃に作られた日畑廃寺跡など多くの遺跡が集中している。

現在の倉敷市一帯は3世紀から律令国になるまでは吉備国、飛鳥時代7世紀後半の吉備分割後は旧児島郡に含まれる地区が備前、それ以外は備中になった。備中国の中枢および国府は共に倉敷市の北に隣接し備中国分寺のある総社に置かれていたと思われる。真備町出身の吉備真備が活躍したのは奈良時代749年頃である。

倉敷地域倉敷美観地区周辺は吉備の穴海(児島湖児島湾の原型)と呼ばれた内海に浮かぶ鶴形山と向山によって形成された鶴形島(円亀島、阿智島)を起源とする。平安時代始め頃には既に陸続きになり、周辺は阿智潟と呼ばれる干潟であった。倉敷の名前が登場するのは近世になってからであるが、以前より水夫(かこ)の港が現在の船倉町辺りにあったとされる。水夫達は周辺で行われた数々の戦いにかり出され、水軍として活躍したといわれている。ちなみに中世の高梁川河口は現在の水江・船穂町柳井原・船穂町水江付近である。

児島地域は吉備児島(または備前児島)と呼ばれた離島の西側にあたり、『古事記』や『万葉集』等に書かれた古くから海上交通の要衝であった。奈良時代に建立された熊野十二社権現の寺社地や通生荘(かよおのしょう)の荘園等が存在し、本州と四国を結ぶ中継地として栄えた。藤戸の戦い承久の乱南北朝の戦い等に関わり、戦国時代には政治軍事上の要地として豪族の争奪戦が行われるなど、度々戦乱の舞台にもなった。『太平記』に登場する児島高徳は当地の出身であるとする説がある。

玉島地域の平野は江戸時代初め頃まで七島・柏島・乙島(おとしま)等の島々に囲まれた甕ノ海(もたいのうみ)という内海であった。八島から道口一帯は甕ノ泊(もたいのとまり)といわれた天然の良港で、古墳時代~室町時代に陶(すえ)から亀山周辺で生産された須恵器(亀山焼)という(かめ)等の土器を出荷していた。また、玉島旧市街地周辺は万葉集で"玉の浦”と読まれ、場所は水島の戦い源義仲が陣を敷いた乙島の北岸で現在の通町付近と推測されている。

和名類聚抄平安時代の辞書)によると7世紀の律令制によって定められた現在の倉敷市内にあたる行政区域は大まかに次の通りとされる。

  • 備中国
    • 窪屋郡 - 阿智郷(阿知、万寿、帯江)、大市郷(大内、川入、酒津、水江)、美簀郷(祐安、西岡、浅原)
    • 都宇郡 - 深井郷(二子、松島、上東、山地)、駅家郷(矢部、日畑)
    • 下道郡 - 河辺郷(川辺)、曾能郷(岡田、市場)、八田郷(箭田)、邇磨郷(二万)、呉妹郷(妹)、穂北郷(陶)、秦原郷(辻田)
    • 浅口郡 - 間人郷(柏島、乙島、黒崎)、船穂郷(船穂)、阿智郷(西阿知)
  • 備前国
    • 児島郡 - 児島郷(林、木見、串田、曾原、福江)、都羅郷(連島、福田、下津井、ほか)※連島は備中国浅口郡へ移管

※括弧内は近辺と推定される現在の地名

近世[編集]

旧・野崎邸

倉敷一帯の島々は宇喜多秀家から始まった干拓江戸時代以降も続き、やがてそれらの島々が陸続きになり現在の平野が形成された。なかでも小豆島に匹敵する大きさの吉備児島は児島半島となった。江戸時代に入り幕藩体制下ではかなり複雑な統治がされており、場所によって様々な領地が入り乱れている。天領である倉敷代官所領の他、備中松山藩岡山藩鴨方藩生坂藩等の支藩を含む)・浅尾藩丹波亀山藩岡田藩他の大名領に加え、知行処(旗本領)や寺社領などがあった。

天領になった倉敷旧市街は高梁川と児島湾を結ぶ運河として倉敷川が作られ内陸の港町になり、1614年備中松山城の城番で備中代官であった小堀政一陣屋を構えた後、代官所(支配所)がおかれた。その後、倉敷が商人の町として発展したのは港の機能より年貢米の集積地としてであった。倉敷代官所は商人たちの自治を認め優遇したことで人口も増加し、領地は名目上5万石であったが、実質は10万石以上の領地を支配した。ちなみに、倉敷代官所は現在の倉敷アイビースクエアのある場所に置かれ、美観地区蔵屋敷はこれによって富を得た商人の蔵である。

児島地区は岡山藩の支藩である天城池田家支配の下、古くからの産業である塩田に加え、周辺の新田で栽培された綿花を使った機織りが盛んになり、藩はそれらに専売制を取り入れ財政の柱にすえる。やがて機織りによって作られた製品が地場産業となり、真田紐足袋等といった名産品を生み出し“繊維の町・児島”の素地を形成していく。また、下津井は北前船の寄港地、田の口と下村(現下の町)は瑜伽大権現四国金刀比羅宮を結ぶ港として繁栄した。

玉島地区の甕ノ泊は備中松山藩藩主の水谷勝隆勝宗親子と岡山藩による干拓で瀬戸内海側に面していた乙島や柏島と陸続きになった。その後、水谷氏により高瀬通しと呼ばれる水路が作られ、下流の玉島新田と阿賀崎新田は高梁川上流から高瀬舟によって運ばれてくる物資を北前船に載せる積出港として発展した。やがて“玉島湊”として全国に知られるようになるが、1693年水谷氏断絶後は幕府に領地の多くが接収され、備中松山藩領として残った羽黒神社周辺を除き倉敷代官所、岡山藩、丹波亀山藩等によって細分統治された。

1603年 - 江戸幕府開府)
1868年 - 明治維新

近代〜現代[編集]

旧・倉敷町役場
空襲後の水島

※市町村合併関連は下記の市域の変遷を参照

1941年 - 太平洋戦争開戦)

地名の由来[編集]

現倉敷市の名称は、全国的にも観光地として知られる倉敷美観地区の周辺一帯の旧地名「倉敷村」に由来する。倉敷という地名は、中世に支配地の年貢米や貢納物を領主へ送るために、周辺の支配地からそれらを集めておく場所であった「倉敷地」に由来しているとする説が地元の歴史家の間では有力とされる。倉敷村はかつて倉敷地であったといわれている。倉敷地は「蔵屋敷が立ち並んだので、『蔵屋敷』地が転訛して『倉敷』地となった」と云われ、また「倉とは船蔵屋敷あるいは水夫屋敷のことを指す」ともいわれる。倉敷村が誕生したのは戦国時代~安土桃山時代の間(1565年~1585年)であるといわれ、『蔵敷』『倉輔』等とも書かれることもあった。江戸時代に幕府代官所が置かれ陣屋町となり、また物資の集散地になり、川港として栄えて豪商の蔵が建ち並び商家町として繁栄。現在の美観地区周辺の基礎が生まれた。

なお、倉敷地は全国各地にあったが、倉敷市同様に現代まで倉敷地に由来する地名が残っている例がある。たとえば同じ岡山県内の美作市林野も戦国時代頃から倉敷村と呼ばれた。なお、こちらも江戸時代に天領となり代官所があった。1918年(大正7年)美作の英田郡倉敷町は旧郷名の林野郷(はいのごう)に由来する林野(はやしの)町に改名し備中の都窪郡倉敷町に倉敷の名を譲った形となった。現在も林野から吉野川(吉井川支流)下流の美作市巨勢(こせ)に下倉敷という字が残っており、宇野バスが運行する路線に下倉敷のバス停があるなど、倉敷地の名残は現在も残っている。

市域の変遷[編集]

平成合併前の倉敷市域

明治時代に郡役所が置かれた倉敷、味野、玉島の各村が周辺の村々を吸収し、大規模河川や山地によって隔てられたこれらの地域がそれぞれ市制を布き市域を拡大してきた。 昭和36年、三木岡山県知事が岡山市・西大寺市・旧倉敷市・児島市・玉島市・玉野市・旧総社市を含む33市町村が合併する岡山県南百万都市建設計画が提唱され協議会によりすべての市町村議会において合併合意にまで至った。

しかし、倉敷・岡山・児島の3市の首長は合併申請を行わず、高橋勇雄倉敷市長の失踪(これは三木県知事や森清企画室長の圧力に加え、合併推進派が用意したと思われる男女の議会傍聴席占拠行為、「中国新報」なる赤新聞の発行などによる倉敷市長他関係者の誹謗中傷を新聞記事にして無料配布するなど、調印式前後に高橋市長自身が身の危険を感じたことによる失踪)、そして3市の脱退と三木知事の急逝により結局実現には至らなかった。

百万都市合併構想が頓挫した後、自治省事務次官の救済案の提示により岡山市を中心とする備前ブロックと旧倉敷市を中心とする備中ブロックの二つに分けて各ブロック毎に段階的な合併する方向に方針転換した。その後、合併協議会に加わっていた旧倉敷市・児島市・玉島市が合併することになったがこの旧3市合併のきっかけになった理由は岡山県南百万都市建設計画問題の発端ともなった水島臨海工業地帯が旧3市の区域内にあり倉敷市水島・児島市・玉島市各地区の海や川など当時の3市の境界線がぼんやりと定まらないところに臨海工業地帯の工場用地が作られた事で起きる、いわゆる領有権争いが勃発することを避けた合併ともいわれている。

結果、現在の倉敷市は都窪郡浅口郡吉備郡(旧下道郡)・児島郡と広範囲の地域に及んでいる。

年月日 新市発足後編入された市町村
1971年(昭和46年)3月8日 都窪郡庄村を編入合併。
1972年(昭和47年)5月1日 都窪郡茶屋町を編入合併。
2005年(平成17年)8月1日 浅口郡船穂町吉備郡真備町を編入合併。

旧倉敷市児島市玉島市の合併関係はそれぞれの項目を参照

政治・行政[編集]

市長[編集]

現職市長
2008年4月27日に行われた市長選には、現職市長の古市健三(59)、元総務省国際部多国間経済室長・前倉敷市収入役の伊東香織(41)、市議会議長の秋山正(53)の3名が立候補、日本共産党は独自候補の擁立を断念した。投票の結果、伊東が次点の古市を8,220票上回り当選。中四国地方で初の女性市長となった。
2012年4月22日に行われた市長選には、現職市長の伊東と、市民団体「私たちの倉敷市政をつくる会」代表世話人・元京都府大山崎町議会議員で日本共産党推薦の矢引亮介(41)の2名が立候補。投票の結果、伊東が矢引を圧倒的な大差(99,157票差)で破り再選を果たした。
歴代市長(3市合併後)

(+印は在職中死去)

氏名 在職期間 備考
初代 大山茂樹 1967年3月5日 - 1979年3月4日 旧倉敷市長から留任
2 滝澤義夫 1979年3月5日 - 1991年3月4日 最後の玉島市長、倉敷市助役を歴任
3 渡邊行雄+ 1991年3月5日 - 1996年4月1日 元・水島ゴム用品社長、在任中に死去
4 中田武志 1996年5月20日 - 2004年5月18日 市職員から助役を経て、チボリ公園誘致推進派として当選
5 古市健三 2004年5月19日 - 2008年5月18日 元県議会議長、児島地区出身
6 伊東香織 2008年5月19日 - 現職 総務省元国際部多国間経済室長、倉敷市前収入役

市役所組織[編集]

市役所本庁

倉敷市役所も参照

行政区域が倉敷児島玉島水島茶屋町船穂真備と8区分される。 倉敷地区には本庁があり、残りの7地区にはそれぞれ支所が配置されている。また、児島・玉島・水島の3支所は総務課・税務事務所・市民課・福祉課・国保介護課・産業課・建設課等が設けられている。

主要な組織(局)のみ記載(2011年(平成23年)4月1日現在)

  • 本庁
    • 市長公室
    • 企画財政局
    • 総務局
    • 市民局
    • 環境リサイクル局
    • 保健福祉局
    • 文化産業局  
    • 建設局
    • 競艇事業局
    • 出納室
    • 消防局
    • 水道局
    • 議会事務局
    • 教育委員会
    • 外局(選挙管理委員会、監査事務局、公平委員会、農業委員会)
  • 児島支所
  • 玉島支所
  • 水島支所
  • 庄支所
  • 茶屋町支所
  • 船穂支所
  • 真備支所

市議会[編集]

定数:43名
任期:2009年(平成21年)2月1日 - 2013年(平成25年)1月31日
会派別議員数
会派名 / 居住地区 倉敷 水島 児島 玉島 庄・茶屋町 真備・船穂
13 11 6 6 4 3 43
青空市民クラブ 2 2 1 2 0 0 7
自由民主クラブ 2 2 1 2 3 2 12
公明党倉敷市議団 2 2 2 1 0 0 7
日本共産党倉敷市議会議員団 0 1 1 1 0 1 4
清風会 1 2 1 0 0 0 4
新政クラブ 5 1 0 0 0 0 6
天領政和会 1 1 0 0 1 0 3
欠員(計には含まない) 0 0 0 0 0 0 0

(2011年11月16日現在)

警察[編集]

消防[編集]

倉敷市消防局都窪郡早島町浅口市金光町地域の消防業務も受託している。)

  • 倉敷消防署
    • 中洲分署、庄出張所、東出張所(早島町も管轄)
  • 水島消防署
  • 児島消防署
    • 臨港分署、琴浦出張所、郷内出張所、下津井出張所
  • 玉島消防署
    • 真備分署、北出張所、勇崎出張所、西出張所(浅口市金光町)
  • コンビナート火災対策
石油コンビナート等災害防止法に基づいて、水島消防署に3点セットが配備されている。また、水島消防署とコンビナート内に、岡山県防災資機材センターがあり、消防車両が配備されている。また、企業が共同で消防車両を配備している。定期的に、岡山県石油コンビナート等防災計画に基づき、総合防災訓練が訓練が行われている。

財政[編集]

1990年代半ばまで倉敷市は工業地帯や児島競艇場等からの潤沢な収入により地方交付税を受け取っていない自治体であった。そのため市役所を始め豪華な施設や過剰と思われるような道路を建設するなど市民から不評の声も少なくなかった。しかし、人口増加が横這い傾向にもかかわらず都市計画は見直されず、市街地のスプロール化を招くなどして下水道に代表される公共事業が膨らんでゆき財政を圧迫していった。 その結果、長引く景気の低迷による収入の減少に追討ちされ地方交付税交付団体になり、現在は支出の削減にとりくんでいる。行政施策を3年のローリング方式により毎年度見直すことで緊急性を要しない事業の削減、借金である市債の発行の抑制、また施設の管理等を外部委託にするなど市職員の削減も進めている。しかし、地方分権の一環による税源移譲は刻々と進まず、地方交付税交付金の激減と市債の償還によって現在も苦しい財政状況にある。

平成19年度当初予算(歳出と歳入の合算)

  • 総額 ― 3,602億円(106.0)
    • 一般会計 - 1,582億円(99.5)
    • 特別会計 - 1,447億円(104.8、下水道や健康保険等の特定事業関係)
    • 財産区会計 - 1億円(100.6)
    • 企業会計 - 572億円(133.7、競艇や市民病院等の独立採算関係)

歳出 - 1,582億円(93.6)

  • 公債費 - 172億円(104.8)

歳入 - 1,582億円(93.6)

  • 自主財源 - 1.106億円(103.2)
    • 市税 - 878億円(103.3)
  • 依存財源 - 476億円(91.9)
    • 地方交付税 - 42億円(79.2)
    • 国庫支出金 - 151億円(100.2)
    • 市債発行額 - 132億円(99.5)

財政調整基金 - 37億円(38.9) 市債残高 - 3,931億円(99.5、住民一人当たり83.4万円) 財政力指数 - 0.911(106.1)

※括弧内は前年比(%) 、倉敷市財政課HPより抜粋

姉妹都市・友好都市[編集]

倉敷市にある出先機関[編集]

岡山県の出先機関[編集]

  • 岡山県備中県民局本庁舎
  • 岡山県備中保健所 - 総社市と早島町を管轄。倉敷市内は倉敷市保健所が管轄。

官庁出先機関[編集]

法務省

財務省

厚生労働省

農林水産省

国土交通省

防衛省

裁判所

政令指定都市以外で、簡易裁判所が3箇所あるのは倉敷市だけである。

主な医療機関[編集]

倉敷中央病院

経済[編集]

商業[編集]

倉敷駅前商店街
天満屋倉敷店
イオンモール倉敷
三井アウトレットパーク 倉敷

一部の地区を除いて主要市街地が山や川で地理的に分断され独立しているため、それぞれの地区に核(商店街等)となる部分が存在する。ところが、近年の車社会の影響でロードサイド型の店舗が乱立し始め、それぞれの地区の核がなくなりつつある。特にイオンモール倉敷の開業は倉敷地域を中心に市内各商業地域に深刻な影響を与えた。

倉敷地域(2416億円)
人口の郊外流出に伴い、JR倉敷駅周辺では2000年頃から約2km北の水江地区へのイオンモール倉敷の出店、ダイエー三越の撤退が相次ぎ、2008年に倉敷チボリ公園の閉園、2010年にJR倉敷駅ビル「ルブラン」が閉館するなど、商業地としての機能の衰えが目立っている。小売業の中心はイオンモール倉敷と南の笹沖周辺へと移り、倉敷駅周辺の人通りも減少傾向にある。
こうした中、2003年より倉敷商工会議所が運営するくらしきTMOという組織が、「倉敷屏風祭」等のイベントの開催、「チャレンジショップ」の開設などを行ってきた。また、2005年より、江戸時代に開かれていた定期市の賑わいを再現しようと“くらしき朝市実行委員会”を組織し、毎月第3日曜日に倉敷駅前のヴィオス商店街において朝市『三斎市』を開催している。「地産地消」の主旨のもと、毎回多彩なイベントと「ワンコイン・グルメ」などを催し商店街の活性化を試みている。
また、天満屋倉敷店の三越跡への移転により地価の下落にようやく歯止めがかかり、2011年には、倉敷チボリ公園跡地にイトーヨーカドーが運営するアリオ倉敷三井不動産が経営する中国地方初の三井アウトレットパーク 倉敷が開業し、JR倉敷駅周辺の活性化が期待されている。
中庄地区では1990年代から大型店の出店も相次ぎ、市内で最も変化が激しい。それに伴う自動車交通量の増加で旧2号線の渋滞が慢性化している。
水島地域(892億円)
倉敷地区に次ぐ経済規模にもかかわらず中心部の商店街は常盤町歓楽街を残し衰退している。大型店の相次ぐ撤退、郊外には中小スーパーマーケットが分散乱立している。2009年にイオンタウン水島が開業した。
児島地域(624億円)
廃止された下津井電鉄児島駅のあった味野地区からJR児島駅国道430号東沿線へと街の中心が移動しているが、1988年のJR児島駅開業以来、駅西口の未利用地が街の一体的な発展を停滞させている原因の一つになっている。
児島駅に隣接するショッピングモールと天満屋ハピータウン一帯では児島駅前商店街連盟が主催する朝市「三白市」が毎月最終日曜日に開催されている。また、味野商店街では空き店舗に地域内外からジーンズメーカーが直営店舗を出店し、「児島ジーンズストリート」と名づけられるなどの動きがある。
玉島地域(543億円)
旧市街地から数キロ北に離れたJR新倉敷駅南側の成長が著しい。一方、旧市街地は古い港町の面影を残す観光地への脱皮を模索している。
庄地区(243億円)
人口1万5千人、旧2号線沿いのロードサイド店舗が中心、倉敷と岡山の中間に位置し中庄地区の一部分を含むため人口規模の割りに小売販売額が多い。
茶屋町地区(78億円)
人口1万5千人、JR茶屋町駅を中心にベッドタウンとして市内で最も人口増加している地区で、徐々に商業集積が進んでいる。
真備地区(148億円)
川辺の国道486号沿いに中型スーパーマーケットが密集し、人口2万3千人の規模としては激戦地である。
船穂地区(14億円)
人口7千人、地区内に鉄道駅はなく、さらに主要幹線道路から逸れているため、商業地区が形成されていない。

工業[編集]

工業地帯と水島港
  • 水島地区と玉島地区に跨る臨海部の水島臨海工業地帯には日本有数のコンビナートが形成され、石油化学鉄鋼自動車等を中心とした工場が建ち並ぶ。全体から見ると小規模なエリアではあるが、児島地区の塩生と宇野津の砂浜を埋め立てて造成されたC地区にも、主に石油化学系の事業所や造船所等が立地する。製造品出荷額は県全体の約50%になる。
水島臨海工業地帯の主な事業所
石油JX日鉱日石エネルギー水島製油所
化学三菱化学水島事業所、三菱ガス化学水島工場、クラレ倉敷事業所、旭化成水島製造所
鉄鋼JFEスチール西日本製鉄所倉敷地区東京製鐵岡山工場
機械三菱自動車工業水島製作所、住友重機械工業岡山製造所
  • 南東部の児島地区は繊維工業が盛んである。特に厚手の織物が主製品で、学生服・企業や官公庁など事業所の制服(ユニフォーム)は生産高日本一を誇る。また、国産ジーンズ発祥の地でもあり、大小さまざまなメーカーがひしめき合う。

主な工業統計(平成17年)

  • 製造品出荷額 39,440億円(水島工業地帯 - 36,040、岡山県全体 - 72,955)
  • 品目別内訳(億円)
    • 石油 - 12,181
    • 鉄鋼 - 8,568
    • 化学 - 7,062
    • 自動車、他 - 6,710
    • 繊維 - 916
    • 食品 - 671
    • 金属 - 496
  • 地区別内訳(億円)
    • 倉敷・水島 - 27,137
    • 児島 - 2,737
    • 玉島 - 1,054
    • 船穂 - 252
    • 庄 - 181
    • 真備 - 140
    • 茶屋町 - 69


農業[編集]

主な農業統計(平成17年)

  • 総農家戸数 8,785戸(内:生産農家4,680)
  • 経営耕地面積 3,373ha
  • 農業算出額 1,206千万円(内訳:米穀類 25%、果物類 30%、野菜類 17%、養鶏 19%、他 9%)

地区別の主な名産

※かつて倉敷市は藺草栽培とそれを原料に畳表・花筵の生産が行われ全国でも有数の産地であったが、現在は僅かしか行われておらず多くが中国産等の輸入品によって上記の二次製品が作られている。

水産業[編集]

主な水産統計(平成15年)

  • 漁業就業者 904人(内:児島 700、玉島 120、倉敷・水島 60)
  • 漁獲高 魚類 670t、貝類 709t、藻類養殖 2,143t)

主な水産物

漁港

  • 二種 - 大畠漁港(おばたけ)、下津井漁港、沙美漁港(以上、県管理)
  • 一種 - 通生漁港(かよお)、呼松漁港、勇崎漁港、小原漁港(呼松は県、以外は市の管理)

本社を置く企業[編集]

製造

製造 (食品)

製造 (被服)

卸売・小売・商社

運輸・通信

金融

サービス

サービス (飲食)


太字上場企業

倉敷市ゆかりの企業[編集]

太字上場企業

交通[編集]

鉄道[編集]

西日本旅客鉄道
水島臨海鉄道
井原鉄道

バス[編集]

教育[編集]

川崎医科大学
倉敷芸術科学大学
岡山県立倉敷商業高等学校

大学[編集]

私立

短期大学[編集]

公立
私立

高等学校[編集]

公立

全日制

定時制

私立

中高一貫校[編集]

公立
私立

中学校[編集]

公立

倉敷地域

水島地域

児島地域

玉島地域

船穂地区

真備地区


小学校[編集]

公立

倉敷地域(庄、茶屋町を含む)

水島地域

児島地域

玉島地域

船穂地区

真備地区


特別支援学校[編集]

  • 岡山県立倉敷琴浦高等支援学校
  • 倉敷市立倉敷支援学校

各種学校[編集]

専修学校[編集]

  • 倉敷食と器専門学校(旧:倉敷芸術科学大学専門学校)
  • 倉敷看護専門学校
  • 倉敷中央看護専門学校
  • 専門学校倉敷ファッションカレッジ
  • 専門学校倉敷ビューティーカレッジ
  • 山内服装専門学校
  • 児島看護高等専修学校
  • 川崎リハビリテーション学院

学校教育以外の施設[編集]

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立

公立

  • 岡山県立南部高等技術専門校(旧:倉敷高等技術専門校、職業能力開発促進法に基づく職業能力開発校

ライフライン[編集]

電気[編集]

都市ガス・供給区域[編集]

供給戸数 49,000戸

上水道[編集]

普及率99.8%

水道管理事業者

  • 倉敷市水道局 - 水島営業所・玉島営業所・児島営業所・真備出張所

給水事業体及び供給地区(全て高梁川から取水、配水量は倉敷市分)

  • 倉敷市水道局(配水量 24,154,437m³)
    • 片島水源 - 連島、水島
    • 福井水源 - 天城、粒江
    • 上成水源 - 船穂、玉島
    • 真備水源 - 真備
  • 備南水道企業団(倉敷市、早島町 配水量 26,032,530m³)
    • 酒津水源 - 倉敷、西阿知、庄、茶屋町
  • 岡山県南部水道企業団(倉敷市、岡山市、玉野市 配水量 17,278,693m³)
    • 西阿知水源 - 児島、福田
    • 総社水源 - 真備

下水道[編集]

普及率62.6%(平成18年・全国平均71%)

  • 倉敷市下水道部
    • 倉敷下水処理場
    • 児島下水処理場
    • 水島下水処理場
    • 玉島下水処理場
  • 児島湖流域下水道
    • 岡山県児島湖流域下水道浄化センター(玉野市東七区)

通信[編集]

電話[編集]

市外局番は倉敷MA(086(市内局番は420~489、520~529、552、553、691、697、698))である。 なお、真備町については、2009年6月1日より総社MAから倉敷MAに編入され、以降、倉敷市真備町と総社市との相互通話は隣接扱いとなった。

  • 0866-91 → 086-691
    • この局番はKDDIに割り当てられており、倉敷市真備町については086-691とし、総社市については0866-37に変更された(加入者番号が大幅に変更)。
  • 0866-97 → 086-697
    • この局番は2つの収容局(真備・総社豪渓)で使用されていたため、倉敷市真備町については086-697と桁ずらしで対応し、総社市については0866-95に変更された。
  • 0866-98 → 086-698
    • この局番は1つの収容局(真備)で使用されているため、単純な桁ずらしで対応。
  • 真備町内のひかり電話(0866-31)及びNCC各局の市内局番(0866-91(KDDIの一部)を除く)は倉敷MAの市内局番に移動し、加入者番号が大幅に変更となった。

郵便[編集]

倉敷郵便局と郵便車
  • 倉敷郵便局:710-00xx、710-08xx、710-85xx、710-86xx、710-87xx、710-01xx、710-13xx
    • 2006年9月11日までは、710-01xxは天城郵便局、710-13xxは箭田郵便局の番号だった。
  • 長尾郵便局:710-02xx
  • 茶屋町郵便局:710-11xx
    • もともと710-11xxは1987年10月26日まで川辺郵便局が使用していた番号で、箭田郵便局・総社郵便局に集配業務が移管されたため欠番となっていた。その後、2007年3月5日に地域区分局の変更によりそれまで709-11xxを使用していた茶屋町郵便局が710-11xxに変更された。
  • 児島郵便局:711-09xx、711-85xx、711-86xx、711-87xx
  • 水島郵便局:712-80xx、712-85xx、712-86xx、712-87xx
  • 玉島郵便局:713-81xx、713-85xx、713-86xx、713-87xx
  • 吉備郵便局岡山市):701-01xx

放送[編集]

エフエムくらしきの本社・スタジオ

地上波テレビ局 倉敷地域は岡山本局(金甲山)を受信。それ以外の地域は水島児島、玉島、玉島南、総社、岡山北、西讃岐等の各中継局を受信。

CATV

ラジオ局

新聞[編集]

地方紙

  • 山陽新聞倉敷本社、児島支局、玉島支局 - 朝・夕刊発行。

全国紙

出版[編集]

観光[編集]

観光地[編集]

倉敷美観地区
東西用水酒津樋門
野崎家旧宅
下津井から観た瀬戸大橋
円通寺の良寛像

倉敷地域

児島地域

玉島地域

船穂地区

真備地区

  • まきび公園
  • 横溝正史疎開宅
  • 箭田大塚古墳
  • 川辺本陣跡
  • 弥高山

主な市内観光地の年間訪問者数

  • 市全体 555.1万人(倉敷市統計書平成22年度版)
    • 内訳 - 美観地区 314.7万人、鷲羽山 148.5万人、王子が岳 40.6万人、由加山 26.9万人、円通寺 5.1万人

祭事・催事[編集]

阿智神社(春・秋)まつりの“素隠居”

特産品[編集]

銘菓・銘酒

名物・郷土料理

農産物

工芸・工業製品


文化[編集]

各種団体[編集]

  • 倉敷地区ウエルカム観光ガイド連絡会
  • 倉敷善意通訳会
  • 倉敷日墺協会
  • 倉敷市国際交流協会
  • アムネスティ倉敷
  • 倉敷国際親善協会

音楽団体

商工団体

スポーツ


文化施設[編集]

倉敷地域

水島地域

  • ライフパーク倉敷
    • 市民学習センター
    • 情報学習センター
    • 科学センター(プラネタリウム
    • 埋蔵文化財センター
    • 図書館
  • 水島公民館
  • 水島図書館
  • 岡山県水島サロン
  • 水島勤労福祉センター

児島地域

玉島地域

  • 玉島文化センター
  • 玉島公民館
  • 玉島図書館

真備・船穂地区

  • マービーふれあいセンター
  • 真備図書館
  • 船穂図書館


公園・スポーツ施設等[編集]

岡山県倉敷スポーツ公園野球場(マスカットスタジアム)

倉敷市を舞台にした作品[編集]

映画

映画ロケ

小説

漫画

ゲーム

倉敷市出身・ゆかりの著名人[編集]

政治[編集]

社会活動家[編集]

経済[編集]

学術[編集]

文化・芸術[編集]

芸能[編集]

マスコミ[編集]

スポーツ[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 倉敷市史研究委員会 『新修倉敷市史』 倉敷市発行、山陽新聞出版 1998年。
  • 西藤秀男 『新修倉敷今昔物語集』 勁草書房 2002年
  • 真備町史編纂委員会 『真備町史』 真備町 1979年。
  • 岡山市百年史編纂委員会 『岡山市百年史』 岡山市 1991年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
観光

脚注[編集]

  1. ^ なお、現行の倉敷市は1967年に新設合併によりできたもので、それ以前に存在した倉敷市(旧・倉敷市)とは別の自治体である。旧・倉敷市についての詳細は、歴史の章、もしくは「倉敷地域」の頁を参照。
  2. ^ a b 倉敷市都市計画マスタープラン/倉敷市2014年4月閲覧
  3. ^ 地域別まちづくりの方針<地域別構想>2014年4月閲覧(PDF)