入れ替え戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

入れ替え戦(いれかえせん)は、主にピラミッド式のスポーツリーグにおいて、レギュラーシーズン終了後に上部リーグの下位と下部リーグの上位で対戦し、次シーズンの上部・下部リーグの振り分けを決める試合である。ポストシーズンのひとつであり、リーグによってはプレーオフと呼ぶ場合もある[1]

概略[編集]

実力別でディヴィジョンを分けたリーグ(実力別で分ける方法と機械的にブロック分けを行う方法がある)の場合、ディヴィジョン分けを行う最大の理由は、加盟チームの増加によるリーグ運営の都合でリーグ公式戦数を減少させる(加盟チーム数が多くなると総当たり戦の実施が不可能になる)為なので、必然的に上位リーグと下位リーグの間で構成チームの入れ替えが必要になる。その入れ替えシステムの選択肢の一つとして入れ替え戦方式が採られる。また前述のような運営システム上の理由の他にも、入れ替え戦や下部への降格が存在することによる危機感によって下位チームのモチベーションを維持させる効果も期待されている。

多くの場合、そのシーズンのリーグ戦が全て終了した後に行われ、試合方法は一発勝負または短期決戦により行われる。その結果の勝者は次季リーグ戦で上部のリーグ、敗者は下部リーグで戦う事になる。競技種目によっては決着が付かない場合(引き分けや勝ち数と負け数が同数の場合など)は入れ替え無しとする場合もある。

競技連盟によっては入れ替え戦を行わず、最終順位により自動入れ替えを行ったり、自動入れ替えと入れ替え戦を併用して行うものもある。

上部リーグのチームが退会したり、成績以外のなんらかの理由によるペナルティとして降格となり、上部リーグに欠員が生じる場合もある。その場合、競技種目連盟の事情により、繰り上げ昇格や欠員のままリーグ戦を行うが、欠員発生がリーグ戦開始前の場合は繰り上げ昇格とする場合が多い[2]

入れ替え戦を採用しているリーグ[編集]

入れ替え戦のみ実施のリーグ[編集]

社会人(アマチュア)スポーツ[編集]

但し、初期のころは日本リーグ(プレミアリーグ)最下位と実業団リーグ(チャレンジリーグ)の1位が次年度の自動入れ替えとしていた時期があった。
2012-13年から2部のW1が廃止(1部のWリーグのみ)されたため、入れ替え戦も実施しない予定。

学生スポーツ[編集]

学生スポーツなども参照の事。

自動入れ替えと入れ替え戦を併用しているリーグ[編集]

プロスポーツ[編集]

社会人(アマチュア)スポーツ[編集]

  • なでしこリーグ
    • 但し、2010年から準加盟のチームがチャレンジリーグ(2部)で上位の成績を収めた場合に限る
    • なでしこリーグ10位とチャレンジリーグの準加盟で4位以内に入り、かつその内輪で最上位のチームが自動入れ替え。なでしこリーグ9位とチャレンジリーグ4位以内でかつ準加盟の2番目に成績の良かったチームが入れ替え戦。
  • ジャパンラグビートップリーグ
    • 創設当初はトップリーグ下位2チームと3つの地域ブロックリーグトップイーストリーグトップウェストトップキュウシュウ)の1位チームによる「トップチャレンジ1」の上位2チームが自動入れ替え。「トップチャレンジ1」の3位とブロックリーグ2位による「トップチャレンジ2」の1位チームがトップリーグのその次に成績の悪かった2チームとの入れ替え戦に回っていた。(チーム拡張により自動降格をせず、トップチャレンジ1の上位を自動昇格、チャレンジ1の3位とチャレンジ2の1位がトップリーグ下位2チームと入れ替え戦をすることもあった)
    • 2013-14年シーズンから、自動入れ替えは1(トップリーグ最下位とトップチャレンジ1の優勝チーム間)、残りのトップチャレンジ1の3チームとトップリーグで成績がその次に悪かった3チームを対象に入れ替え戦を行う。
  • 日本女子ソフトボールリーグ

学生スポーツ[編集]

国際大会[編集]

国際大会においても以下の大会で入れ替え戦が実施されている。

その他[編集]

大相撲においては、本場所終盤になると幕内下位の不成績者-十両上位の好成績者といった取組がよく組まれ、マスコミなどで「入れ替え戦的様相」とよく評される。もちろん勝った方が幕内の地位の維持あるいは奪取に近づくので入れ替え戦的要素はあるが、直接その一番の勝敗で入れ替わるわけではないので入れ替え戦そのものではない。

脚注[編集]

  1. ^ プレーオフとは、正規のリーグ戦が終了した後に行われる試合の事だが、入れ替え戦の他にも、ブロック別リーグ戦の場合や同率首位同士の優勝決定戦や、同率最下位同士の場合の入れ替え戦出場チームを決定する為の順位決定戦のいずれの場合もプレーオフと呼ばれる場合が多い。
  2. ^ ペナルティ降格発生による繰上げ昇格については、いわゆるたれ込みなどが要素に絡んでいるペナルティなどの場合は、支援者やファンまで巻き込んだチーム間でのライバルチーム蹴落とし合戦が生じることを防ぐ目的で、敢えて繰上げ昇格を行わない場合もあり、その辺りのさじ加減は連盟理事会などの判断モラルが影響する。