停電

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

停電(ていでん)とは、配電電力供給)が停止すること。主に需要家への電力供給の停止について言う。原因はさまざまである。

概要[編集]

停電で交通機関がストップし、徒歩で帰宅する市民(2003年8月、ニューヨーク)

電気19世紀以後より非常に便利なエネルギー源として、多くの文明がある地域で利用されるに至っており、多くの人がこれに依存した生活を送っている。このため供給が滞れば、これらの人々の生活が混乱する。停電は、この電力供給が停止した状態であるが、現象ないし事件としては、この電力供給停止に伴って発生した混乱とセットで扱われる。

現在の日本では他国に比べて電力供給が非常に安定しており、停電はかなり少なく、その少なさは先進国中でも突出している。2001-2002年における一般家庭の年間平均停電時間は、アメリカ 73分、イギリス 63分、フランス 57分、日本 9分[1]となっている。これは、平成8年(1996年)の改正まで電気事業法により、各電力会社は電力を供給する義務が課せられていた事と、電気に対し非常に高い品質を要求した消費者があり、それに対し設備の設計上の工夫や増強、ならびに停電復旧の迅速化などを絶え間なく行って応えた電力会社の努力の結果に負うところが大きい。このため、社会インフラ・各家庭等でも「停電は無いもの」「あってもすぐに復旧する」として、停電用の備えをしていない場合が多い。

日本でも2011年3月11日東日本大震災では大規模な停電を生じ、その後、震災の影響による電力供給の低下により計画停電が実施されるなど節電や停電への備えが社会的な課題となっている。

開発途上国・貧困国では老朽化した送電設備や発電所の問題により、日に数時間停電するのは当たり前となっている地域も少なくない。かつてオイルショック時代のフランス等が早朝の送電を停止していた例のように、停電が計画的に実施されることもある。

なお、日本の電力会社では自然災害などの原因によって一定時間以上の停電が発生した場合には電気料金が割引扱いとなる(停電割引)。

停電の原因[編集]

現象は同じ「停電」であっても、その要因にはいくつかの種類がある。

電力会社の設備によるもの
意図しないもの
通常爆弾などで発電・送電設備が破壊されると発生しうるほか、送電線をショートさせ電力網を麻痺させる停電爆弾(ブラックアウト爆弾とも)もある。
意図したもの
  • 計画停電は、事前に計画された停電。あらかじめ住民に知らせられる。
    • 工事のためのもの。電力会社や工事会社の営業時間である平日日中が多いが、住民への影響が少ない深夜帯にすることもある。
    • 電力需要が供給を上回ることによる大規模停電を回避するため、一部地域を停電させる。一定時間ごとに地域を変更する場合、輪番停電 (rolling blackout) と呼ばれる。
    • 燃料不足によるもの。経済的理由のほか、悪天候や政治的理由による燃料輸送路の遮断などでも起こる。
  • 緊急の停電。住民への通知はない。
    • 天災での停電をさけるための配電切り替え等の緊急工事。
    • 送電線の鉄塔に人が登ったりしたため、危険防止と保安面から急遽送電を停止したなど。
契約対象設備に起因するもの
  • 雷サージ保護用バリスタの動作により、ブレーカーが落ちる。
  • 消費電力の超過によるブレーカー、ヒューズ、漏電遮断機などの作動。
  • プラグが抜けた、または故意に電源スイッチを切ったなどの偶発的ないし人為的なもの(→8時だョ!全員集合停電トラブル)。

地震に関しては、関西電力阪神・淡路大震災の際に7日間で応急送電体制を作り上げた[2]ことが知られている。

なお日本などでは電力供給が滞りなく行われるのが通例であるため、計画停電を除き、電力会社側が原因で長時間(おおむね1時間以上)停電した場合には、電力料金を割り引く制度がある。しかし停電するのが常態となっているような地域では、余りそのような制度は見られず、ガスのように消費電力量のみによって使用料が請求される。

停電の影響[編集]

停電では、一般市民の生活に於いて照明の他にも冷蔵庫エアコン電磁調理器暖房洗濯機などの生活家電が使えなくなる。テレビ(携帯用など乾電池・あらかじめ充電していたバッテリーで使用できるものは除く)・パソコンも使えなくなるため、情報が入手できないという事態に陥りやすい。また、高層ビルでは突然の停電の場合にはエレベーターに閉じこめられるなどの被害もある。

水道も高層ビルなど、高い所にある貯水タンクに揚水ポンプで水を上げている所では、長時間の停電で貯水タンクが水量不足の状態となり断水になることもある。また平地でも上水道の加圧に電動ポンプを利用している地域も同様である。この断水は数時間程度で発生する場合もあるので、停電時は水の使い過ぎにも注意したい。なお日本では大抵、中水道上水道と云う区分が無いため、断水すれば飲料水の供給停止と同時に、水洗トイレも使用不可能となる事から、一部では停電が予想される際に、風呂の残り湯を棄てない等で自衛する人もいる。その一方では下水道も下水処理場の機能が停止するため、大規模停電では汚水処理に問題が出る。

他にも大規模な物では信号機の停止などにより道路の使用がさまたげられたり、電源供給がなくなり電車が止まるなど、交通が混乱する。また電話インターネットなどの通信に支障を来たす事もある。電話線には独自に電力を供給しているが、最近は高性能化により使えなくなることが多い。またひかり電話等は宅内ルーターや構内交換機にも電力を供給しないと停止するため、蓄電池等が無い場合は使用不能となる。

また、家電に組み込まれたタイマー時計が一斉に停止し、設定内容が消滅したり、電力が復旧してもビデオのタイマー録画などが事前に設定した所定時間に動作しないなどの状態となることがある。このほか熱帯魚や活魚を飼育している場合には外部電源による電気製品は使えなくなるため空気の供給や水温の調整に注意が必要となる。

家庭内の電熱器具(アイロン・ドライヤー・電気ストーブ)は電源を付けたまま停電となると、停電から復帰して通電が始まった際に使用状況によっては火災の原因となることがあるため電源を切っておく必要がある。

具体例[編集]

  • 公共施設の臨時閉館
  • 信号機の停止
  • エレベータの停止
  • 上水道の断水、濁水の発生
  • コンピュータ内部の記録・データの消失
  • インターネットへの接続不能
  • ホームページへのアクセス不能
  • 多機能電話・ファクシミリの使用不能

復帰後[編集]

タイマー内蔵機器については確認や再調整が必要になる場合がある。また、安全装置(オートロック火災報知器等)については復旧確認が必要になる場合がある。

瞬断の問題[編集]

人間の視覚では感知できない僅かな時間の停電、電圧の低下でも、情報機器を扱う現場[3]や工場では大きな障害を招くことがある。2010年12月8日午前5時頃、愛知県、三重県、岐阜県で電圧低下が発生した例では、僅か0.07秒の時間であったものの東芝NAND型フラッシュメモリ工場、トヨタ車体の自動車工場などの操業が一時的に停止するなどの影響が生じている[4]

対応や対策[編集]

停電が起きた際に、重大な影響が予測される施設では、しばしば停電に対する対策が採られている。例えば患者の生命維持に支障を来たす恐れのある病院や、放送局送信所中継局も含む)、新聞社官公庁などの施設では、独自に発電蓄電施設を備えている。また、近年のコンピュータ普及にも関連して、停電によるコンピュータの損傷を防ぐため、個人で無停電電源装置(UPS)のような機器を用意する人もいる。

特に停電が予想される所では、照明の代替としてろうそくランプといった燃焼による器具や懐中電灯等の乾電池で動作する器具を備える場合があり、またこの乾電池により動作するラジオポケットテレビ(日本に於いては2000年代後半以降ワンセグ搭載機が主流となっている)を備えるケースも見られる。災害が予想される地域では、地域防災(→自主防災組織)やその用に供する防災倉庫にエンジン発電機や電力に頼らない炊き出し用の器具を備える所も見られる。 一般の家庭などでは、夜間においては灯火など他の照明に明かりを求め、停電が復旧するのが待たれる。

なお、災害時を除く平時の停電を防ぐためには「常に供給が需要に追いつくこと」が必須であるが、需要側を細かく制御する技術は2013年時点では未熟である。 東日本大震災による電力危機に際しては、需要の極大期に電力使用制限令が発令されるなどしたこともあり、大口需要家の間でデマンドコントローラが普及するなどした。また、送電網単位での輪番停電といった、スマートではない需要制限も実施された。 小規模需要家をも含めて「発電・送電・蓄電の能力を超えないよう、消費をスマートに抑制する」ための仕組みとして、2013年時点ではスマートグリッドの実用化に向け、小規模な電力網で実証実験が行われている。

過去の大規模な停電[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]