J1・J2入れ替え戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

J1・J2入れ替え戦(J1・J2いれかえせん)は、日本のプロサッカーリーグであるJリーグ2004年シーズンから2008年シーズンまでの5年間導入された、翌年度の参加クラブのカテゴリ振分けのための試合(入れ替え戦)である。

概略[編集]

1999年から導入されたJリーグの2部制において、ディビジョン1 (J1)ディビジョン2 (J2) の入れ替えは、J1の年間成績下位2クラブとJ2の年間成績上位2クラブを自動的に入れ替える形で行われていた(2部制初年度である1999年シーズンのJ1参入クラブは前2年度の成績を加味した上でJ1参入決定戦を実施して決定)。

そんな中、2004年2月17日の理事会において、翌2005年シーズンからのJ1クラブ数をそれまでの16クラブから18クラブに拡大することと、J1チーム数の増に伴う入れ替えクラブ数増の一環として自動入れ替えと平行して「J1・J2入れ替え戦」を導入することを決定した[1]。ホーム・アンド・アウェーでの2回戦による試合は、試合結果が翌シーズンの所属に即座に反映されるため、参加クラブにとってはまさに「勝てば天国、負ければ地獄」の緊張感漂う試合となった。

その後、2008年6月のJリーグの理事会および同年7月の日本サッカー協会理事会において「J2リーグの将来像」が定められた[2]。これによると「J2リーグが18クラブになったシーズンから、J1とJ2の入れ替え戦を廃し、リーグ戦成績をもって昇降格要件とする」、すなわちJ2リーグ戦の上位3チームとJ1リーグ戦の下位3チームが自動的に入れ替わる(但し、J2所属クラブは、リーグが別に定めるJ1昇格基準を満足しない場合、順位に関わらず昇格できない。その場合は入れ替えクラブ数がその分少なくなる)こととされた。

その後の実行委員会で複数のチームのJ2への新規参入が認められたことにより2009年シーズンのJ2参加クラブ数が18に達したため、入れ替え戦は2008年シーズンを以って廃止され、2009年シーズンからはJ1下位3チームとJ2上位3チームによる自動入れ替えのみに切り替わった。

2012年シーズンからはJ2からの自動昇格枠が再び2チームに減じられ、J2年間順位の3位から6位までの4チームによりJ1昇格の「3チーム目」を争うプレーオフ(J1昇格プレーオフ)が導入されている[3]

入れ替え戦の規定[編集]

出場クラブ[編集]

J1リーグ・年間成績16位のクラブとJ2リーグ・年間成績3位のクラブが出場する。

但し、「J1・16位」という意味合いは年度によって違いがある。

  • 2004年シーズンは翌2005年シーズンよりJ1リーグの参加クラブ数が"16"から"18"に増やされることが決まっていたため、J1からの自動降格はなし。このため、J1からは最下位である年間成績16位のクラブが出場。
  • 2005年シーズンからはJ1からの自動降格が復活。J1からは年間成績17位と18位のクラブが自動降格し、入れ替え戦には下から3番目である年間成績16位のクラブが出場。

試合形式[編集]

ホーム・アンド・アウェーでの2回戦制(第1戦はJ2所属、第2戦はJ1所属クラブのホームでの開催)で行われ、勝利数の多い方が勝者となり、次年度J1リーグ所属となる。2試合とも原則として延長戦は行わず、90分終了時点で同点の場合は引き分け。

2試合における勝利数が同数となった場合は下記の順に勝敗を決定することとしていた。

  1. 2試合における得失点差(=合計得点数)
  2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール。2006年から採用)
  3. 第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず・2004年のみVゴール方式)
  4. PK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)

なお、実施された5年間のうち、2006年にアウェーゴールルールが適用になった以外はすべて勝利数で決している。

試合結果[編集]

各試合の左側がホームチーム。

2004年[編集]

  • 通算2勝0敗で柏レイソルがJ1残留。対するアビスパ福岡は4シーズンぶりのJ1復帰ならず。
  • 第1戦では地元サポーターの応援を喚起するためもあって、博多の森球技場の入場料を全席自由・1000円均一とする異例の措置が執られた。
  • テレビ中継はいずれもローカル放送で、千葉テレビが2試合とも中継(第1戦は録画、第2戦は生放送)。また、TVQ九州放送が第1戦を、NHK福岡放送局が第2戦をいずれも生中継した。

2005年[編集]

  • 通算2勝0敗でヴァンフォーレ甲府がJ1昇格(初昇格)。対する柏レイソルは初のJ2降格。
  • 第1戦では試合終了間際の後半ロスタイム停電のため照明塔が消え、試合が35分間中断するというアクシデントが起きた。
  • 第2戦での甲府FWバレーの6ゴールは、2012年現在Jリーグ公式戦では唯一の記録である。
  • この年以降、スカイパーフェクTV!で有料の生中継が行われている。地上波はローカル放送で、第1戦はNHK甲府放送局が、第2戦は千葉テレビ山梨放送がいずれも生中継した。

2006年[編集]

  • 通算2分け(2試合合計1-1)、アウェーゴール1-0でヴィッセル神戸がJ1昇格(1シーズンでのJ1復帰)。対するアビスパ福岡は1シーズンでのJ2逆戻り(通算2度目のJ2降格)。
  • 神戸監督の松田浩は、この年の途中まで対戦相手の福岡の監督を務めていたため、福岡の選手のほとんどは松田の指導を受けていた。しかも松田の後任として入れ替え戦に臨んだ福岡監督の川勝良一も1999年 - 2002年に神戸監督の経験があり、さらに2002年の途中に川勝が解任された際には、川勝の下でコーチを務めていた松田が後任としてこの年の終わりまで監督を務めたなど、この年の福岡と神戸の間には少なからぬ因縁があった。
  • 注目度の高さを反映してか、この年の第2戦はNHK BS1で生中継で放送された。またNHK福岡放送局がBS1とのサイマル放送により第2戦の生中継を行っている。

2007年[編集]

  • 通算1勝1分けで京都サンガF.C.がJ1昇格(1シーズンでのJ1復帰。ちなみに、これまで3度のJ2降格を経験しており、これで3度目のJ1返り咲き)。対するサンフレッチェ広島は5シーズンぶり2度目のJ2降格。
  • 第2戦ではサポーターの応援を喚起する目的で、広島ビッグアーチの入場料を全席自由・1000円均一とする措置が執られた。
  • この年は2試合ともNHK BS1で生中継された。また第2戦はNHK広島放送局KBS京都がいずれも生中継している(KBS京都は16:30から)。スカパー!(旧スカイパーフェクTV!)での放送はパーフェクト・チョイスおよびe2 by スカパー!スカチャンによるペイ・パー・ビューに移行している。

2008年[編集]

  • 通算1勝1分けでジュビロ磐田がJ1残留。対するベガルタ仙台は6シーズンぶりのJ1復帰ならず。
  • この年もNHK BS1で中継されたが、2試合とも中継録画となった。ローカル放送ではNHK仙台放送局が2試合とも生中継(第1戦は19:30から)、NHK静岡放送局が第2戦を生中継した。また、第1戦は東北放送静岡放送がラジオで生中継した。
  • この年はJリーグ公式ホームページ上(外部リンク参照)でJリーグ公式戦初のインターネットラジオ中継実験配信を実施した。

エピソード[編集]

  • 第1戦で勝敗が決した3度とも、このとき敗れたクラブがJ2所属となっている。
  • 現在までに入れ替え戦に参加したクラブのうち、柏と福岡は2度出場している。このうち、福岡はJ1とJ2双方から出場、柏は2年連続で出場している。
  • 2006年の福岡を除き、入れ替え戦で敗れた各クラブは翌シーズンのJ2で2位以内となり、自動昇格を果たしている(福岡は2011年シーズンまで再昇格を果たせず)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “2004年シーズン終了後のJ1、J2入れ替え方法” (プレスリリース), Jリーグ, (2004年2月17日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00000021.html 2011年11月11日閲覧。 
  2. ^ “J2リーグの将来像を決定” (プレスリリース), Jリーグ, (2008年7月22日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00002513.html 2011年11月11日閲覧。 
  3. ^ “J1昇格プレーオフ(仮称)2012シーズンより導入および大会方式の決定について” (プレスリリース), Jリーグ, (2011年8月18日), http://www.j-league.or.jp/release/000/00004108.html 2011年11月11日閲覧。 

外部リンク[編集]