京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都市西京極総合運動公園 > 京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
"西京極スタジアム"
2013年J2第11節 京都vs千葉戦
施設情報
所在地 日本の旗 京都府京都市右京区西京極新明町32[1]
位置 北緯34度59分36.52秒
東経135度42分50.26秒
座標: 北緯34度59分36.52秒 東経135度42分50.26秒
開場 1942年5月
拡張 1985年7月、1996年9月
所有者 京都市
運用者 公益財団法人京都市体育協会
グラウンド 天然芝
照明 6基[2]
使用チーム、大会
京都サンガF.C.(Jリーグ)
全国高等学校駅伝競走大会
全国都道府県対抗女子駅伝競走大会
京都マラソン
佐川印刷SC(日本フットボールリーグ)
収容能力
20,688人[2]
アクセス
#アクセスを参照。

京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場(きょうとし にしきょうごくそうごううんどうこうえん りくじょうきょうぎじょう けん きゅうぎじょう)は、京都府京都市右京区京都市西京極総合運動公園内にある陸上競技場球技場としても使用される。施設は京都市が所有し、公益財団法人京都市体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟する京都サンガF.C.がホームスタジアムとして使用するほか、全国高等学校駅伝競走大会京都マラソンなどの陸上競技、ラグビーアメリカンフットボールの試合などで使用される。

歴史[編集]

1946年第1回国民体育大会が開催。1988年第43回国民体育大会の会場として使用されるのを機にナイター照明設備、電光掲示板を設置。メインスタンドも改修された。1995年にはサンガのJリーグ昇格に合わせ、バック・サイドスタンドの座席化と電光掲示板の大型化を行った。なお、サンガがJリーグへ加盟する前は、ガンバ大阪セレッソ大阪がホームゲームを開催していた。

施設概要[編集]

  • 日本陸上競技連盟第1種公認[2]
  • トラック:400 m x 9レーン[2]
  • 収容人員:20,688人[2]
  • 照明設備:メインスタンド庇先投光器、照明塔6基[2]
  • 電光掲示板(南側サイドスタンド) ボードは左側が球技用の得点掲示板。右側はフリーボードで陸上競技の各種記録やサッカー・ラグビーでは出場選手の表示などに利用されている(電球式の2色表示で映像取込は不可)。

開催された主なイベント・大会[編集]

陸上競技[編集]

サッカー[編集]

ラグビー・アメフト[編集]

その他[編集]


メインスタンドから撮影した京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場のパノラマ。
画像の向かって左側が北スタンド、右側が南スタンド、中央部分がバックスタンドである。
サンガのホームゲームにおけるサンガサポーター席は1996年まで北スタンド、1997年から2010年まで南スタンド、一方のビジター自由席は1996年まで南スタンド、1997年から2010年まで北スタンドにそれぞれ設置されていた。2011年以降はサンガサポーター席が北スタンド、ビジター自由席が南スタンドの最東端にそれぞれ指定されている。
なお、北スタンドとメインスタンドの間に第43回国民体育大会(1988年)で聖火台として使用されたモニュメント3000メートル障害用の水濠が設置されている。

その他[編集]

  • 1994年のJFL、サンガ×川崎製鉄水島サッカー部戦(6月)で、試合中に竜巻が発生し、この風に煽られてメインスタンドのトタン屋根が剥れる事故があり、メインスタンドの観客をバックスタンドに誘導する処置が取られた。この事故が発生したのはスタジアムが現在の様式に改修される直前のことで、当時サンガの主将を務めていた美濃部直彦は「これで改修を早くしてくれれば」とコメントした。

アクセス[編集]

公園内その他の施設[編集]

ほか

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
国民体育大会
主競技場

近畿国体
次代:
金沢市営陸上競技場
金沢市
先代:
県総合運動公園陸上競技場
沖縄市
国民体育大会
主競技場

京都国体
次代:
札幌厚別公園競技場
札幌市
先代:
藤枝東高校
静岡県
天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝戦会場

33
次代:
山梨県営競技場
山梨県
先代:
藤枝東高校
(静岡県)
天皇杯全日本サッカー選手権大会
決勝戦会場

42
次代:
王子競技場
兵庫県