京都市体育館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都市体育館
"ハンナリーズアリーナ"
ハンナリーズアリーナ外観
施設情報
愛称 ハンナリーズアリーナ
用途 屋内スポーツ
収容人数 2,926人
事業主体 京都市[1]
管理運営 西京極スポーツネットワーク(指定管理者[2]
敷地面積 14,443m2
延床面積 8,316m2
竣工 1963年5月
所在地 615-0864
京都市右京区西京極新明町1
位置 北緯34度59分43.8秒 東経135度42分54.1秒 / 北緯34.995500度 東経135.715028度 / 34.995500; 135.715028座標: 北緯34度59分43.8秒 東経135度42分54.1秒 / 北緯34.995500度 東経135.715028度 / 34.995500; 135.715028

京都市体育館(きょうとしたいいくかん)は、京都府京都市右京区京都市西京極総合運動公園にある京都市立の体育館。施設は京都市が所有し、西京極スポーツネットワーク(ミズノ株式会社と近建ビル管理株式会社の共同事業体)が指定管理者として運営管理を行っている。

なお、京都市南区に本社を置くスポーツコミュニケーションKYOTO株式会社が命名権を取得しており、2011年4月から「ハンナリーズアリーナ」の呼称を用いている(詳細は後述)。

施設概要[編集]

ハンナリーズアリーナの館内

京都市内初の運動公園として整備された京都市西京極総合運動公園内の施設として1963年5月に完成。

主競技場の面積は2,400m2(60m×40m)、座席数は2,926人。バスケットボールテニスバレーボールバドミントン卓球柔道剣道などに使用されている。

島津全日本室内テニス選手権大会が開催される他、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に加盟する京都ハンナリーズのホームアリーナとしても使用されている。

なお、2013年5月より改修工事が開始され、2014年3月に完了した[3]

命名権[編集]

2011年3月、京都ハンナリーズの運営会社であるスポーツコミュニケーションKYOTO株式会社が京都市体育館の命名権を取得した。2011年4月1日から10年間(年額2,500万円、総額2億5,000万円)の契約で、「ハンナリーズアリーナ」の呼称を使用している[4][5]

京都市内の体育施設への命名権導入は同じ京都市西京極総合運動公園内にある京都市西京極総合運動公園野球場(わかさスタジアム京都)に次いで2例目で、命名権により体育館名称にチーム名を冠する事例は日本初である(宇都宮市体育館NBLリンク栃木ブレックスのチーム名を冠した「ブレックスアリーナ宇都宮」(2009年5月に変更)の名称を用いているが、命名権では無く、宇都宮市の「施設愛称によるプロスポーツ応援事業」によるものである)[6]

アクセス[編集]

公園内その他の施設[編集]

ほか

脚注[編集]

  1. ^ 京都市体育館条例
  2. ^ 公の施設の指定管理者制度
  3. ^ ハンナリーズアリーナ (京都市体育館) 改修工事について (PDF) 京都市文化市民局、2012年12月
  4. ^ “【ハンナリーズアリーナ】京都市体育館ネーミングライツに関してのお知らせ” (プレスリリース), 京都ハンナリーズ, (2011年3月25日), http://hannaryz.jp/information/info.aspx?nid=1246 2013年7月19日閲覧。 
  5. ^ 京都市ネーミングライツのご案内”. 京都市公式サイト. 2013年7月19日閲覧。
  6. ^ プロスポーツチームは市民共有の財産”. 笹川スポーツ財団公式サイト. 2013年7月19日閲覧。

外部リンク[編集]